《白石片倉家》

●神人部宿禰有信
―+―為信
 諏訪大神大祝  |  大祝
         |  諏訪上社大祝祖
         +―●為重―――――●胤重―――●景広―――●景俊――――+
         |  三郎 神太   神二郎   神太郎   神五郎   |
         |  諏訪社副祝   諏訪社副祝 諏訪社副祝 諏訪社副祝 |
         +―為光                         |
            神太夫                       |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+―●景久―――+―景綱       +―景佐
   神弥太  |  神次郎     |  加藤景清養子
   諏訪社副祝|  諏訪社副祝   |
        +―●景継――――――+―●景房―――――●景信――――――+
           四郎 八郎左衛門尉  美濃守 小八郎 小二郎 大蔵少輔|
           片倉氏を称す     左衛門尉    左衛門尉    |
                              仕北条貞時   |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+―景時
|  又二郎 民部少輔
+―景胤
|  五郎民部尉
|  武州片倉祖
+―●景春――――――●景経―――――●景時―――――●景重――――――――+
   小八郎 大学助  因幡 孫三郎  初景晴 伊豆守 小八郎       |
   属斯波家兼    大崎詮持臣   八郎左衛門尉  民部少輔 刑部少輔 |
   奥州下向                               |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+―●景輔======●景行―――――+―●景広======●景村―――――+
|  小八郎 刑部少輔 因幡守 彦四郎|  内匠頭 彦四郎  小八郎 因幡守|
|  和泉守      実景隆子   +―家景        実景行三男  |
+―景隆―――――――景行      |           初景時、景昭 |
   中務少輔     為景輔子   +―景時        伊達晴宗臣  |
                      為景広子            |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+―景親     +―重継      +―      +―
|  壱岐 初頼高|  藤左衛門   |        |  喜佐
|  意休斎   +―       +―重長――――+  松前安廣
+―      |  小嶋朝(頼)次妻| 佐門 小十郎 |  景長実母
|  湯村土佐室 +=       | 弥左衛門 備中+=●景長―――――+
|        |  於喜多 少納言| 初重綱 奉行職   実松前安廣長男
|        |  実茂庭良直女 | 妻針生盛直女    母重長女   |
+―●景重――――+―●景綱―――――+ 後妻真田幸村女   三之助 小十郎|
   式部少輔     小十郎 備中守|   阿梅      奉行職    |
   米沢八幡宮神職  白石一万二千石+―友綱               |
   妻本沢真直女   妻矢内重定女 |  三十郎             |
                   +―行綱               |
                   |  権十郎             |
                   +―                |
                      於左婦             |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+―
|  伊達宗房室
|  吉村公実母
+―
|  弥左衛門
+―●村長――――――●村休=====+=●村信
|  初政長      初景明    ‖  実宮床伊達村興三男
|  三之助 小十郎  三之助 小十郎‖  後実家を継ぐ
+―                +=●村定――――――――――――――+
|  於彦                 実景長男 初村利        |
+―                   小十郎             |
|  玉                                  |
|  片平重治室                              |
+―定利                                  |
  初め遠藤定富養子となり遠藤家を継ぐ。                  |
  のち実家に帰り、村信の跡を継ぐ                     |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+―        +―景義       +―●景貞―――――――――――+
|  小八郎     |  繁九郎     |  三之助 豊 讃岐     |
+―        +―        |  小十郎 大弼       |
|  柴田朝隆室   |  [言告]     +―景清            |
+―        +―        |  初景英 木幡直清養子   |
|  遠藤利方室   |  嶺       |  治郎三郎 栄五郎 又右衛門|
+―        +―        |  花遊           |
|  和田泰為室   |  久       +―             |
+=村廉――――――+―        |  伊達村福室        |
   実松前廣高二男 |  久子 大町頼道室+―栄信            |
   初景寛 繁九郎 +―        |  初景俊 久世定信養子   |
   勇之助 小十郎 |  涌谷伊達村倫妻 +―             |
           |  薫子 謙光院  |  栄 八重 高泉兼規室   |
           +―        +―             |
           |  養       |  豊 近 奥山清康室    |
           +―        +―景定            |
           |  豊       |  朽木広定養子 繁三郎   |
           +―        +―致中            |
           |  男之助     |  長沼致寛養子       |
           +―●村典――――――+  松之丞 外記       |
           |  初景仲 村寿  |               |
           |  繁五郎 勇之助 +―景矩            |
           |  小十郎     |  堀越親良養子 多病帰家  |
           |  奉行職     |  貞吉           |
           +―        +―             |
           |  千治郎     |  常 伊達宗充室 斉邦公実母|
           +―        +―             |
              万 長沼致寛室 |  登            |
                      +―             |
                      |  全            |
                      +―             |
                         悦 倫 伊達宗賢室 後離縁|
                         景貞養女         |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+―            +―●邦憲――――――――――――――――――+
|  繁五郎         |  初景徳 三之助 備中          |
+―定恒           |  伊豆 小十郎              |
|  初景行 加藤太 右膳  |  若年寄格                |
|  治郎右衛門 左近之介  |  妻水沢伊達宗衡女            |
|  甚左衛門 松坂定寿養子 |                      |
+―●宗景――――――――――+―                    |
|  初景遐 三之助 小十郎 |  徳之進                 |
+=            +―                    |
|  実村典十三女 改名し艶 |  喬 古内広居室             |
|  鮎貝盛長室       +―教成                   |
+―            |  寧三郎 規矩三郎 靱負         |
|  豊           |  片平教思養子              |
+―            +=                    |
|  邦 古内広孝室     |  泰 実景貞十二女            |
+―            +―                    |
|  福 留比 整 亘理清胤室|  盈 謙 高泉景□室           |
+―景次           +=                    |
|  初景淑 猛三郎 善右衛門|  粛 実景貞十三女            |
|  丹野知次養子      |  笠原恭康室               |
+―            +=広範                   |
|  央 伊達宗嵩室     |  実景貞十四男              |
+―            |  五十五郎 儀三郎広明          |
|  繍 斐 松前廣憲室   |  安部広行養子              |
+―            +―                    |
   道之進         |  順 美恵                |
               +=景彰                   |
               |  保二郎 新十郎             |
               |  実景貞十五男 中山信方養子       |
               +=                    |
               |  弘 実景貞十六女            |
               +=                    |
               |  実景貞十七男              |
               +―                    |
               |  景之丞                 |
               +=                    |
                  勝 実景貞十八女            |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+―●景範――――――――――――+―●景光――――――――――――――――+
|  三之助 景福        |  三之助 祐三郎           |
|  豊七郎 小十郎       |  小十郎 男爵            |
|  妻中村日向女梅子 後離縁  |  北海道胆振郡幌別開拓に従事す    |
|  後妻芝多対馬女従子     +―                  |
+―              |  福 静 遠藤正文室         |
|  徳 大立目教篤室      +―                  |
+―                 洋 馬篭長三郎室          |
|  順 律 牟宇                             |
|  石川邦光室                              |
+―景正                                  |
|  敬三郎 欽三郎清賢                          |
|  氏家清氏養子 多病帰家                        |
+―                                   |
|  窕 周 中野周蔵室                          |
+―                                   |
   倫 宮武律造室                            |
+―――――――――――――――――――――――――――――――――――――+

