《関東長尾氏》

●葛原親王――――+―●高見王―――●高望――――+―国香
 式部卿     |         平朝臣   |  初良望 常陸大掾
 桓武天皇第五皇子+―高棟      上総介   |  鎮守府将軍 陸奥守
            大納言    武門平氏ノ祖+―良将
            平朝臣          |  上総介 鎮守府将軍
            堂上平氏ノ祖       +―良兼
                         |  上総介 下総介
                         +―良正
                         |
                         +―●良文―――――――+
                         |  村岡五郎     |
                         |  鎮守府将軍    |
                         +―良茂        |
                            常陸少掾     |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+―忠通―――――――+―○為通―――→三浦氏
|  村岡小五郎    |  三浦平太夫
|  鎮守府将軍    |  長門守
|  三浦諸流ノ祖   +―章名
+―忠頼―――→千葉氏|  武蔵大掾
   村岡二郎  葛西氏+―景通
   陸奥守      |  鎌倉権大夫
   秩父・千葉諸流ノ組|  梶原ノ組
            +―●景村――――――●景明―――+―景宗
            |  鎌倉四郎大夫   鎌倉太郎 |  大庭太郎
            |  大庭・長尾ノ組       |  権頭
            +―景成             +―●景弘―――+
               鎌倉五郎権守           長尾二郎 |
               長江・香川ノ組          長尾祖  |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+―為景      +―景基――――――――定村
|  新五 為宗 景行|  平太左衛門     新左衛門
+―●定景―――――+―●景茂―――――――●景能――――――――――――+
   新六     |  平内左衛門     新五郎           |
          +―胤景                       |
          |  二郎左衛門                   |
          +―光景                       |
             四郎左衛門                   |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+―●景為―――――+―●景忠――――――――――――――――――――――+
   新五郎    |  新五郎 左衛門尉 上杉氏執事          |
   上杉氏執事  |  越後守護代 上野守護代             |
          |  関東長尾祖                   |
          +―景恒…………………………………景虎―→米沢藩上杉氏
             弾正左衛門尉 越後守護代   平三 弾正大弼  |
             越後長尾祖          上杉憲政養子 政虎|
                            輝虎 関東管領  |
                            号謙信      |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――+
| 《惣社長尾》
+―●忠房――――――●忠綱――――●忠政――――――●景棟=======+
|  孫三郎 尾張守  孫六     孫太郎 修理亮  修理亮      ‖
|  総社長尾祖           尾張守               ‖
|+===================================+
|‖
|+=●忠景―――――――+―●顕忠――――――+―憲景
|   実白井長尾景仲男 |  孫五郎 修理亮 |  白井長尾景誠養子
|   修理亮 尾張守  |  尾張守 顕景  +=●顕方――――――――+
|            |             実長尾景致男    |
|            |             孫五郎 尾張守   |
|            |             上杉謙信臣     |
|            +―景致―――――――――顕方         |
|               成田右衛門尉     長尾顕方養子    |
|               下総守                  |
|+―――――――――――――――――――――――――――――――――――+
||
|+―●景秀
|   平太 上杉景勝臣
|   《惣社長尾氏断絶》
| 《足利長尾》
+―●景直――――+―●景英―――+―●房景―――+=●実景―――――――+
   新五郎   |  新五郎  |  新五郎  |  実犬懸長尾満景男 |
   足利長尾祖 |       |       |  新五郎 但馬守  |
         |       |       | 《白井長尾》    |
         |       |       +=●景仲――――――+|
         |       |          実長尾伯耆守男 ||
         |       |          孫四郎 左衛門尉||
         |       |          初景重     ||
         |       |          白井長尾祖   ||
         |       +――――――――景仲       ||
         |         伯耆守      房景養子    ||
         | 《犬懸長尾》                   ||
         +―●満景―――+―●景永=====●景住=====+||
            左近将監 |  左近将監    六郎     ‖||
            出雲守  +―実景       実実景男   ‖||
            犬懸長尾祖   房景養子           ‖||
+==================================+||
‖                                   ||
+=●憲景======●景明――――――――●景利           ||
   実実景男     実白井長尾景仲男   左近将監         ||
   六郎 初房清   出雲守                     ||
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――+|
|+―――――――――――――――――――――――――――――――――――+
||
|+―景住      +―●定景=======●景長――――●憲長――――+
||  景永養子   |  新五郎 但馬守   実景人男   新五郎   |
|+―●景人―――――+―景長         新五郎    但馬守   |
||  新五郎 但馬守   定景養子      但馬守          |
|+―房清                                |
|   景住養子                             |
|+―――――――――――――――――――――――――――――――――――+
||                       《古河藩士長尾氏》
|+―●当長========●顕長――――――+―●宣景―――――――――+
