/home/アマチュア無線/アワード・コンテスト情報

<SITE MAP>  taniyan's homepage


アワード・コンテスト情報


このページでは、各種アワード、コンテストの情報を紹介します。JH0HYX発行のQSLは、下記アワードに使用できるように必要事項を記載して発行していますので、どうぞご活用ください。


「道の駅アワード」 (久慈サンキスト倶楽部 (CW: RSxx) <有料> [QSL記載:スタンプ(コピー不可)、道の駅番号]

 移動運用サービスの定番となっている、「道の駅アワード」。私も長野県内中心に各「駅」からQRVしています。(ほとんどCW) ご希望「駅」があればご連絡ください。道の駅移動局との交信の他、自局が道の駅から交信した場合など、いろんな種類のアワードが発行されていますので、詳細は道の駅アワード公式Webサイトでご確認ください。

 このアワード、移動サービスする側としては、自局QSLに「道の駅スタンプ」を押して発行しなければならないので、売店の営業時間(スタンプはたいてい売店の営業時間内しか押せない)との勝負。あらかじめ押しておいて、足りなくなったり余ったり。。突然の「CL73」、スタンプ切れだと思ってご勘弁を^^;)。 スタンプコピーでOKにしていただけるとありがたいんですけどねぇ:)

サービスされる各局、主催者からのコメントにもありますが、下記のポイントを考慮しましょう。

・スタンプは「レポート面」におしてあげましょう。(アワード申請に、スタンプ+レポートのコピー提出が必要)

・レポート面には、県名、道の駅番号および道の駅名称を記入しましょう。(事務局の処理効率化のため)

  (例: 「道の駅 長野09-39 美ヶ原高原美術館」)

 


「日本の川アワード」 (JK3ZIK 枚方アマチュア無線クラブ <有料> [QSL記載:QTH(市区町村)]

 指定された河川(全国127河川:2009.5現在)の、「源流のある市郡(区町村)」+「河口のある市郡(区町村)」+「特定カード(クラブメンバー局)」との交信で、1つの河川を完成させるというアワード。単純に、その場所の移動局だけでなく、クラブメンバーとQSOしなければ完成しないのがミソ。詳細は、枚方アマチュア無線クラブWebにてご確認ください。

信州では、下記ポイントがリストされています。自局移動の際は、アワードにご活用ください。(QSLには、QTHが明記されていればOK。河川番号等の記載は必須ではない)

・K004:千曲川(源流) 長野県南佐久郡川上村( 〜日本海)

・K004:千曲川(河口) 長野県下水内郡栄村( 〜信濃川経由日本海)

・K006:姫川(源流) 長野県北安曇郡白馬村( 〜日本海)

・K202:富士川(源流) 長野県諏訪郡富士見町( 〜太平洋)

・K206:天竜川(源流) 長野県岡谷市( 〜太平洋)

・K208:矢作川(源流) 長野県下伊那郡根羽村( 〜太平洋)

・K210:木曽川(源流) 長野県木曽郡木祖村( 〜太平洋)

 海のない長野県なのに、K004千曲川には「河口」があります。これは、千曲川が新潟県にはいったところで「信濃川」と名前を変えるため。信濃の国、長野県を流れているときは「千曲川」、越後の国、新潟県に入ったところから「信濃川」とは。。日本一長い川の七不思議です^^)。ちなみに、日本一長い川は「信濃川」ですが、実際は「千曲川」+「信濃川」の長さをあわせて日本一になります。(関係規定では、両河川をあわせて「信濃川」と定義する場合もあるそうな)


「日本の峠賞」 (JR9FME)  (CW: Pxxxx) <有料> [QSL記載:峠番号+峠名]

 指定された「峠」から運用する局と交信する、「峠アワード」(正式名称:日本の峠賞)。「峠」移動局と交信する「峠賞」と、自局が「峠」から移動運用する「移動局賞」とがあります。全国4000ヶ所の峠が書かれた「Aファイル」と、新規調査改訂中の「B ファイル」(現在約1100→2000ヶ所)の、合計約5000→6000ヶ所のなかから、50ポイント交信するとアワード発行、以降50ポイント毎にステッカーが発行されます。バンド、モード特記もあり。山国信州から運用するのには、うってつけのアワードです。

