気持ちいいこと 〜乱夢白書〜


乱夢子作



第1〜4話 第5〜8話 第9〜12話





第1話


「じゃあ、いきますか」
 オジサンはラブホテルの大きなベッドの上で胡座をかいて、わたしのことを膝にのせながら、独り言のようにつぶやいた。
 わたし、この人の名前、知らない。
 この人も、わたしの名前、知らない。
 さっき、出会ったばっかりだから。
 でも、それだとちょっと都合が悪いから、湯原真由梨(ゆはらまゆり)の一文字だけを教えて「まーちゃん」なんて呼んでもらっている。
 オジサンの膝の上にのせられたら、ほんの少しだけドキドキした。
 あ、両手が背中の方から這いまわってきて、わたしのおっぱいを、ゆっくりと揉みはじめる。
 熱くて大きな手と、太い指。
 その人差し指と親指が、両方の乳首を同時にキュッとつまみあげる。
「あんっ」
 思わず声が出てしまう。
 つまみあげられた乳首は、指の間でゆっくりゆっくり転がされた。
「ん、ん、んん……」
 声が、勝手に出てしまう。
 こんな風にいじられてると、おっぱいの先から、ベトベトの甘い蜜が出てきそうだ。
 もっとされたいような、逃げ出したいような、おかしな気持ち。
「ねえ、おっぱいいじられるの、好きなの?」
「……そうみたい」
「みたいって?」
「……今まであんまり、そんな風じゃなかった」
「じゃあ、どこがよかったの?」
「……どこも。えっちは嫌いじゃないけれど、いいとか思ったこと、あんまりない」
「今はいいんだ」
「……うん」
「うれしいな」
 オジサンとぼそぼそ話をしているうちに、おっぱいだけじゃなくって、身体ぜんぶがぼおっと熱くなって、とっても不思議な気分になった。
 頭も身体もドキドキして、何かとっても『期待』してるみたいな、変な気分。
 そのうちにオジサンの手が、アソコの方へと伸びてくる。
「毛」をかき分けて、そろそろと入ってきたオジサンの太い指は、突然アソコの、お腹に近いところあたりをグリグリと摩りはじめた。
「キャンッ!」
 脚が、自分のものじゃないみたいにピンッと跳ねて、電気が走ったように、身体が思い切りのけぞった。
「ごめんね、刺激が強すぎたかな?」
 今度はオジサンは、そおっとそのあたりを摩りだした。
「あっ、ああ、あああん……」
 摩られているうち、口がだんだん開いてしまう。
 アソコのあたりもジンジンしてきて……甘ったるいような、気持ちいいような……ああ、どうしよう。
「脚をうんと開くと、もっと気持ちがよくなるよ」
 そういうとオジサンは、わたしの脚を胡座をかいている腿の外側へ、引っ掛けるように開かせた。
 いやだ、これじゃあ大股開きだ。
 何だかとっても恥かしい。
 でもアソコはもっとジンジンしてきて、何かをとっても欲しがってるみたい。
「んんっ、んっ、ああ……」
 ああ、わたしいったい、どうなっちゃうんだろう。
 オジサンとは、今日はじめて会ったばかりなのに。