|   新五郎 但馬守    実由良成繁男  |  新五郎 修理亮    |
|   後景長        新五郎 但馬守 |  土井利勝臣 千二百石 |
|              妻当長女    +―           |
|                      |  新六         |
|                      +―           |
|                      |  金右衛門       |
|                      +―           |
|                         金左衛門       |
|+―――――――――――――――――――――――――――――――――――+
||
|+―●俊景―――――――+―●景次――――――――+―●景雄――――――+
||  石見 新五郎   |  新五郎 六百石   |  平五郎 新五郎 |
||  但馬 千石    +―女子         |  数       |
|+―         |  丹羽左京太夫家来  +―女子       |
||  新左衛門 二百石 |  岡田長兵衛妻    |  小杉長右衛門妻 |
||           +―女子         +―女子       |
||           |  松平丹波守家来      吉武九郎兵衛妻 |
||           |  西郷郡右衛門妻              |
||           +―                     |
||           |  源六 長尾新左衛門養子          |
||           +―義景                    |
||           |  新八 長尾三弥養子            |
||           +―女子                    |
||              岡野郷左衛門妻              |
||+――――――――――――――――――――――――――――――――――+
|||
||+―●景郷――――――――+―●景威――――――+―●景澄――――――+
|||  但見 小太夫 右門 |  政喜 新五郎  |  政喜 権六郎  |
|||  五百石 使番 用人格|  但見 用人 家老|  新五郎 権太夫 |
||+―女子         +―女子       |  使番格 用人格 |
|||  岡野左仲妻     |  井上新左衛門妻 |  用人 家老   |
||+―          +―為長       +―女子       |
|||  宮野猶右衛門       小杉長右衛門     小杉長右衛門養女|
|||  宮野只之丞養子      小杉平馬養子             |
|||+―――――――――――――――――――――――――――――――――+
||||
|||+―●定次――――――――――+=景高
||||  新太郎景連 新五郎景法 |  新五郎
||||  但見 使番格 用人格  |  実土井内蔵允利宣弟
||||  用人見習 用人 番頭格 |  使番格 使番
||||  家老 五十石加増    +―女子
|||+―重光           |  鳥居丹波守家来 鳥井帯刀妻
||||  小出嘉登理       +―女子
||||  小出三太夫養子     |  土井内蔵允妻 小杉三平養女
|||+―女子           +―女子
|||   長谷川九郎兵衛後妻   |  景高妻
|||               +―女子
|||                  長谷川小伝次妻
||+―●景流――――――――+―景経
||   左兵衛 三七 右源太|  新右衛門 右源太
||   新助 文左衛門   |  大小姓 御次番
||   百石分知 茶碗方  |  御刀番 早世
||   納戸役 普請奉行  +―元景
||   目付役 吟味役   |  三浦次郎右衛門
||   御先手者頭 二百石 |  御供小姓 祐筆見習
||             |  三浦甚右衛門養子
||             +―●景幹=========●景徳―――――+
||             |  新左衛門 文記 程次  実三浦元景三男|
||             |  文次 左兵衛      左兵衛 三七 |
||             |  蔵奉行 作事奉行    新助     |
||             |  吟味役御救方兼帯    大小姓 近習番
||             +―            小納戸 徒士頭
||                水野順次        取次役    |
||                水野日向守家来     取次役頭取  |
||                水野又兵衛養子     御先手者頭  |
||                            御留守居添役 |
||+――――――――――――――――――――――――――――――――――+
|||
||+―女子
|||  松平讃岐守家来   +―景行
|||  峯岸牧太妻     |  右源太
||+―女子         +―
|||  景福妻       |  分次
||+=●景福――――――――+―
||   実三浦次郎右衛門弟 |  権蔵
||   景徳実兄三浦元長二男+―女子
||   新助 孫次 小納戸格
||   代官 目付格
|+―●政景――――――――+=●義景―――――――+―●景綱――――――+
||  三弥 喜平次 二百石|  実長尾俊景三男  |  三弥 幾三郎  |
||  使番 四十石加増  |  三弥 勘九郎 新八|  源七 大小姓  |
||  先手者頭 百六十石 |  使番 先手者頭  +―        |
|+―女子         |  小荷駄奉行 持筒頭|  猶左衛門 御供小
|   小谷市郎左衛門妻  |  旗奉行      |  姓 大小姓   |
|             +―女子        +=女子       |
|                義景妻         実水沢潤庵女  |
|                            長尾景流妻   |
|+―――――――――――――――――――――――――――――――――――+
||
|+=●景親========●景命=======●景形――――――――――+
||  実宮野猶右衛門二男  実宮野只之丞四男  実高原幸左衛門将賢二男 |
||  八郎左衛門 求馬   源次郎 官之助   八郎左衛門 門蔵    |
|+―女子                    小納戸格代官 水方兼帯 |
|   景親妻                  取締方 十五石加恩   |
|                        作事奉行        |
|+―――――――――――――――――――――――――――――――――――+
||
|+―●景潜――――――――――――+―景元
||  小四郎 幸太郎       |  勘九郎
||  大小姓 刀番 御広間勤   +―
||  小納戸格代官 水方兼帯   |  斧次郎
||  作事奉行 目付 船奉行兼帯 +―女子
|+―              |
||  田辺佐吉          +―女子
||  久世大和守家来田辺与八郎養子
|+―元賢
|   浅野源右衛門
|   浅野庄兵衛養子
| 《白井長尾》
+―●景信――――――――●景春――――――●景英――――――●景誠===+
|  孫四郎 左衛門尉   孫四郎 四郎   孫四郎 四郎   孫四郎  ‖
+―忠景          左衛門尉     左衛門尉          ‖
|  惣社長尾景棟養子                          ‖
+―景明                                 ‖
   犬懸長尾憲景養子                          ‖
+====================================+

