ガラス溶融窯を作ろう (超小型溶融炉)

 細工窯

とてもかわいい窯?です

七輪を使って炭を熱源としています。
小さな坩堝を入れたり、蜻蛉玉の製作に使っています。

たまに、お茶を沸かしています。

やわらかな炎と遠赤外線の効果により
蜻蛉玉製作において、精密な作業が可能となっております。
1986年からモルタル付けたり取れたり、付けたり取れたり
下の火種いれ部分は2年に1回取り替える
上部蓋部分はだんだん巨大化しつつある

七輪窯
色ガラス調合の写真

火が起こると作業が始まる


最適作業時間は30分が限度
長引く時は輪蓋を取りはずし炭を投入する

今現在でも溶融実験が毎回成功するとは、限らない。

作業場は神聖な場所につき何人たりとも足を踏み入れる事はできません。


[TOP ページ][ガラスの研究] [ガラスの化学] [ガラス実験室][ガラスの復元] [溶融窯]
[とんぼ玉] [みしま風鈴] [サーレル美術館] [日光陶器店] [術と科学] [Profile]



Copyright(C)2003 by hisao.sekine All Rights Reserved