中央道路(囚人道路)
 明治19年、屯田兵司令官永山武四郎は幕僚を伴い本道を巡視し北見入り湧別・網走間の各地を詳細に調査した。当時帝国ロシアはシベリアまで鉄道を延ばし、ウラジオストックの軍港を広げて沿海州に兵隊を増員したため、日本政府と軍部は危機感を持ち警戒心を高め、オホーック海沿岸での水際作戦に備える屯田兵(北辺の防衛と開拓の二つの任務をもった北海道独自の兵制)を送り込むための「軍用道路」が必要で、中央道路建設は日本にとって自国を守る最後の手段だったのです。その手段の指揮をとったのが、あの旧千円札の肖像で名高い伊藤博文で、伊藤の片腕となり参謀となったのが山県有萌である。
 そのために、すでに開通していた石狩道路(札幌〜旭川)と上川道路(旭川〜白滝)に接続してオホーック海沿岸に達する北見道路(白滝〜網走)の開削を急いだのです。当時の道路開削工事は、その地形がほとんどが原始林のため困難を極め、従って進行度は1年間で最大40kmとされていた。ところが、網走から白滝までの約163kmを1年間(自質8ヶ月)という通常の4倍以上の驚くべき速さで開通させたのです。松明(たいまつ)をかざしての夜中に至る過酷な労働で囚人たちは次々にたおれ、道端に埋められていった。「工事が1日遅れれば、1日ロシアにひけをとる」と言う明治政府のあせりが、悲惨な結果を招くことを承知でこの強行策に出たのです。その背景には囚人の労力で開拓しようという政策が色濃く反映されていました。
 北海道の「集治監」は、そのために作られ、釧路集治監網走外役所(のちの網走刑務所)の場合は、中央道路(北見道路)の開削工事のために設置されたのです。過酷な労働を強制された囚人に多くの犠牲者が出ましたが、とりわけ「北見道路」の工事では、従事した囚人1,115人のうち実に238人が死亡したと言われています。留辺蘂でも、「大曲」「首吊り橋」などの名前が今も廃道跡に残っているが留辺蘂・生田原間で犠牲になった命は12人とも16人とも言われている。「北見道路」が別名「囚人道路」と呼ばれるようになったのは多くの囚人の犠牲の上に出来た道路だったからです。
 明治24年に中央道路(旭川〜網走)が開削され、翌25年に四号駅逓(サロマ峠)五号駅逓(現花園)が開設された。しかし、実際に人馬の継立てを行ったのは明治28年からで和人が定住して人煙を上げたのもこの年からである。四号の取扱人は千葉新太郎、五号は永井友吉であった。また、大正9年武華駅逓、同11年に富士見駅逓が開設されている。
 また、明治40年には留辺蘂から19号線までの道路が出来、大正3年26号、大正7年には34号まで延長開削された。
 更に、鉄道は野付牛から留辺蘂までが大正元年に開通し入植者が増加し大正9年には戸数二千四百四十九戸、人口一万千五百七十三名に達している。超えて大正3年に常紋トンネルが完工したので同年生田原まで開通した。
 いつの時代も同じことであるが、未開地開墾に一番切実に要望されるものは道路である。人煙まれな原始の山野でも、道路がつけば必ず開拓の戦士は入植し、その土地を開拓するのである。こうした道路交通網の整備によって留辺蘂町は開発され、今日に至っているのである。私達が今、ここに生活できるのは中央道路の開削工事に苦しみ、命を捧げた囚人たちのたまもので、この尊い歴史を埋もれさせてはならないと思う。

写真提供・メディアクリップ吉田正俊 
開拓の項・尾形貞一郎伝記から
 私がこの地に移住してきたのは、明治四十年三月二十四日であった。当時九歳の私は妹と一緒に、父母に連れられて五号峠の原始林の中の足跡もない堅雪の上を、当時、中央道路沿いに張られて走っていた電信柱をたよりに急な坂や谷間を上り下りして歩き、五号駅逓に着いたのは正午頃であった。
 駅逓のお婆ちゃんは、初めての移住者が来たというので大変な喜びようで、乾した山ぶどうを御馳走してくれて、話といえば熊のことばかりだった。