+=●憲景―――――――+―憲春
   実惣社長尾顕忠男 |
   孫六 孫四郎 四郎+―輝景
   左衛門尉 初景房 |  玄勢丸 左衛門尉
            | 《米沢藩士長尾氏》
            +―●政景========●景泰―――――――――+
               烏坊丸 権四郎    実中条三盛二男 左衛門|
               上杉景勝臣 後景広  侍頭 二千石     |
               千石 二千石                |
+――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+―●景光――――――●景貞――――――●景将======●景風―――――+
|  権四郎 侍頭   四郎右衛門    権四郎 侍頭   実岩井組織二男|
|  半知千石 奉行  侍頭 奉行             四郎右衛門  |
|                             左衛門 上総 |
|                             兵庫 侍頭  |
|                             江戸家老 奉行
|+―――――――――――――――――――――――――――――――――――+
||
|+―●景好
||  権四郎 侍頭
|+―●景明=========●景保――――――――●景敏――――――――+
|   松木秀尋養子      実芋川正令四男    国蔵 権四郎    |
|   兄景好卒し実家相続す  鳥丸 初景純     侍頭 江戸家老   |
|   兵庫 侍頭 七百石   権四郎 千石               |
|               侍頭 江戸家老              |
|               奉行                   |
|+―――――――――――――――――――――――――――――――――――+
||
|+―●景直――――――――●景孝―――――――――●国丸
|   鳥丸 権四郎     彦四郎 権四郎     二ノ大隊一番隊
|   侍頭 武芸惣頭取   侍頭 侍頭残兵支配頭
|   江戸家老 奉行
|   郷村頭取
+―●重景=========●景雄========●景当=========+
   伝四郎 大小姓     実志駄義知二男    実登坂胤重男 祐四郎 ‖
   新知百石 大小姓番頭  源三郎 権十郎    三左衛門 大小姓   ‖
   半知五十石       三左衛門 御近習   御手水番 大小姓番頭 ‖
               御膳番 百石     宗門奉行 二百石   ‖
               半知五十石 番頭              ‖
+====================================+

+=●景富=======●景祐――――――――●景令―――――●景介
   実嫡孫 利喜弥   実侍組沢根高貫二男  勝衛 五十石  熊五郎 権十郎
   三左衛門 八十石  兵吉 三左衛門    大小姓     軍目付 五十石賜
   番頭        五十石 大小姓            上士二番隊
             番頭

 長尾氏は桓武平氏良文流でであると言われています。鎌倉幕府初期の有力御家人として知られる大庭氏・梶原氏の一族ですが、その出自は本宗家大庭氏・梶原氏の系譜と同様に系図によって異同・混乱が激しく、村岡忠通の子・景村の子孫であるというもの、景村の弟景成の子・鎌倉権五郎景政の子孫というものなどもあり、はっきりしません。
 為景・定景兄弟は、源平合戦に際して平家方の大庭景親に属したため、合戦後三浦一族に預けられ、その後三浦氏の被官となりました。そして宝治合戦(1247)に際しては三浦氏に与して運命をともにしました。
 その後、定景の系統は景為の時に上杉氏の執事となり、その子・景忠は越後・上野両国の守護代を務めました。そして景忠の子孫が上野守護代を、景忠の弟・景恒の子孫が越後守護代を継承し、景忠の系統を関東長尾氏、景恒の系統を越後長尾氏と称しました。戦国大名の雄・上杉謙信(長尾景虎)は景恒の子孫になります。
 景忠の子孫である関東長尾氏は山内上杉氏の家宰(執事)職を独占し、その後いくつかの支流に分かれていきました。