 オジサンと会うきっかけは、たどっていくと一ヶ月も前にさかのぼる。
 まだ十八歳になったばっかりなんだけど、いろいろ理由があって、小さな設計事務所に勤めていた、のだ。
 お正月開けの最初の出勤の日、事務所のドアを開けたとたん、わたしはあっけにとられてしまった。
 事務所は、もぬけの殻。
 そこには、ごみ箱がひとつ転がっているだけだった。
 すっごく驚いて、急いでビルの管理室へと走っていった。
 訳をいったら、ビルの管理人さんはすぐさまいっしょに来てくれた。
「……やられたね。こりゃ夜逃げだよ」
「はあっ?」
「社長も専務も、どっかへ逃げちゃったっていうこと。あーあ、わたしもオーナーに怒られちゃうなあ。あんた、ここの人達どこへ行ったか見当つかない?」
「いえ、ぜんぜん。でも、高校の先生に紹介してもらった会社だから、聞けば何かがわかるかも」
「わかったら、教えてよ。家賃一ヶ月分、滞納してるんだもの」
 でも高校のときの先生に聞いても、手掛かりになるようなことは、何もわからなかった。
 途方にくれた。
 わたしの親は、ふたりとも高校に入ってすぐぐらいに、交通事故で死んでしまったのだ。
 姉キがふたりいるけれど、もう結婚していて、どちらの家もあんまりお金はないみたい。
 弱った。これからどうやって、生活していけばいいんだろう。
 どうしていいかわからなくなって、パニックになったわたしは、高校のときの親友に、思い切って電話をかけて打ち明けてみた。
「すっごーい。たいへんーーっ。でもさあ、それなら真由梨、援助交際しちゃえばいいじゃない?」
「……そっかな」
「そうだよ。伝言ダイヤルとか、テレクラとかでさ、相手なら簡単にみつかるよ。ちょっとお金がほしい子は、みんなしてるし。真由梨みたいにみなしごでプーになったんなら、もう絶対にしかたがないよ。悪くない。わたし認める。やっちゃえやっちゃえ」
「そうしちゃおうかな」
「そうしちゃいなよぉ。それで昼間に職探しして、みつかったらさ、止めればいいんだから」
「うーん、そっか。どうもありがとう」



 そんなわけで今、会ったばかりのオジサンの膝の上で、こうして思い切り脚を開いているの。
 もちろん「処女」というわけじゃない。
 高校の頃につきあっていた彼氏と、それなりに何度かえっちはした。
 でも抱き合うのがうれしいだけで、正直けっこう痛かった。
 こんな風に、身体がジンジン痺れるくらいいいのって、生まれてはじめてだと思う。
「もうそろそろ、いいかな?」
「あ、あああんっ」
 おじさんの太い指が、わたしの中に入ってきた。
 太い中指が、アソコの中を、ゆっくりと出たり入ったりする。
 でも親指はまだ、さっきのところを擦っているのだ。
「ああっ……あんっ……」
「いいね、ずいぶん濡れてきた」
 脚が勝手に、大きく開く。
 ああ、そうだ。わたしはさっきから、こんな風にしてほしかったんだ。
「ああっ、あっ、あああっ……」
 わたしは気持ちよくなりすぎて、置きどころのなくなった掌を、オジサンの膝や太ももに強く擦りつけるようになった。
「撫でてくれるなら、ここがいいな」
 オジサンはわたしの手をとって、「アレ」をしっかりと握らせた。
 ああ、もうずいぶん固くなってる。
 これって、ほんとに変な形だ。
 こんなのがあの中に入ってくるなんて、ちょっと嫌かもしれないな……。
 そう思ってるうちにオジサンは、わたしの腰を両手でつかんで持ち上げて、あの変なモノのをあてがって、ゆっくりずぶずぶ沈めていった。
「あああああ……」
 オジサンのモノが入ってくると、アソコの痺れは、ウソのように消えていく。
 かわりに、ああ、もっと気持ちがよくなった。
 オジサンは腰を動かして、ゆっくりと、でもだんだん早くアレでわたしをかきまわす。
 そのたびじわじわした快感が、身体ぜんぶに広がっていく。
「あっ、ああっ、あっ、ああっくっ……」
 ああ、でもどうしよう。
 このままいったらもしかして、オシッコもっちゃうかもしれない
 ああ、あ、でもそんな、そんなことって信じられない。