 いよいよ農場に向かう際には「ここから四号駅逓の方に行くと、道の右側に小さな小屋があるから、それを見逃さないように」と言われた。
 五号駅逓から半里ほど来た所に、「華園農場事務所興正寺仮説教所」と筆字で書かれた楓の大木があって、そのすぐ傍に小屋が建っていた。その横で一人の老人が焚火にあたっていたが、この人が開拓者第一号の斎藤説成という老僧であった。その晩から洗面器で炊いたご飯を食べさせてもらった。小さな鍋では五人分の飯が炊けなかったからである。説成は今までの一人暮らしがどんなに淋しかったかを話した。熊が小屋の囲いを揺することがあり、持っていた九寸五分の刀で槍をつくり、いざというときに備えたという。斎藤説成は自分の食べる茶碗で、仏壇にご飯を供えていた。蝋燭も線香も無く、またランプやカンテラなどがあるでなし、ただ焚火の明かりが頼りだった。炊事道具は小さな鍋と鉄瓶だけで、その鉄瓶もすすけて真っ黒で、土瓶か薬缶か分からなかった。刃物といえば鋸とマサカリとナタが一丁ずつあった。
 明治四十年、父・米太郎は北海道の開拓地で一旗上げようと、私が五歳の時に、こうして華園農場に移住してきたのである。父はその時、四十七歳であった。開拓の一番目の仕事は小屋であった。材料は川渕に沢山生えている柳の木で、そのうちの手頃なのを柱に使い、屋根や壁の囲いは熊笹を使った。夏になれば柱の柳の木から芽が出てやがて枝が生えてくる。暑い日には隙間から青大将が首を出すこともあった。曇った日には、ヌカ虫が大量に発生して困った。ヨモギや青草をいぶさなければどうにもならなかった。風呂桶はカツラのガッポの大木を切ったものに鉄板を張って作った。カツラの大木を伐り倒して川の中に漬けたままほっておくと、そのうち内部が腐食して空洞になるが、これがいわゆるガッポであった。この風呂桶が出来るまでの開拓の人々は大川に行って家内中で水浴びをした。
 雪が融けるといよいよ開墾である。開墾といってもまず火入れである。山林に火を放って笹や大木を焼くのが仕事であった。火入れと言えば聞こえはいいが、一度火を放ったが最後、あとは自然に任すしかない大原始林の山火事を現出することだった。火は轟々とものすごい音を立てて太陽のごとく赤く燃え、またその煙で空は真っ暗闇で、曇っているのか晴れているのか分からない。夜になって、暗闇の中で大木が焼け落ちるその度に、火花があっちこっちで散る様はまるで花火のように美しく、それは見事なものであった。雨が三日も降ればともかく、そうでもない限り火は消えることを知らず、何日も燃え続けた。それでも開墾は進まなくて困った。南瓜、馬鈴薯、裸麦等は全部合わせても一年分の食糧には足りなかった。
 火入れの後の焼け跡には、ワラビ、ウド、ボリボリなどがたくさん生え、また毎年五月になれば川渕でフキが豊富に採れたので、山菜には不自由しなかったし、またこれが最高の御馳走であった。川ではヤマベ、イワナ、イトウ、アメマス、カジカ、ドジョウなどの魚やカラス貝が豊富に獲れた。川魚は電信柱の下に行って工事中に落としていった針金を拾って釣針をこしらえ、それに木綿糸を釣糸替りにするだけでいくらでも釣れた。秋にはアキアジが群れをなして遡上してきて、時には熊の食い残しが小川のあっちこっちに散乱していた。入植第一号の斎藤説成が何も無い原始林で命をつないだのも、これら豊かな山と川の幸であったという。

写真は留辺蘂町温根湯温泉開湯100年記念誌より引用
農業の始まり
 留辺蘂でのアイヌの足跡
 明治25年当時、ポン湯附近には川岸に温泉を利用して草小屋を作り、何人かのアイヌが居住しており、さらに豊金に山中イキシカと称するアイヌの夫婦が住んでいた。温根湯地区では16号の沢に日本名「山中木蔵」と呼ぶアイヌが住んでいた。16号の沢を後年までキゾウの沢と称していた。
