高校生向け電子辞書

電子辞書大研究英語充実モデルの比較手のひらにコーパスを—SR-E10000の活用事例電子辞書徹底活用—和文英訳編
「辞書」について考えるトップ院試塾トップ

高校生向け電子辞書

電子辞書メーカー各社が最近力を入れているように思えるのが,高校生向けの機種である。高校生向け機種の特徴は:

  1. 古語辞典を収録
  2. 教科学習用コンテンツを収録

の2点にほぼ集約されるが,その他にも各社それぞれに収録コンテンツその他で工夫しているようである。また,大学入試センター試験に英語リスニングテストが導入されたこともあり,辞書の見出し語などの発音はもちろんのこと,音声面での訓練のためのコンテンツも収録されるようになった。ここでは,各社の高校生向け電子辞書を比較・検討して見ることにしよう。

各社の高校生向け電子辞書の概要

高校生向け電子辞書の主要コンテンツ一覧
機種名(Amazon.co.jpにリンク) Wordtank V35 SR-MV4800 XD-ST4800 PW-V9500
メーカー(各メーカーの該当機種ページへリンク) Canon SII CASIO SHARP
国語 スーパー大辞林 広辞苑
明鏡国語辞典 新明解国語辞典
英和 ジーニアス英和辞典
ベーシックジーニアス英和辞典 ベーシックジーニアス英和辞典
和英 ジーニアス和英辞典
英英 Oxford Advanced Learner's Dictionary COBUILD Advanced Learner's English Dictionary Longman Dictionary of Contemporary English Oxford Advanced Learner's Dictionary
英語特殊 徹底例解ロイヤル英文法 COBUILD句動詞/イディオム/語法/文法 英語類語使い分け辞典
英語語義イメージ辞典
古語 古語辞典 全訳古語辞典
漢和 漢字源 新漢語林 漢字源
学習 事典類 日本史/世界史/数学公式/生物/物理公式/化学 日本史/世界史/数学公式/生物/物理公式/化学反応式 日本史/世界史/数学公式/生物/物理/化学/化学反応式 日本史/世界史/数学公式/生物/物理/化学
暗記用など 英単語/英熟語/日本史/世界史/古文単語/漢字 英単語/英熟語 英単語/英熟語/日本史/世界史/古文単語 英単語/英熟語/日本史/世界史/古文単語/漢字
その他 英検/英語リスニング/英文法問題集/漢検 英語多読テキスト/センター試験英語会話表現/英語発音 英検/英語リスニング/漢字/古文単語 英検/英語リスニング/TOEIC
音声出力 スピーカ/イヤホン イヤホン スピーカ/イヤホン スピーカ/イヤホン

各機種の特徴

選ぶ際のポイント

高校生向け電子辞書はそれぞれに特徴があり,選ぶにも迷ってしまうが,学習用途によってある程度絞ることができる。いくつかのポイントに注目しながら,選ぶ際の基準について考え見ることにしよう。

国語辞典

電子辞書に収録されている国語辞典の大半は『広辞苑』であり,ここで挙げた4機種のうち,Wordtank V35を除く3機種が,やはり『広辞苑』を収録している。たしかに『広辞苑』は定評のある国語辞典であるし,もっとも権威あるものの1つであり,学習にも役立つものではあるのだが,用例の多くが古文であり,特に高校生の現代語の学習という目的との関係で言えば,用例も現代語中心であるほうがよいとも考えられる。

たとえば,「骨肉の争い」などというときの「骨肉」という語を『広辞苑』で引いてみると,「親子・兄弟などの血族。こつじく」とあり,今昔物語集から採った「弟・−ととても,心は許すまじきなり」という用例が挙がっている(これに加えて,「−の情」というのもある)。Wordtank V35に収録の『スーパー大辞林』を見ると,「血筋のつながっている人。親子や兄弟。肉親」という,『広辞苑』に比べるとおそらく高校生にはよりわかりやすい語義が載っている。ただし,用例は「−の情」1つだけで,この点ではやや残念と言うところか。一方,SR-MV4800やXD-ST4800に収録されている『明鏡国語辞典』を見ると,「親子・兄弟など,互いに血のつながりのある者」という語義に,「−の争い」という,おそらくいちばんよく見聞きするであろう用例が挙がっており,さらに他では独立見出しとなっている「骨肉相食む」も用例として挙げ,読みを「−相食(あいは)む」と入れたうえで「(=肉親どうしが争う)」と意味までジャンプなしで確認することができる。