 「峠」といっても、車道がない場所など難所もたくさん。運用場所の規定も厳しく、峠の頂上から200m以内で運用する必要がある。ただし、峠の頂上をトンネルが貫いている場合、そのトンネルの長さが500m以内の場合に限り、トンネルの出口から100m以内の場所で運用 することも認められている。鳥居トンネルなどのように、全長500mを越えるトンネルの場合は、峠の上まで移動する必要がある。移動局QSLには、峠名称(A ファイルに記載されている峠の場合は、「Axxxx峠番号」+「峠名」、Bファイルに記載されている峠の場合は、「B:峠名」+QTH)の記載が必須。(電子QSLは不可)

 本アワードは、JR9FME局が発行するプライベートアワードです。申請書、峠リストなどが必要な局は、「jr9fme(アットマーク)jarl.com」まで、電子メールでお問い合わせください。(件名:「日本の峠賞の件」とするとFBでしょう) 今のところ、峠アワード公式Webサイトはないとのことです。(2009.5現在)

JR9FME局より、アワードルール、峠ファイルおよび申請書類の掲載をご承諾いただきました。ただし、申請される方は最新版アップデートが出ていないか、事前にご確認ください。

※峠リストA/Bアップデートしました。Ver3.5 2012.6.18版

「日本の峠賞」資料(XLSオリジナルファイル) Ver3.5 (2012.6.18)

「日本の峠賞」資料(PDF) Ver3.5 (2012.6.18)


「飛地賞」 (JR9FME) <有料> [QSL記載:飛地名(番号)、緯度経度、GL、県名]

  日本全国に存在する「飛び地」から運用する局と交信するという、実にユニークなアワードです。飛び地とは、同一市町村であるにも関わらす、あいだに他の市町村が割り込み、分断されている場所。飛び地から運用する局と交信する「飛地賞」、自局が飛び地から移動運用する「移動局賞」などがあります。20ポイント交信するとアワード完成、以降10ポイント毎にステッカーが発行されます。

 長野県内では、下記3ポイントがリストされています。他に飛び地の情報がありましたらお知らせください。

  ・09−01:長野県上伊那郡南箕輪村

  ・09−03:長野県佐久市(旧臼田町大字平林)

  ・09−04:長野県上伊那郡辰野町(塩尻市の小野神社のそば)
 

 本アワードは、JR9FME局が発行するプライベートアワードです。詳細は、J R1BFG局のWebサイトに記載されていますので、そちらをご参照ください。(Top Page -> Award -> 飛地賞)  

※同サイト掲載ファイルが削除されたようなので、下記転載させていただきます(2014.1.5)

Tobichi20060503.zip(XLSオリジナルファイル。2006.5.3版)


「日本の道アワード」 (JH3YAA 近畿大正会 <有料> [QSL記載:QTH(市区町村)]

  一般国道(全国459路線)の、起点、終点、およびその国道の経由地となっている市郡(区町村)と交信するというアワード。路線賞は、起点と終点との交信で1路線完成。アワードは、1路線毎に発行されます。さらにその国道が走っている区間の全市郡(区町村)と交信する路線パーフェクト賞。そのほか、マイレージ賞(路線を完成していき、規定の距離を積算する)など。詳細は近畿大正会のWebSiteをご参照ください。

 長野県内にも、起点、終点および経由地が多数存在します。常置場所松本市は、下記の路線としてご使用いただけますので、JH0HYXのQSL、ご活用ください。(QSLには書ききれないので、同会Webにあるリストをご参照ください)

・起点: R143

・終点: R147, R158, R254, R403

・経由地: R19


「ウォーターフロントアワード」 (JH3YAA 近畿大正会  (CW: WFxxx) <有料> [QSL記載:QTH(市区町村)]