 留辺蘂地区(旧武華原野)
 明治25年に岩手県人千葉新太郎が四号駅逓取扱人として入植、その後現在の市街一円(1号線まで30万坪)を牧場として払い下げを受け、千葉農場と称していた。明治30年佐路間峠にあった四号駅逓を川向(現宮下町)に移転したので、部落形成は川向からで、明治40年には30戸程度が定住した。この農場に6戸が小作人として入植したのが明治40年だった。明治32年に武華原野1号線以西の区画割が行なわれて、同35年には相内に入植した屯田家族だった福井県人鶴尾兵衛が4号線に入植、開墾に従事した。明治39年オンネナイ原野(1号線以西)に開拓移民20余戸入植する。
 瑞穂地区(サロマベツ原野)
 明治28年五号駅(現花園)逓取扱人永井友吉が入駅し自家用野菜畑として、0.2fを開墾し自家食料を生産した。明治34年大友友吉が代人となり明治36年遠藤藤次郎が駅逓取扱人として入駅、37年遠軽より薄荷の苗を買受け0・2f程耕作する。明治39年上枝三郎によって創設された華園農場に開拓の先発として斎藤説淨(成)が入地。明治40年上枝平蔵がその管理にあたり、後に上枝農場と改称された。また、同年上川より尾形米太郎ほか8戸が53号から64号の間に入植した。駅逓業務も明治42年遠藤藤太郎がこれを引き継ぐ。
 温根湯地区(旧武華)
 明治31年に国沢喜右衛門、大江興四蔵らが温泉開発のため、武華市街(温根湯)に入地しているが、これと呼応して山口県人森重要吉が11号線から16号線まで30万坪の払い下げを受け農牧業に従事する。
 大和地区(旧上武華)
 明治32年には福島県人川辺清松外6名が22号線より29号線までの75万坪を道より払い下げを受け集団移民したが、人跡未踏の原始林に驚き開拓の志を捨て立ち去った。その後、加納冨貴松がこの権利を買い、内地から小作人を募集現地に入植させるが、これらの移民達も開墾の緒についたが帰国する者が相次ぎ開拓は一頓挫の状態となった。この後広島県人頼島熊登が加納冨貴松の友人であったことから、この土地を1、500円で買いうけ美濃誠策を開墾管理人として明治41年現在の大和一区の長瀬昭雄の土地に入植させた。明治44年には柴田運左ヱ門、柴田某、本田吉次、本田英太郎、藤田万蔵、石田正一郎、大石春吉、森野善作。大正2年に松浦朝治、3年に鈴木宇ヱ門、4年丸玉牧場に本間正、中牟田農場に武市牧三郎が入植した。
 花丘地区(旧西武華)
 入植の始まりは明治33年大江佐之助であったが、実際に開墾の目的で入地したのは、明治末期無加川支流の川沿いに芦野という人が拝み小屋を建て1f余りを開墾したのが始まりである。その後大正2年岩橋清風、岩橋忠治、翌3年五十嵐孫右ヱ門、岡田信司、菅原甚吉、4年に上ノ内夏太郎、西尾武千代らが入植した。
 昭栄地区(旧温根内)
 明治40年留辺蘂市街より平里19号線まで道路が開削されたのに伴い、児玉清三郎、黒田久五郎が入植。明治42年には横尾権四郎、大関竹次、森部勘次等が入植した。大正4年前後には40戸程の入植があった。
 平里地区(旧西武華)
 明治43年浦山林蔵が22号、川田清太郎が21号に入植。その後高橋伍平、高橋嘉平、遠藤菊治、橘井清八が入植。大正5年までに40戸の入植があった。
 松山地区(旧南武華)
 大正2年富山県団体の菊野喜左ヱ門を団長とする12戸の開拓者が入植。大正9年武華市街から松山の沢に道路が開削されてから更に入植者が増加した。昭和49年道道温根湯―置戸線となり舗装される。
 川北地区(旧上武華)
 大正3年長瀬孫市、大正5年佐藤権八ら6名が入植、昭和9年に高橋金次郎外22戸の集団移民が入植しこの地帯の開発は急速に進展した。
 厚和地区(旧華梨場)
 明治45年加納仁作、山崎甚平、山本大三、大正2年山形秀次、石本嘉吉が入植。大正9年に48号まで道路が開削される。大正10年に官行軌道が29号まで開通。15年には42号まで延長された開拓移民が15戸程入植したものの、土地条件が悪く殆どが離農してしまった。