第2話


「うっ、うっ、うっ、うっ……」
 オジサンのアレはわたしのアソコに、ギチギチにキツく入りこんでる。
 オシッコはすぐに何とかなったけど、アレは膝の上で揺すぶられるたびに中できしんで、閉じてる口からどうしても声が出てしまう。
 まわりが霞んで見えるのは、目に、涙がにじんでいるからだろう。
 気持ちいい、すごく。
 でもそれが、どういう気持ちよさなのかは、ぜんぜん口ではいえない感じ。
「あうっ、あっ、あああ……」
 オジサンの膝のむこうで、わたしの足がヒョコヒョコ揺れているのが、妙におかしくて、とても生々しい気がする。
 揺れてる足の下にある固くて白いシーツが、ひどく遠い。
 アレが入ってて動けないから、今はあのシーツには、足先でかすることもできない。
 ……逃げたいような、もっともっともっと欲しいような、何ともいえない気持ちよさが、アソコの奥やおしりに溜まって、そこがどろどろ溶けちゃいそう。
「……だんだん熱くなってきたから、もうすぐイクかな」
 オジサンはわたしの耳元でそうささやくと、まるでこどもにオシッコさせるみたいに、膝の裏側を両手で持って、上下にグシグシと動かしはじめた。
「あっ、あああんっ、ああああああ!」
 身体中が痺れてしまった。
 涙が、涙が出てきて、どうにかなっちゃう。
「あああっ、そんなのダメよぉ!」
 急に身体がビクンッと跳ねて、のけぞった。
 どろどろと溶けて、アソコの奥にたまったものが、勢いよく外へ吹き出したみたい。
 そのまま身体は、水からあがった生きた魚みたいに、オジサンにアレを入れられたまま、ビクビクビチビチ跳ねていた。
「なんだぁ、もうイッちゃったのか。じゃあ、おれもそろそろ……」
 そういってオジサンはアレを引き抜くと、わたしの身体を仰向けにして、大きく脚を開かせる。
 そしてもう一度、グイッと奥まで突き入れたあと、激しく腰を揺すりはじめた。
「うっ、ううっ……」
 アソコの奥が、またジンジンと熱くなってくる。
「まーちゃん、すごくかわいいね。とってもかわいい顔してる……」
 オジサンはわたしに、何度も何度もそういって、すこししたころ「ウッ」といったきり動かなくなった。


 次の日わたしは、昼少し前に起きてから、駅ビルのあるショップに買い物にでかけていった。
「イッたのはじめてなんだ」っていったら、オジサンは三万円の約束のところを、一万多くくれたのだ。
 あった。あれだ。
 前から欲しいと思ってた、フェイクファーの豹ガラのジャケット。
 店のいちばん目立つ場所で、首のないマネキンが着ている、あれ。
 たしか今ならバーゲンだから、二万ちょいで買えるはず……。
「あのー、これ、ちょっと着たいんだけど」
 声をかけると、店員はニコニコしてジャケットをマネキンからはずしてくれた。
「あ、似合う似合う。すっごくかわいい。ピッタリですよ」
 わたしはそのジャケットを買うと、ダッシュでうちに帰って、鏡の前でポーズをとった。
 やっぱり、いい。
 思った通り、ううん、それよりもっと似合う。
 豹ガラのジャケットは、マネキンが着てたときはわからなかったがけど、けっこうタイトで着ると自然に、胸やウエストが強調されるようになっている。
 一通りポーズをつくるのに飽きると、引き出しの中からアイラインを出して、なるべく濃いめに目を縁取った。
 勤めてたときにわたしがこういう化粧をすると、社長や専務(社員はわたしを入れて三人なのに)がイヤミをいうので、頭にきて会社にはノーメークで通っていたのだ。
 最後はリップグロスで、唇をツヤツヤにしてできあがり。
「うわーっ、かっわいいーっ!」
 すごいイケてる。
 まるで、タレントの上戸彩ちゃんみたい。
『まーちゃん、すごくかわいいね。とってもかわいい顔してる』
『あ、似合う似合う。すっごくかわいい。ピッタリですよ』
 頭の中で、オジサンの声や店員の声がグルグルまわった。
 うれしかった。
 得意だった。
 あ、そうだ。マスカラつけるの忘れてる……。
 わたしはこうして、日が暮れて部屋が暗くなるまで、鏡の前で化粧して、いろんなポーズをとり続けていた。