  「湿地」をテーマにした湿地アワード:)。ラムサール条約などで規定された水鳥の生息地などがポイント。ラムサール賞、水辺賞、なぎさ賞など、指定リストの市区町村との交信が条件。メンバー局との交信も必要。ただしその「湿地」の近傍でQRVする必要はないので、WF番号などがQSLに記載されていなくても有効。松本市は「乗鞍岳湿原(WF−198)」がリストされていますので2012年11月以降の常置場所QSLご利用ください。


「JIA Japan Island Award」 (JARLつしまクラブ) <有料> [QSL記載:JIA島番号、島名]

 全国の「有人島」からQRVする局と交信するアワード、国内版IOTAです。JARLつしまクラブが定める「島リスト」には、全国300を越える有人島が掲載されており、50島賞、100島賞、200島賞、300島賞および全島賞などがあります。海のない信州からはサービスできませんのであしからず。

 詳細は、JH6KEE局のWebサイトに記載されていますので、そちらをご参照ください。


「Japan Desert Islands Award (JDIA)(日本無人島アワード)」 (JR0ZDR 蜻蛉アイランドフリーク) <有料> [QSL記載:島名、(島番号)]

 全国の「 無人島」からQRVする局と交信するアワード。無人島ということは、当然定期航路など無く、運用するには相当の努力が必要になることでしょう。MM移動局がほしくなるところですが、小型船舶免許はあれど船は無し。

 信州長野県には海はないのですが、湖水にある島もOKなようですので、諏訪湖花火大会の発射台がある「初島」もリストインするかも。あ、人工島はダメなんですね。残念。

 詳細は、「日本無人島アワード」公式サイトをご参照ください。 (2011年7月受け付け開始) ※公式WebサイトのURLが変わりました(2013/12〜)


「湯けむりアワード」 JR4ZUL(グループ友(ゆう)  (CW: YUxxxx) <有料> [QSL記載:湯ナンバー、温泉地名]

 2012年4月に始まった、温泉地をポイントにした「湯けむりアワード」。温泉地の数、信州は北海道に次いで全国第二位。月に数回は日帰り温泉を楽しんでいますが、これからは無線も楽しめそうです。峠や川など、いろんなものをテーマにアワードが発行されていますが、温泉アワードとは、グッドアイディア。 2013年4月1日から、新しい温泉ポイント(リストB:YU2001〜3860)が追加されました。

 信州の温泉を楽しまれる方へお願い。湯船、特に露天風呂ではおしゃべりはやめて、水の流れや小鳥のさえずりを楽しんでください。癒やしを求めて訪れた温泉で、他人の世間話を 長々と聞かされては、せっかくの名湯も興ざめです。

 詳細は、JR4ZUL公式サイトをご参照ください。


「湖沼賞」 (JR3LCF)  (CW: LAxx) <無料> [QSL記載:湖沼番号、(湖沼/ダム名)]

 2012年9月30日からスタートする「湖沼賞(こしょうしょう)」、いわゆる「湖アワード」です。峠や川など地図に載っている特徴点をテーマにしたアワードがたくさんありますが、これは湖(湖沼・汽水湖やダム湖も含む)が対象です。各都道府県で約20ヶ所(北海道は約40ヶ所)、合計約1000ヶ所の湖沼が対象になるようです。順次リスト更新中。WAJAに相当する賞、湖水賞(50、100、200…)があります。

 リストされているポイントは、結構マイナーな場所が多く、無線をやっていてもひんしゅくをかわずにすみそうな配慮が感じられます。また申請料が無料(送料実費のみ)と、 VY FB!:) 。

 詳細は、湖沼賞公式サイトをご参照ください。


「小さな市区町村を集めてみま賞(ぷちアワード)」 ( じゃぱん ひなたぼっこの会)  (CW: PAxxx) <無料> [QSL記載:QTH(市区町村)]

 2013年1月1日から2014年12月31日までの期間限定アワード。全国47都道府県で、人口の少ない10市区町村と交信するというアワード。メンバー局との交信も必要。 申請料は「無料」(送料実費のみ)です:)。

