女性をペタンとうつ伏せに寝かせたうえ、45度〜70度開脚させ、男性はその背後から挿入する。
 間違ってアナルに入れないように注意しよう。(マニアは別として)
 挿入の深さは通常の後背位よりも少し浅い感は否めないが、通常の後背位とはかなり違った感覚が楽しめる。
 男性は通常の後背位より窮屈感はあるが、それがむしろ特有の快感を醸し出し、女性もかなり気分転換になるようだ。この体位を一度経験すると次回会った時に再度リクエストされること請け合い。(筆者体験談から)
 グイグイと押し込むたびに臀部の肉までが膣ともども締めつけてくる感じで、他の体位では味わえない感覚を満喫できるだろう。
 ところが不思議なことにこの体位は日本古来の体位絵図には載っていない。  もしかしたら筆者が知らないだけで、実は命名されているのかも知れないが、いまだかつてその名を耳にしたことがない。もし「昔からあるよ」という方がおられたら、ぜひご教示願いたい。
 そんなこんなで、勝手ながらこの体位を【寝バック】と称してご披露することにした。

 なお、女性の腹部に座布団を1枚敷いて、後から突き刺してみると、また少し違った感覚が味わえる。

Pスポット △
Gスポット ◎
クリトリス ×




この姿勢からスタート


 男性は女性の揃えた大腿部の外側に膝をつきそのまま挿入。
 もし女性が大きく開脚した場合は、男性はその内側に膝を揃えてから攻める方法もある。
 閉脚、開脚、両方試してみよう。
 女性としてはとても簡単でらくして楽しめる体位だ。



寝バック01 寝バック02 寝バック03 寝バック04 寝バック05
寝バック06 寝バック07 寝バック08 寝バック09 寝バック10


 これら寝バックの画像は海外サイトではよく見かけるが、我が国では意外と少ないように思われる。
 日本人カップルにあまり好まれていないのか、ビジュアル的に地味なためAV界から敬遠されているのかは
よく分からないが、後背位とは似て非なるものであり、バリエーションの一つとしてぜひ加えてもらいたい
体位である。


 なお、関連体位をいくつか紹介しておこう。


〆込み錦 月見茶臼 座禅ころがし











BlackDiamond あい



ましゅまろくらぶ

image





back

menu

top