 次の日、急にわたしは憂鬱になった。
 サイフの中には、二万円しかない。
「来月、家賃が払えない……」
 今月は何とかなる。
 でも、貯金はもう十万しかないのだ。
 情けなかった。
 同い年で、こんな惨めなことで悩んでるコは、いない。
 わたしは、カーテンレールにかけているジャケットを振り向いた。
『まーちゃん、すごくかわいいね……』
 頭の中を、またオジサンの声が駆けていった。
 もう一回、電話しよう。
 それしか方法、ないもんね。
 わたしは公衆電話をかけるために、家の外へと出ていった。


 今度のオジサンは、痩せている人だった。
 痩せてて、皮膚がカサカサした感じで、頭にずいぶん白髪がまじっている。
 わたしはちょっぴり、不安だった。
 だってこの人、あんまりおしゃべりしないんだもの。
 シティホテルのバスルームで、シャワーを浴びて出ていくと、オジサンは腰にタオルを巻いて、ソファーでビールを飲んでいた。
「もう、いいのかな?」
 わたしも身体にバスタオルを巻いたまま、その言葉にこくりとうなづく。
 するとこんどのオジサンは、だまってこちらに大股で歩いてくると、物もいわずにわたしのことを抱きしめた。
「かわいい……」
 すごい力だ。
 背骨が折れそう。
 でもかわいいっていわれると、何だか何でも許せてしまう。
 しばらくそうして抱きしめたあと、オジサンはふいに、激しいキスをしかけてきた。
 オジサンの舌が、わたしの舌とからみあう。
 ビールのにおい。
 それからちょっと苦いような、煙草の味が口いっぱいに広がった。
 結び目が引かれ音もなく、バスタオルが床の上に落ちる。
 ああ、こんな部屋の真ん中で、素っ裸なんて心細い。
 オジサンの手がおそるおそる、おっぱいに触れる。
 乾いた手が、蜘蛛や蟹か何かみたいに、おっぱいの上でゴソゴソ動く。 「あっ、あんっ……」
 おっぱいの先をツンッとつままれると、背骨の中を、ゾクゾク電気が駆け抜けていった。
「ベッド、行こうか」
 オジサンは、わたしの身体をヒョイッと抱き上げると、ベッドの上まで運んでくれた。
 ……もう、わたしダメになっちゃうかもしれない。
 だって、したくてしたくて、もうたまらないんだもん。