 富士見地区(旧富士見)
 大正2年久保内某が45号付近に入植。大正11年上武華駅逓の取扱人に佐野松ヱ門が任命され入植。翌12年49号に佐々木忠三郎、同14年50号に野尻安次郎、夏伐熊吉、51号に矢橋政一、48号に鹿野宗吉、昭和2年山形米吉が入植。当時は27戸の農家があったが、昭和50年伊藤宗吉が離農したのを最後に、この地区から農家がなくなった。
 
北見温泉三光荘
 ポンユという呼称は「小さい湯の出る所」の意で、オンネユ「大きい湯の出る所」とともにアイヌ語である。
 この泉源は、明治23年頃中央道路開削の時代からアイヌが発見し、割板で浴槽を作り拝み小屋を建てて狩猟の途次利用していたといわれている。明治30年に屯田第三中隊が相内に入植した当時、河原田万蔵がカボチャをアイヌに贈りその権利を貰いうけ、冷泉使用の出願をして許可をとり住居を構えたのがその始まりである。その際近隣周辺の紅葉のすばらしさに紅葉山温泉と命名した。
 昭和5年、相内村で雑貨商を営んでいた村会議員田中栄朔が買収。その年に全焼の厄にあったが、ただちに新築しポン湯温泉栄楽館と命名して数度の増改築を経て昭和31年に北見温泉三光荘と改称した。
 現在の経営者田中正則社長は留辺蘂郊外の温泉どころとしてゴルフ場も経営し、昭和52年、五百bのボーリングを行ない43度の湧出に成功し町民の唯一の温泉郷として親しまれている。

写真は留辺蘂町温根湯温泉開湯100年記念誌より引用
温根湯温泉
 まだ開拓の鍬が入らない昼なお暗い原始林を縫って、札幌から網走まで北海道を東西に縦貫する約360キロメートルの中央道路が完成したのが明治24年(1891)。その翌年、この道路に沿って旭川から網走間に12ヶ所の官設の駅逓が設置された。現在の留辺蘂町の区域内には明治25年、四号・留辺蘂駅逓と五号・佐路間駅逓の2ヶ所が設置された。当時、駅逓取扱人のほかには定住者はなく、わずかにポン湯付近と豊金の沢、温根湯16号の沢にアイヌが狩猟のために住んでいた。
明治30年の秋、国沢喜右衛門は、四号・留辺蘂駅逓取扱人の千葉新太郎から、「ムカ原野にお湯の出るところがあるが、なにしろ遠い奥地でね」このように話しかけられたといいます。喜右衛門は、野付牛村(現在の北見)で商業を営んでいましたが、この間、ムカ原野(現在の温根湯)に、牧場40万坪の払い下げを受けていました(現在の12号線から15号線)。
 その現地調査のため、喜右衛門と共に留辺蘂駅逓に泊まった次男の歴蔵は、生前次のように語っていました。「温泉といっても、当時はそれほど重要な資源とも思わなかったのだが、ともかく無加川に沿ってケモノ道や丸木橋を利用して現地に着くと、現在の大江本家の湯元附近に山中喜蔵と名乗るアイヌがヨモギで作った拝み小屋に住み、そのそばに割り板で囲った浴槽がありました。この山中喜蔵というアイヌは端野のアイヌコタンに住んでいたが、彼は冬期テン猟を主な仕事としており、その縄張りがペンケビバウシナイの流域(現在の松山地区)であったため、このような拝み小屋を造っていたものです。豊富な湯量と泉量もいいのでそれを譲り受け、右岸の湯元を弟の森重要吉の名義で浴用鉱泉免許を取り仮小屋を建てました。これは明治32年(1899)のことで、今の花水荘の始まりです」
