舞ワイフより






 立ったままで男女が交わる。これが立位である。
 エッチをする時、大方の人が「寝てする」か、あるいは「座ってする」場合が多い。「立ってする」(特に女性が)という体位をふだんから実践している人は一般的には少ないだろう。
 しかし、エッチする場所というのは居室やホテルだけとは限らないし、また、ベッドの上だけとも限らない。
 時には刺激を求めてアウトドアで・・・というケースもあるかも知れない。あるいは自宅等であっても、キッチン・柱・壁等を利用してやってみたい日もあるかも知れない。
 僕も、かつてリゾートホテルの窓辺で彼女と海を眺めていて、だんだんとその気になって来て、立ったままでイタしてしまったことがあった。隣のバルコニーから覗かれていたかも知れないのに(汗)

 立位を分類すると大きく分けて2種類ある。
 お互い向き合っていたすのが、【鯉の滝登り】や【立ち櫓(たちやぐら)】で、後方からいたすのが【後櫓(うしろやぐら)】である。
 【鯉の滝登り】の場合は、女性が片足を男性の胴体に巻きつけると、より挿入が楽になるので一度試してみて欲しい。

 これら立位は奇抜でとても刺激的ではあるが弱点もある。挿入感が浅いという点である。深ければ良いというものでもないのだが、深さを求める人にはいささか物足りなさが残るかも知れない。

 余談だが、ノミの夫婦(妻のほうが夫より身長が高い夫婦)の場合この体位はかなりきつく、逆に矢○○里と中村なにがしのように身長差が50センチ程度ある場合もかなり困難となる。ただし頑丈な椅子や台等を活用すれば絶対に不可能という訳ではないが。

 それにしても、立ちバックの画像というのは探してみるとごまんとあるが、正面立位の画像というのは海外は例外として日本国内ではあまり見かけない。その不自由さゆえに日本人はあまり好まない体位なのかも知れない。あるいは結合部分が隠れてしまうことからAV向きとはいえず採用されにくいのかも知れない。

※バック系立位については【立ちバック】を参照のこと。





立位01 立位02 立位03 立位04 立位05
立位06 立位07 立位08 立位09 立位10
















エッチな告白体験談ブログ

官能小説.com





back

menu

top