第3話


 前の人よりだいぶ細身のオジサンは、抱え上げたわたしの身体を、ベッドの上にそっと降ろした。
 なんだか、ずいぶん純情そうに見えるけど……。
 そして身体を重ねると、腰に巻いていたタオルを引っ張ってとった。  固くなっているアレが、太ももあたりに押し付けられる。
 あ、前の人よりずいぶん固い。
 別れた彼氏……ほどじゃないけど。
 オジサンは、わたしの首すじに唇をつけ、下から上へとゆっくり舐め上げる。
 うーん。
 正直いって、イヤじゃないけど、くすぐったい。
 笑いたいけど、ぎゅっと口をつむって、天井見ながらじっと我慢。
 でも、オジサンの唇が耳のうしろにまわったときに、背筋がゾクッと気持ちよくなって、思わず声が出てしまった。
 わたしに横を向かせると、オジサンはそのまま、耳のうしろの首のあたりをゆっくり下から何度も舐めた。
「あっ、ううんっ、んっ……」
 どうしよう。アソコがムズムズよくなってくる。
 思わず身体をのけぞらせたら、オジサンの唇が、おっぱいの先へぴょん、と飛んだ。
「あんっ、あっ」
 オジサンは乳首をチュクチュク吸うと、もう一方の先っちょも、指でクリクリひねりはじめた。
 ああ、すごく気持ちいい。
 唾がたくさん湧いてきて、それを何度も飲みこんでいる。
 まぶたの裏で、線香花火みたいな火花が、パチッパチッと何度もはじけた。
 ほしい、もっと。
 腰が自然に浮き上がる。
 そうしていたらオジサンは、わたしのウエストを両手で撫で上げ、全身をゾクゾク気持ちよくしてから、乳首の先から口を離した。
 で、いきなり太ももに両手をかけると、けっこう乱暴にグイッと大きく開かせる。
「あっ!」
 わたしはオジサンから、あわてて顔をそむけた。
 だってオジサン、恐い顔してわたしのアソコをじっと見ているんだもん。
 ああ、いやだ、まだ見てる。
 これ以上は無理っていうくらい、大きく脚を開いてるのに。
「あああっ、ああんっ!」
 わたしの身体が、急にビクンッと反り返る。
 オジサンは、あたしのアソコの前の方の、すごい敏感で芽みたいなところに、いきなり口で吸ったのだ。
 もう全身が突っ張っちゃって、まるでいうことを聞いてくれない。
「ひっ、いいいっ」
 舌がペロンッと、敏感な芽を舐め上げる。
「いっ、いっ……」
 変な声。いやだ、こんなのわたしじゃない。
 でもオジサンが舌を使うたび、ビクッビクッと身体がはねて、今まで口から出たことのない、異様な声がもれてくる。
 舌の動きが、だんだん早まる。
「いっ、あっ、だめっ、ダメですっ!」
 ぜんぜん強くはない刺激なのに、わたしは我慢ができなくなった。
 脚を拡げてる腕をつかんで、引き剥がそうとしたけれど、オジサンの力はけっこう強くて、腕はびくともしなかった。
「ひっ、いっ、いっ、ああ……」
 オジサンは、ますます強くソコを吸い、ますます早く舌を動かす。
 いつのまにか、その気もないのに泣き出していた。
 アソコのあたりが甘くって、キュッとしびれて、もう自分のじゃないみたい。
「あっ、あっ、たすけて、ああああんっ……」
 これ以上開かないはずの脚が、勝手に外へ拡がって、アソコガ爛れそうなほど、甘い快感があふれてくる。
「イッちゃったの? ずいぶん濡れたね。ヒクヒクしてたし」
 オジサンは、耳元でそういったけど、わたしはダルくて返事もできない。
 脚を閉じ、うつぶせになって、小さく一度うなずいただけだ。
「ん、うしろからがイイのかな?」
 いったん身体を離したオジサンは、わたしのお腹に腕をまわしてヒョイッと持ち上げると、アレを一気に、お腹の奥まで突き立てた。
「あああああっ!」
 心の準備がなかったせいか、獣のような声が出た。
 あ、ちがう。こんなに奥まで入れられたことが、今までなかったせいかもしれない。
「あっ、んんっ、うっ、んんん……」
 オジサンは大きく腰を動かして、打ちつけるように入れてくる。
 わたしは四つん這いになって、必死で手足を突っ張ったけど、入れられるたび、少しずつ前へせり出てしまう。
 ああっでも、その強い刺激に、アソコがジンジン気持ちいい。
 奥まで入るたび息が詰まって、おっぱいが揺れた。
 わたしは揺れるおっぱいを、シーツぎりぎりまで下げて、突かれるたびに、先っちょが擦れるようにした。
 そうしたら、もう全身が、爛れるくらいに気持ちよくなる。
 ふいにグニュッと、アソコの奥が拡がる気がした。
「ああっ、だめっ、まだっ、いやぁ……」
 身体が勝手に反り返り、お尻が高く天井を向く。
 オジサンが、すかさず奥までアレを差し込み、腰を回して刺激してくる。
「あっ、んんんっ、くっ、ああ……」
 ドロリとネバネバした液が、アソコの奥から流れ出てくる。
「あなたはほんとに、気持ちよさそうにイクね」
 オジサンはさも楽しそうにいうと、あたしのウエストをつかんで、腰をグイグイ振り立てた。
「ああっ、あっ……」
 だめだ。また、引き込まれていく。
 わたしは胸をベッドに押しつけ、シーツをつかんで目を閉じた。
 一度は引いた快感が、また身体中に充ちていくのを感じながら。