 申請リストにはその町の特産品などが書かれています。移動QRVする局は、主催者の意図をくみ、地元経済振興に是非貢献していただければと思います:)。


「ふるさと富士アワード」 ( ふじのくに静岡アマチュア無線グループ)  (CW: Fxxnn) <有料> [QSL記載:「ふるさと富士名称」+「山名称」]

  富士山世界遺産登録を記念して発行されているアワード。2013年8月1日以降の交信が有効で、限定1000枚発行。いわゆる「おらが富士」が存在する市町村との交信が有効。QSLには、「ふるさと富士名称」と「山名称」の両方記載されていることが条件なので注意。(番号のみだと無効)

  松本市にも二つふるさと富士があるそうで、、知らなかった:)。常置場所から運用するときは、交互に記載したいと思います。


「終着駅は始発駅」 ( The International Award Chasers Club)  (CW: SSxxx) <有料> [QSL記載:駅番号、駅名]

 鉄道の駅をテーマにしたアワードです。2014年1月1日から2015年12月31日までの期間限定。通称「始発駅アワード」?。盲腸線の終着駅(あえて始発駅とよんでいる)1km以内の運用局がポイントになる。貨物駅や青函トンネル竜飛斜坑線など、超マニアックなポイントがたくさんあり、リストを見ているだけでも感心します。終着駅といっても、函館駅や富士山駅(旧富士吉田駅)のような、 往路と別経路で乗り継げる駅は対象外。アワード開始後に廃止される、江差駅(始発-19/2014年5月廃止)などは、廃止後も有効。

 さて、宮脇俊三氏の「終着駅」、また読み返してみましょうか。


「アワード<ふるさと信州“村”>」 (JR0ZFD 千曲アマチュア無線クラブ <無料> [QSL記載:QTH(村)]

 信州に35ある「村」で運用する局と交信するアワード。平成の大合併前(H15)は67村あったのが半分ほどになってしまいましたが、それでも全国47都道府県の中で、最も村の数が多い県の地位を維持しています。金銀銅賞がありますが、金賞はその村の固定局(常置場所局/もしくは主催クラブ局)との交信を要件としており、相当難関?!。災害時、山村部との通信確保訓練も兼ねようという、山国信州ならではのアワードです。


<発行終了したアワード>

「日本百名城(東京歯科大学創立120周年記念アワード)」 (東京歯科大学ARC)

2011年2月申請受け付け終了

 全国の「百名城」が存在する市区町村からQRVする局と交信するアワードです。 アワード完成要件は、主催者社団局(JA1YUC)または同記念局(8J120TDC)との交信+百名城がある50以上の市区町村との交信。以降10城毎にステッカーが発行され、100城コンプリートで完成です。2010年12月末(または500枚発行完了)までの限定発行とのことですので、お急ぎください。

 長野県内では、下記の5市がリストされています。松本市にも、日本に四ヶ所ある国宝城郭の一つ、国宝松本城がありますので、常置場所からのQSOも、どうぞアワードにご活用ください。

 ・26:松代城 長野県長野市(0901)

 ・27:上田城 長野県上田市(0903)

 ・28:小諸城 長野県小諸市(0908)

 ・29:松本城 長野県松本市(0902) ←JH0HYX常置場所

 ・30:高遠城 長野県伊那市(0909)

 詳細は、東京歯科大学ARCのBlogサイトに記載されていますので、そちらをご参照ください。


「昭和の町アワード」 (昭和の町アワード委員会

 長野県では、松本市との合併話が持ち上がっている、東筑摩郡波田町がリストされていましたが、2009年4月でアワード終了したようです。


「静岡県@鉄道の駅アワード」 (静岡県@鉄道の駅アワード実行委員会

  「駅」といえば、本来鉄道の駅のことですが、あえて「鉄道の駅アワード」と冠名されたのは、アマチュア無線界では「道の駅」が圧倒的にメジャーだからですね。2008年3月末で発行受け付け終了したようです。


taniyan's ham radio page アマチュア無線のページ へ戻る


taniyan's homepage  taniyan's homepageへ戻る    (c)JH0HYX    Updated on 2014/11/09