 同じ年に左岸(大江本家側)は、当時野付牛村屯田第一中隊で酒保をしていた大光寺直蔵が出願し、1年遅れで許可を受けた。大光寺は仮小屋を建てて入地したが、熊や鹿などが出没するため、いたたまれなくなって野付牛村屯田第二中隊主だった大江清之助の父与志蔵に権利を譲渡しました。これが大江本家の前身で、この両者が温根湯温泉の開祖といえます。その後、明治36年に槙喜四郎が右岸に槇旅館を開業(同旅館は経営者が変わって丸山旅館となり、関量一が買収し武華クラブという名で親しまれたが武華ホテルと改称、その後村井産業株式会社が買収したが平成3年倒産)。更に大江興四蔵の長男佐之助が明治44年に分家して大江新家旅館を開業(その後、大江重喜に変わったが、太平洋戦争で戦死したため、鉄道寮となり、昭和29年に村井由之助が旭鉄から買い取って温根湯ホテルとなった。平成3年村井産業の倒産によりオホーツク観光グループが買い取り現在に至っている)。大正2年相内屯田戸主井田三松の兄井田与三松が右岸に井田旅館を開業(長男由太郎の経営になって、北見冨士荘と名称を変更した。由太郎は病弱のため渡辺彦太郎に売却、ホテル石北として経営していたが、昭和47年に大江啓二がこれを買収、大江本家別館と改称したが現在社員寮として使用されている)。
 こうした歴史の中で現在は、上記列記の中では大江本家と温根湯ホテルだけになったが道東の観光宿泊地としては変わりない。

写真は留辺蘂町温根湯温泉開湯100年記念誌より引用
北見ハッカの元祖は三等郵便局長
 日本のハッカ栽培は、岡山県から始まったと言われている。その頃山形県でも明治6年には輸出を始め次第にその名が全国に響き渡っていった。
 北見のハッカ隆盛の先駆けとなったのは渡部清司(二代目上芭露郵便局長)である。渡部は明治24年、新天地を求めて紋別郡モベツ村の原野に足を踏み入れ、コムケ湖畔で休憩をしていた時に心地よいハッカの匂いに野生のハッカが自生して芳香を発していることを発見し、そのハッカを郷里に送って試験してもらったところ一貫目(3.85s)当り三.六匁(13.5g)の油が取れ、野生のハッカでもこれだけの油が採れるのであれば、栽培すれば十分成功すると確信した。
 明治27年、湧別原野一線七番地に入植し、早速山形から種根を取り寄せたが小包便では日数もかかって途中で腐ってしまった。それから北海道庁や札幌農学校に照会して、永山屯田兵村で山形から来た石山伝兵衛が栽培していることを知り種根6貫目を手に入れ明治29年春湧別原野に始めてハッカが植え付けられた。これが北見地方のハッカ栽培の起源である。渡部は東京・山形にその買入価格を照会したところ是非欲しいとの返事にハッカ栽培の確信を深め、近隣の人達にも栽培を奨励していったことによりアツというまに北見の国の中に広がっていった。
 渡部は農業の傍ら和田麟吉の後を受けて湧別駅逓の取扱人をしていたが、大正10年二代目上芭露郵便局長となった。全世界の八割を生産した北見ハッカは、このようなドラマを経て北見のシンボル的な存在となっていったのである。
密林の中に出現した郵便局・北見郵便局の一世紀から
薄荷物語
 子供の頃よく食べた、なつかしいハッカ飴。最近はあまり見かけなくなった。オホ ーツクはそのハッカの産地、ハッカで輝いた歴史がオホーツクにあった。今だって、 ハッカは元気だ。今でも滝上町のハッカは国内生産の95%を占めている。昔も今もオホーツクはハッカの大地なのである
 オホーツクでのハッカの歴史をひもとくと、明治29年春湧別原野に渡部清司(二代目上芭露郵便局長)によって始めてハッカが植え付けられた。これが北見地方のハッカ栽培の起源である。昼間と夜間の気温差が大きいオホーツクの気候がハッカ栽培に合い、その後周辺各地に急速に広がっていった。昭和9年、ホクレン北見薄荷工場(現在はハッカ記念館)ができて、いよいよ最盛期を迎えることになる。昭和13年代には、北見の工場で世界の約70%の取卸油が生産された。現在の北見市の経済基盤はハッカによって築かれたという見方もある。
 戦後、輸入自由化や低コストで生産可能な人工ハッカが開発され、天然ハッカは少しずつ生産量が減少し、昭和58年には半世紀も続いた北見薄荷工場がついに幕を下ろした。