+=●健吉―――――――――●信光―――●重信
|  実吉田伊達宗孝七男   男爵    青葉神社宮司
|  青葉神社宮司 男爵
+―光子
|  健吉夫人
+―節子

+―貞子

+―淑子

+―潔子

+―邦子


 白石片倉家は仙台藩祖伊達政宗の腹心として活躍した片倉小十郎景綱を祖としています。一般には片倉家は加藤景廉の末裔で、信州片倉邑に住したので片倉氏を称したと言われていますが、『古代氏族系譜集成』によると諏訪上社大祝の神人部姓であるようです。
 天文年間の景時の代に伊達晴宗に仕え、羽州置賜郡長井荘に住み世臣となりました。景綱の父景重は米沢八幡宮の神職を務め、母(一説に姉)は政宗の乳母となりました。景綱は伊達家の重臣遠藤基信にその異才を認められ、政宗の近侍となりました。合戦での戦功はもとより、小田原参陣を政宗に決意させるなどそのブレーンとして仙台藩の草創期に活躍しました。また南の守りとして白石城を任されました。
 景綱の子重綱(のち重長)は父に劣らぬ才識勇武を持つといわれ、大坂の陣に参戦し、夏の陣では先鋒となって、敵将後藤又兵衛基次、薄田隼人正兼相の軍と戦い、これを大破し「鬼の小十郎」と称されました。
 慶安四年片倉氏は伊達家門閥の「一家」に列せられました。重長には嗣子がなかったため重長の娘と松前安廣の子で外孫にあたる景長を養子として片倉家を継がせました。以後代々白石城主として1万8000石の領地を支配してきましたが、戊辰戦争で敗れた結果、片倉家の領地を含めた仙南五郡は没収され、55俵の禄米給与に転落、陪臣は召し放ちとなりました。帰農帰商して士籍を失うことを恐れた旧片倉家中は北海道への移住開拓を試み、北海道胆振国幌別郡を支配地として受領しました。当主邦憲は老齢のため、嗣子景憲、嫡孫景光が旧臣らと苦労をともに、幌別郡(現登別市)白石村(現札幌市白石区)での開拓に従事し、景光は明治31年開拓の功により男爵に叙されました。のち片倉家は仙台に戻り、現在も御子孫は仙台にいらっしゃるそうです。

 《はじめに戻る》