しらべるマラソン講座

マラソンの走り方

最終更新 2014/9/18 今日の更新

ど素人!マラソン・ランナーの走り方について

【 足運び 】

膝をゆるめる。
  空中で膝が早く曲がり、すばやく地面にフォアフットが着くことを意識する。これでフラット走法になる。

「踵で着地、つま先でキック」の二段モーションではなく「足の中央で着地、そのまま地面をはたく」 足首はテーピングで固定する。→ニューハレXテープ
 速いランナーは土踏まずあたりで着地、そのまま地面を押す走法をとっている。

上下に跳ばない。膝の高さを上げない。
 目の高さを変えない。自転車に乗って頭の高さが平行移動しているようなイメージを持つ。

左右の足が一本の線をなぞるように走る。
 一本の線を走ったほうが、ストライドが広がるので速くなる。
1本の線?2本の線?
ピッチ走法かストライド走法か?
親指、小指、膝の三角形を意識する。
 その三角形が1本の線上を進むイメージを持つ。
 ジョグでは親指、小指を意識して走る。 *意識はしても、指で蹴ってはいけない。

【 腕振り 】

身長×5の前方に視線を置く。拝む位置でこぶしを合わせるイメージ。視界の下隅でこぶしが見えては消える。
こぶしの小づちで地面を打つように振る。
 こぶしを振るリズムで推進力が出る。
打ち出の小づち走法
肘の角度は90度を維持するのではない。
 体より前では80度、後ろでは100度程度。

肘と肩が同じに動いてはいけない(天から見て、肩を回転させるのではない)
両腕を進行方向に向かって平行に振るのではない。進行方向後方が広いV字型に振る。

肘をもっとも後ろに引いた時のこぶしは、ちょうど腰骨にさわる。
引きが浅いと、肩が凝る。
正しい腕振りと拳の握りの習得には、e3グリップが有効。

【 重心 】

胃を上に持ち上げるように高く保つ。専門書ではこれを「腰高なフォーム」と書いている。
 この姿勢を保つために「胸から下は全部足」と言い聞かせればよい。
腰にロープをつけて前から引っ張られているイメージ。
カラダの前の線が重心。その線が地面とほぼ垂直。
前傾してはいけない。
 前傾すると後ろ足で蹴る力が発生し、その分がエネルギー・ロスになる。

【 呼吸 】

口をかすかに開けて、口と鼻で息をする。
 走り初めてすぐの頃は、唇が乾くのを舐めると唇が腫れる。
 走る前にリップクリームや口内炎の薬を薄く塗るとよい。

「すっすっ はー はー はー」のように、1サイクルの中で吐く回数を多くする。
 「すっすっ はー はー」と2回ずつに拘らなくてよい。
 自分が楽な呼吸法をとる。
 その時したいようにする。

腹で息をする。 →丹田呼吸法

miCoach SMART RUN 販売ページ


ど素人!マラソン講座


下り坂の走り方
上り坂の走り方
ランニングフォーム
マラソンの暑さ対策
マラソン練習時の防寒対策

WOWOW【e割】ネット手続きで翌月末まで 2000円で見放題!

マラソン講座へ戻る

Tweetしらべる毎日更新!  Copyright silabel 初出2006年1月10日