「また買っちゃった……」
 家に着いて、あらためてサイフの中をのぞくと、さすがに自分が嫌になる。
 でも。
 振り返ると、小さな玄関に不似合いなくらいの、素敵なスエードのブーツが、ピッとそろって立っている。
 うれしい。
 あのブーツは、豹ガラのコートにものすごくよく似合ったのだ。
「ま、いいか。しょうがないよね」
 ほんといって、ブーツを買ったことには、ちっとも後悔していないのだ。
 ただ、お金が減ってしまうことが、とっても不安なだけだった。
 ことに、こうして夜中に一人だと、なおさらだ。
 わたし、友だちはあんまりいない。
 学校を止めてずいぶん減って、仕事が忙しくなって、もっと減った。
 いくらか残った友だちも、わたしが仕事の最中に、この部屋でひどく暴れたりしたので、怒って縁を切ってしまった。
 ほんと、電話で相談したコ、ぐらいなのだ。
「でもさすがに、こういう生活は、ちょっとマズイかもしれないなあ……」
 わたしは玄関にあるブーツを眺めながら、ベッドにごろんと横になった。
 そうだ。
 ちょっとくらいは、バイトしよう。
 そうすれば、いくらかお金も入って、気分ももっとよくなるだろう。
 わたしは明るい気持ちになって、ルンルンしながら眠りについた。



第4話


「そっかあ。でさあ真由梨ちゃん、何時から何時まで働いてもらえる?」
「九時から三時ぐらいまでに、したいんですけど」
 わたしはまわりをキョロキョロ見回したい気持ちをおさえて、目の前に座っているコンビニの店長さんに、にっこりと微笑んだ。
 今、家からちょっとだけ離れたところにある、コンビニのバックルームで、アルバイトをはじめるために、面接をうけている。
 店長さんは、三十代半ばぐらいだろうか。
 目も鼻も口も大ぶりで、どこかで焼いてきたのか、ちょっと色が黒い。
 柔らかめの髪に、クシャクシャッとしたゆるいパーマをあてて、ほんのりと暗めの色のついた丸眼鏡をかけている。
 そういう垢抜けた外見やいかにも軽そうな雰囲気に、ロゴが一面にプリントされたコンビニの制服は、あんまり似合ってない感じ。
「しっかしねえ。入ってた会社がつぶれちゃったなんて、かわいそうだね。保護者は一応お姉さんと……お、なんだよ。真由梨ちゃん、柴崎の生徒だったの? じゃああれ、トンズラしちゃった社長って、向井のこと?」
「はあ?」
「んとさ、俺、真由梨ちゃんの担任だった柴崎と、高校いっしょだったの。それで、柴崎が紹介した会社の社長も知ってるわけ」
「あ、そうだったんですか」
「真由梨ちゃん、会社に夜逃げされてよかったと思うよ。向井、やくざから逃げてるって噂だもん」
「そんな危ない仕事してるなんて、ぜんぜん気がつきませんでした」
「そっかあ。ヤツにもそれなりの思いやりがあったってとこかな。で、いつから来れる?」
「明日からでも」
「よし、決まり。じゃあ、明日からね」
 店長が立ち上がると、わたしもあわてて立ち上がり、我慢をやめて回りをキョロキョロ見回した。
 コンビニの裏側なんて見たことないから、めずらしくってしょうがない。
 部屋の角には、銀色のでっかい業務用の冷蔵庫があって、左側の壁にも、何か品物を保存するのに使う、密封できそうな扉がたくさんついている。
 机の上には、パソコンとレジを合わせたような機械が一台。
 そこへ背の高い男の人が入ってきて、買い物カゴからおにぎりやサンドイッチを取り出して、その機械にバーコードを読み取らせはじめた。
「あ、松井、紹介するよ。このコ、明日から来てくれる湯原真由梨ちゃん」
「あ、ども」
 男の人は、やや茶色っぽい髪をサラリとかき上げながら、無愛想に頭を下げた。
「よろしくお願いしまーす」
 目いっぱいかわいぶって返事をしたが、わたしの方を見ようともしない。
「あれは週に四回入っている大学生で、松井義孝(まつい よしたか)。人見知りするからはじめは無愛想だけど、馴れるといいヤツだからね」
 そのあからさまな言い方に、松井さんはバーコードを読み取らせながら、口を尖らせる。
「あ、そうそう。俺は店長で細見俊哉(ほそみ としや)っていいます。三十歳で独身です。どーぞよろしく」
 店長はそういって、小学生みたいにおじぎをした。