 当時、ハッカは農家の貴重な現金収入で、18リットル缶をいくつか出荷すればそれで1年間食べていけるほどだった。留辺蘂での薄荷栽培は、明治37年瑞穂で2反歩作付けしたのが初めてとされている。その元祖・尾形貞一郎の伝記に「大正十四年は豊作だった。収穫した薄荷四缶のうち二缶を留辺蘂の矢野商店に売って七百円の現金が入った。三百円もあれば、一年分の米、石油、醤油代に小遣いまであるので先ず一安心した」と記されているが、あちこちに"ハッカ御殿"と呼ばれる農家ができたという話しには納得する。
 昨年11月kenの瓦版で「何日もハッカ小屋で泊まり込んで、昼夜休まず窯を焚き続けて、お湯を沸騰させて蒸留させるのだが、、蒸しあがるまでの数時間は、家内の父親達は気をきかして二人きりにしてくれた。ツーンと鼻にくるハッカの香りを嗅ぎながらランプの灯りと、勢いよく燃える窯の火を見ながら、家内とどんな恋いの話を咲かしたのかは残念ながら記憶にはない」と書いたが、家族全員での蒸留作業は徹夜で1ヵ月は続いた。
 しかし、現在はわずかな生産量になったが、それでも日本のハッカ生産量の95%を滝上町が占めている。オホーツクはかつては世界一、そして今でも日本一のハッカの産地というわけだ。

写真提供・メディアクリップ吉田正俊
常紋トンネル(幽霊伝説)
 湧別線工事中最大の難工事とされていた常紋ずい道(507b)は、大正元年に始まり、三年の年月をかけて大正三年十月に完成した。工事は、本州方面から募集してきた労務者を飯場に収容し、通称タコと呼ばれた者によって行なわれた。
 労務者は、人権を無視された過酷な取り扱いを受け粗食と重労働で病気にかかる者も多く、医薬も与えられず体罰を加える、そして使役不能とみたものは一定の箇所に監禁し、死者はそのまま次々と大きな穴の中へ投入してしまうという残虐非道なことが公然と行なわれたといわれている。このずい道工事中百数十人の若者が犠牲となり、ずい道に埋められている。
 常紋信号場が開駅してから、だれ言うとなく「雨の日に常紋トンネルを通ると“腹へった、ママくんろ”という声が聞こえる」「機関車の前に血だらけの男が立ちはだかった」「常紋駅長の官舎の床の間にタコの幽霊が出て何代もの駅長を苦しめた」などの話しに国鉄職員の人事異動にも大きな影響を及ぼした上、現実にはトンネル内でしばしば起こる急停車事故によるダイヤへの影響を憂慮した国鉄はその鎮魂のため「歓和地蔵尊」を建立して供養を行なった。
 「歓和地蔵尊」が建立され、その後毎年供養が重ねられたが幽霊話は根絶しなかった。昭和45年9月10日、2年前に起きた十勝沖地震でヒビ割れの入ったトンネルの修理工事とマンホール(待避所)の改修工事の時、マンホールの壁の内側から立ったままの形の人骨が発見された。以下、国鉄職員の証言である。
 『私は、事故防止の国鉄職員の責任者だったので、毎朝汽車の通る前、午前六時に見回るんです。工事は汽車の通らない夜やって、朝あがったんです。九月十日の朝、行ってみたら、土留が破れそうになって、下から石が流れ出してたわけです。これはたいへんだと思って、ボッコを探したんです。ちょうど手ごろのものが、下にあったので、手にとって見たら、骨だったんです。足の骨です。あわてて、玉砂利の上に手をやったら、何やら頭蓋骨らしいものがあったんで、ヘルメットに入れて持って出たわけなんです。ふるえる足で走って外に出ました。そこにいた工事人夫たちに見せると、「ああ、こりゃあ人柱だ」「やっぱり、うわさ通り、人柱が立っていたんだ」と口々に言ってました。すすで真っ黒になっていた頭蓋骨を洗ったら、手拭だか、包帯だかわかんない布切れが、右後頭部についてたんです。その布切れをとったら、傷あとがありました』と証言している。
 この事実はまさしく「人柱伝説」は架空のものではなく、文字や記録するすべてを奪われた最底辺の民衆が「幽霊伝説に歴史を入れて伝承した」民衆史運動であった。