神社参拝時のマナー

参道は中央をさけて歩く
 中央は神さまがお通りになるところと云われていますので、さけて歩きましょう。
手水を遣う
 お参りする前に、必ず、手を洗い、口をすすぎます.
 濡れた手と口を拭くとき、きれいなハンカチを用いましょう
 きれいなハンカチを持ち合わせていなかった場合には、きれいなポケットティシューを用いましょう。
 手水を遣った後は、拝礼を終え御神前から下がるまでの間、おしゃべりは慎みましょう。
御神前での拝礼
  お参りする神社の慣例にならって行ないますが、一般的には二拝二拍手一拝です。
 出雲大社の拝礼は、2万社弱はあると言われる一般神社とは異なり、
二拝四拍手一拝
です。
 したがって、多摩講社での拝礼も同じく二拝四拍手一拝です。
  拍手は、胸前に一旦両手を合わせてから、おもむろに両手を開いて行なうのが通例ですので、挙げた両手を開くような拍手をしないようしましょう。
お賽銭を納める
  お賽銭を投げるという言葉をよく聞きますが、お賽銭は本来、その人の真心を表現するものですので、投げ入れるのではなく、お賽銭箱に静かに納めるような丁寧さが必要です。
御神前にお金を包んで奉納するときの表書き
  特別きまりはございませんが、御初穂料が一般的です。
昇殿して拝礼する正式参拝の場合には、玉串料がよろしいでしょう。
  寄付金としてお包みする場合には、御奉賛金と明記し、所定の用紙に氏名、住所等を記した上で、受付に提出します。
その他
1. おまつりに参列する場合とか、昇殿参拝をする場合には、服装には気をつけましょう。清潔な服装で お参りしたいですね。昇殿しましたら、降殿するまでは私語を慎みましょう。
2. 神職が座に付く前に座に付き、下がるまでは、座を立ち上がらない注意が必要です。
 神職が退いて、そこでおまつりが終わるからです。

 このような事を含めて、別のページでご紹介している「神さまを知る本」をお読み頂くと、神道全般の事柄がより一層ご理解頂けると思います。

忌中の場合の心得
  50日を過ぎるまでは、神棚開きを含めて、神社参拝をひかえます。
 やむを得ない場合には、神社に申し出て、特別にお祓いをして戴きましょう。



1.神棚を設ける場合には、東向きもしくは南向きに。
2.榊を花屋さんで求めたら、とじ藁を解いて榊を一旦ばらしてから 洗い、 みすぼらしい枝は取り除き、汚れを良く落とし、枯れかけた葉や枝も取り除きましょう。
3.榊の水は、毎日替えましょう。
 水替えを日課にすることで、神さまにお米、 お塩、お水(1日と15日にはお酒も)をお供えするお務めが自ずと日課になりますし、枯れかけたり、しおれかけたりしている枝や葉を取り除くことが出来ます。
 お宅の神棚の榊は、毎日青々としていて、清々しいですし、榊は当然長持ちします。
 是非お試しを。
トップページに戻る
@出雲大社多摩講社のご案内
A拝む神々
B出雲大社多摩講社の年中祭事
C出雲大社と大國主大神さま
D古事記
E大國主大神さまの信仰 出雲大社教のおしえ
F大國主大神さまと産土さまとのかかわり
H平成25年厄年一覧
I絹と神々とのかかわり
J間違っている信仰と日常生活のモラル

K神社アラカルト
L「神さまを知る本」出版のご案内
M「かむながら」「多摩講社だより」


(平成25年4月19日更新)