さらに,「病に倒れる」などと言う場合に使う動詞「倒れる」について見ると,『広辞苑』は「病気・災害などのために患う。また,死ぬ」という語義に,現代語の用例では「病に−・れる」「いくさに−・れる」を挙げているのに対して,『明鏡国語辞典』は「病気になったりして,床につく。特に,病気になったり人の手にかかったりして命を失う。死ぬ」と解説したうえで,「脳溢血で−」「テロリストの凶弾に−」「−・れて後(のち)已(や)む(=死ぬまで努力し続ける)」という用例を挙げており,やはり語義解説が詳しく例文も適切であるように感じられる。なお,『スーパー大辞林』では,「病気になって臥す。わずらって床につく」と「事故などで(急に)死ぬ。殺される」という2つの語義に分けている。

英和辞典

英和辞典は全社とも『ジーニアス英和辞典』を採用しており,この点での違いはない。英和・国語のW辞書収録を売りにするSIIのSR-MV4800は他に『ベーシックジーニアス英和辞典』も収録しており,この辞典にはカナ発音など初学者に対する配慮も見られる。もちろん,この2冊の間でもジャンプ機能が使えるので,いったん『ジーニアス英和辞典』で引いてみてわかりにくければ『ベーシックジーニアス英和辞典』にジャンプしたり,『ベーシックジーニアス英和辞典』から出発してより高度な説明がほしいと思えば『ジーニアス英和辞典』にジャンプする,といった使い方も可能である。

また,この辞典は『ジーニアス英和辞典』の単なる簡約版ではない。もちろん,例文などには共通するものも含まれているが,高校生の学習ニーズを考慮したものであると言える。たとえば,初学者には意味の全体像がつかみにくい動詞の1つであるidentifyについて,『ジーニアス英和辞典』が「2つのものがぴったり重なる」という本義を挙げているのに対して,『ベーシックジーニアス英和辞典』では,図解を用いてよりわかりやすく説明している。この図は,Wordtank V35に収録されている『英語語義イメージ辞典』の「付帯情報を情報源本体と照合して同一と見る」という説明と比較しても圧倒的にわかりやすいもので,このような図を参照しながら語義を大づかみにする訓練をすることは,学習上きわめて有効であるだろう。ただ,しいて言うなら,『ベーシックジーニアス英和辞典』では語義の図解がやや少ないように思われる。図解の量については,電子辞書未収録の『Eゲイト英和辞典』(Benesse)が多いように感じる。

語法記述についても見ておくことにしよう。suggestを引き比べてみる。この動詞の語法のポイントは以下の点に集約できる。

  1. 「それとなく言う」の意味では直説法のthat節を,「提案する」の意味では仮定法現在またはshouldを含むthat節をとる。
  2. 「<人>に」に相当する要素を間接目的語とすることはできない。
  3. 提案内容をto不定詞で表すことはできない。

『ジーニアス英和辞典』では,「[SV (that)節]…だと暗示[示唆]する」という語義に,「that節の中は直説法」と注意をうながしたうえで,Her remarks ~ed her anger [~ed (that) she was angry].という例文を挙げ,あわせて「that節の中に仮定法現在,shouldを用いて*... (that) she (should) be angryというのは誤り」としている。「提案する」については,[SV (to O) (that)節/SV (to O) wh節・句]<人が>(O(<人>に)…しようと[…かを](控えめに)提案する;[SV (O's) doing<人が>…しようと提案する」という語義の箇所で,I('d like to) ~ (that) we start now. =I('d like to) ~ starting now.という例文を挙げたうえで,「*I ~ to start now.は不可」と注意している。また,同じ語義にはThey ~ed [It was ~ed] to him (that) he (should) go alone.という例文もあり,これには「*They ~ed him (that) .../*They ~ed him to go .../*He was ~ed to go ...の文型は不可」と綿密な例を挙げているが,それぞれの例がなぜいけないのかに関する記述はない。

一方,『ベーシックジーニアス英和辞典』では,「[suggest (that)節]…だと暗示する」についてはthat節内の動詞について特に注意はない。例文は『ジーニアス英和辞典』と同じものになっている。「[suggest (to A) (that)節 / suggest wh 節・句](A<人>に)…しようと(控えめに)提案する」については,「that 節の中は動詞の原形,または((英))では should を用いる」と説明し,「仮定法現在」という用語を避けている。初学者に対する配慮と言えるだろう。ただし,いけない形の例は挙がっていない。

以上から考えると,『ベーシックジーニアス英和辞典』は初学者にいろいろな配慮をしているよい辞典であると言えるが,本格的に勉強するようになるとやはり記述が物足りない点は否めない。こうした意味でも,『ジーニアス英和辞典』と併用するのが適切だろう。

和英辞典

和英辞典は各社とも『ジーニアス和英辞典』で変わりはないなお,『ジーニアス和英辞典』の特徴については電子辞書徹底活用—和文英訳編を参照のこと。

Presented by:
インターネット大学院予備校「院試塾」
Web Site: http://homepage1.nifty.com/inshi/
E-mail: hatayan.yasumichi@nifty.ne.jp