「ん、んんっ」
 ボディシャンプーでヌルヌルした手が、ウエストをつかみ、そのまま上がっておっぱいを揉みしだく。
 わたしはコンビニで面接したあと、伝言ダイヤルに電話して、もう一つのアルバイトに精を出している。
 今日の相手は……オジサンというにはちょっと若い、そう、コンビニの店長ぐらいの年の人。
 お風呂、いっしょに入ろうっていうから、そうしている。
 太ってもいないし、痩せてもいない。
 髪型も顔もふつうの人で、別に特徴はないんだけれど、オヤジっぽさがあんまりなくって親しみやすい。
 揉んでいる手は、ちょっと力が入るとつるりとすべって、なかなかおっぱいをつかめない。
 仕方なしにその人は、身体中に手を泳がせはじめた。
 ヌルリとした手が、おしりやおなかや脇腹を下から上へと撫で上げていく。
 そのたび身体に、ぞくりとした快感が駆け抜けた。
「あんっ」
 その人の手が、おしりの方からアソコの割れ目に滑り込んでいく。
 そのまま、中指だけがせり出てきて、溝にはまって何度も何度も行き来する。
「だめぇ……」
 乳首をつまもうとして出来なかった指先が、その上を軽くなぞるように、ゆっくりゆっくり円を描く。
「あ、あ……ん」
 この頃『濡れてくる』のが、自分でもわかるようになってきた。
 おしっこみたいに、出るのがはっきりわかるわけじゃないけれど、アソコやおっぱいがじんじん熱くなってくると、とろりとろりと液がこぼれてしまうのだ。
「ね、ここでしてもいい?」
 その人は、わたしのことを抱き寄せて、耳元でそうささやいた。
 ほしかったから、だまってこくりとうなずいた。
 するとわたしは、壁際に手をついて立たされた。
 その人はウエストを両手で引き下げて、ちょっとがに股のはずかしい格好にさせてから、ずいっと中に入ってきた。
「あっ……ああんっ……」
 この人、前にした二人のオジサンのより『頭のところ』が、ずいぶん大きい。
 だから少し動いただけで、アソコにじんじん響いてくる。
 その人はその『頭のところ』が大きいモノで、小刻みにわたしを突き上げてくる。
「あっ、あっあっ……」
 お風呂の中は、声が響くから恥ずかしい。
 なるべく声を出さないようにと思いながらも、飲み込む前に、どうしても口から漏れてしまう。
 そんなことを考えていたら、いきなりシャワーの栓がひねられ、身体にお湯を浴びせられた。
 その人は、わたしを細かく突き上げながら、シャワーで泡を流してくれる。
 シャワーで泡を流される……なんてあんまりえっちじゃないことされると、逆にアレの入ってるアソコが、とってもえっちに思えてくる。
「これできれいになりました」
 つぶやいてからその人は、シャワーヘッドをいちばん高いフックにかけた。
 背中や肩に、熱いシャワーをあびながら、その人は、わたしを抱えてゆさぶった。
「ああああ、だめぇ……」
 シャワーのしずくは、たまに顔の上ではじけ、目や鼻に情け容赦なく入ってくる。
 でもその刺激が、スパイスみたいにアソコの熱さに染み渡る。
「ねえ、ちょっと横を見てごらん」
 ふと横をのぞいてみると、そこには大きな鏡があった。
 そこにはこれ以上はないというくらい、淫らな格好でつながった、その人とわたしが映し出されていた。



次頁へつづく)












皆様からの投稿小説

MENU

TOP