 景忠の子忠房の孫忠政は山内上杉氏の家宰職を務め、その一族は惣社長尾氏と呼ばれました。忠景の子景棟の家督は白井長尾景仲の子忠景が継ぎ、忠景の実兄景信の死後、山内上杉氏家宰職を継ぎましたが、景信の子景春は家宰職を継げなかったことに不満をもち、山内上杉氏に叛しました。
 忠景の子顕忠、その養子顕方は山内顕定の家宰として武蔵国鉢形城に在城しました。そのため、上野守護代は一族の高津長尾氏(忠政の弟憲明の子孫)が務めていました。顕方は長尾氏内部の争いから、その頃相模から武蔵に進出しつつあった北条氏綱に味方するようになりました。
 永禄6年(1563)、東上野に武田信玄が侵入し惣社城が落とされたため、顕方は上杉謙信を頼って越後に移り、天正11年(1583)、その子景秀は上杉景勝に従って新発田城を攻めた際に討ち死にし、惣社長尾氏は断絶しました。

 次に景忠の子景直の子孫は鎌倉に在住しました。実景は山内上杉憲忠の家宰職を務めましたが、享徳3年(1454)憲忠とともに古河公方足利成氏に殺され、その子景人は成氏方との合戦の功績により、下野国足利庄の代官職に補任され、その子孫は足利長尾氏と呼ばれました。景人とその子定景は上野守護代を務め、定景の家督を継いだ弟景長は、惣社長尾氏に代わって山内上杉氏家宰となり、景長の子憲長、その子当長も山内上杉氏家宰職を務めました。
 山内上杉憲政(憲当)が北条氏康に敗れ越後の長尾景虎の許へ逃れると、当長は景虎(上杉輝虎のち謙信)に従い景長と名を改めました。永禄5年(1562)、輝虎が館林城を攻め落とすと、同城は景長に預けられ、館林領は足利長尾氏に与えられました。景長の死後、その娘に上野国金山城の由良成繁の子顕長が婿入りして家督を継ぎました。
 その後顕長は上杉謙信から離れ北条氏政に属しましたが、天正10年(1582)北条氏直の館林城明け渡しの要求に屈し、足利庄岩井山(勧農城)に移りました。天正18年(1590)豊臣秀吉の小田原攻めには実兄の由良国繁とともに小田原城に籠もりました。後北条氏の滅亡後、本領の足利城を奪われ、常陸の佐竹義宣に一旦預けられましたが、のち流浪の身となりました。
 顕長の子宣景は、浪人として上野に居住していましたが、慶長の頃土井利勝に召し抱えられ、大坂の陣の時には武者奉行を務め1200石を与えられました。その子孫は家老等を務める重臣格として明治維新を迎えました。またその他にも二流、古河藩土井家家臣となった分家がありました。

 足利長尾氏の房景の甥でその猶子となった景仲の系統は上野国白井に拠って白井長尾氏と呼ばれました。景仲は実景のあと山内上杉氏家宰となり、その景信も家宰職を務めましたが、その後は景信の実弟である惣社長尾忠景が家宰職を継いだため、景信の子景春は不満をもち、山内上杉氏に叛し古河公方足利成氏と結びました。その後景春は扇谷上杉氏・北条早雲と結び、山内上杉氏と徹底して争いました。その子景英は古河公方の勧めで山内上杉氏と和睦したものの、その子景誠は父景英の法事の席で家臣に殺されたため、惣社長尾顕忠の子景房が家督を継ぎ、山内上杉憲政の一字を与えられ憲景と名を改めました。山内上杉憲政が越後に退去すると、越後の上杉謙信に従いましたが、謙信死後は武田氏に従い、天正10年(1582)武田氏が滅亡すると上野国厩橋城に入った織田信長の部将滝川一益に、信長の死後一益が退去すると、後北条氏に属するなどその去就は目まぐるしく変動しました。
 憲景の死後、嫡男憲春は早世し、次男玄勢丸輝景は病気がちのため白井城にあり、三男で小田原に人質となっていた烏坊丸が家督を継ぎ北条氏政の一字を与えられ政景と名乗りました。天正18年(1590)豊臣秀吉の小田原攻めに際し、政景は白井城の警護を命じられましたが、白井城を攻撃した前田利家に政景は降伏して白井城を明け渡し、浪人となって加賀に住しました。慶長5年(1600)会津に来て田中氏の後家と配偶し田中権四郎景広と称し、上杉景勝に仕えて六十石を与えられました。のちに白井長尾氏の正統であることが知られ、長尾氏を称し、侍頭となって二千石を賜りました。その跡は、中条三盛次男景泰が家督を継ぎ、以後侍頭・江戸家老・奉行などを歴任する米沢藩上杉家の重臣として維新まで続きました。また景泰の子伝四郎重景を祖とする分家もありました

 《はじめに戻る》