フードファイト


2000年7−9月連ドラ「フードファイト」のページ

2001年4月 フードファイトスペシャル

2001年9月 フードファイトスペシャル・深夜特急死闘編


スペシャルドラマのページ

ひつとの部屋


2001/9 「フードファイトスペシャル・深夜特急死闘編」

満(草なぎ剛)は宮園食品の会長である冴香(宮沢りえ)の計らいで園の
みんなといっしょに温泉旅行にきていた。いや〜かには食えるし〜
みんな楽しそうです。その中には、専属ドクター(筧利夫)や
麻奈美(深田恭子)の姿もあるのですね。
満と麻奈美は相変わらずの関係のようです。

さて、京都に向かう途中で、冴香の携帯電話が鳴る。
なんと、その列車に爆弾を仕掛けたというのだ。
どうやら、その列車には満たちしか乗っていない。
その爆弾を爆発させない方法は何かあるのか?
どうやら、1号車から7号車まで7ラウンドを戦い抜かなければならない。
え?いくらなんでも、ムリじゃないの?
そう思ったら、一応、一人はサポートをつけていいらしい。
でも、この列車に乗っているのは素人ばかりじゃない?
ドクターが胃液増進薬を持っていれば、役に立つぐらいか...
とにかく、戦いは始まった。

釜飯対決。どうやら事業に失敗した男(岸部四郎)のようだ。
すべてをうしなったからこそ力が湧くのだという男。
まるで、ルックルックこんにちはの司会者岸部四郎そのものだ(^^;
サポートは三好園長(八千草薫)がつくことになるが、まったく役立たず。
いや、持ち前のやさしさに相手のペースが落ちてしまう。
最後は、満が追い上げて勝利!
最初から何もなかった満が希望をもてるからこそ力が湧くのだ。

しゅうまい対決。どこかの食堂のおばさん(泉ピン子)のようだ。
彼女は姑にしつけと称していじめを受けて、味の感覚を失っていた。
まるで、渡る世間に鬼ばかりの泉ピン子そのものだ(^^;
サポートはかすみちゃん(平田裕香)がつくが、おばさんのパワーに
負けてしまう。はー。だめじゃん。しかし、満が追い上げて勝利!
しつけとは身を美しくすることなのだ。満の言葉でおばさんにも味の
感覚がよみがえったようだった。

まつり寿司対決。いまどきの少女(岩崎杏里)のようだ。
彼女は携帯をもったが友達がいなくて寂しい思いをしていた。
その寂しさを力にして食べまくるのだ。
サポート役は裕太。彼はかなりやる気だ。少しは戦力になってバトンタッチ。
あとは満が追い上げて勝利!しかし、途中、満は胃に激痛が走る。
人間所詮はひとりだ。寂しさを受け止めてこそ人を愛せるのだ。
少女はひとりかけがえのない人を思い出す。

試合終了後、満は激痛に顔をゆがめてしまうのですね。
またもや、胃潰瘍が再発してしまったのだろうか...
その様子に、麻奈美は戦いを止めるように言うのですね。
でも、やらないと...

おでん対決。腹話術師?アツヤ(いっこく堂)のようだ。
どうやら、彼は病気で温度の感覚を失ってしまっていた。
だから、熱いおでんも関係ナシに食べれるのですね。
サポート役は、着ました戦力のドクターです。
って、おなかを下して役立たず。はーだめじゃん!
さらには、人形も食べ出した。ありかよ...
だが、満はOK!を出すのですね。
そして、守りたいもののために勝てると。

そば対決。落語家?(桂歌丸)
笑点の歌丸師匠がごとく落語をはじめる余裕を見せる。
サポートは麻奈美。愛のために満のために食べ続ける。
そして、見事勝利!を。マジで1回休めたぜ!
私の心はメルヘンよ!麻奈美のきめせりふです。
意味はないんだけどね。

サバ寿司対決。相手は...なんと、これまで料理を運んでいた
水島ちひろ(榎本加奈子)なのですね。彼女は味方になるフリをして
実は敵側の人間でした。
しかし、彼女がそれほどまでに食べれるのは...
なんと、医者に3ヶ月の命を宣告されていたのですね。
どうせ死ぬなら、いくらでも食べれる...ん?満が気づく...
今にも死にそうな重病人がそれほどまでに食欲があるものか!
ドクターの診断も加わって、ちひろがだまされていたことに気がついた。
すると、ちひろは満の応援に回るのだが、
満は...もう胃が限界だった。

そんな満を励まそうと冴香が、この旅行の本当の目的を教えるのですね。
満に満の妹を紹介したかったのだ。彼は天涯孤独だと思っていたが、
妹がいたのだ。

最後の一粒がたべれないで苦しんでいるところ、
九官鳥の久太郎がやってくる。満はちひろに勝つことができた。

そして、ラストバトル!牛飯弁当対決。
あやしいオヤジ(萩本欽一)が相手だった。
こいつは、やさしい顔をした悪魔だった。
こいつこそが、ちひろをだましていたのだ。
そして、爆弾を仕掛けた張本人だった。
さらには、大きな胃と強烈な胃酸をもつ男だったのですね。

満が負けそうになり、オヤジは悲しい顔をする。
あまりにも弱すぎる...
オイオイ。満はこれまでたくさん食べてきたのだぞ。
と思ったら、このオヤジも満と同じだけを裏で食べていたのですね。
そう、圧倒的な強さを見せて、オヤジが勝利してしまう。
え?それじゃあ〜みんな死んでしまうのか...
いや、オヤジは脅していただけだったのですね。
そう、人が苦しむのを恐怖を感じるのが楽しいのだろう。
そして、満と対戦するのが楽しみであるようでもあった。
そのオヤジの決め台詞は、オレの胃袋は大宇宙だ!

さて、そのオヤジだが満の妹を預かっているという。
満の妹も大食漢で屋台で50万円も使ってしまうほどだった。
え?まさか...これは満の家族なのだろうか?
あの冷酷なオヤジは満の親父だったりするのか?
そのなぞを残したまま今回は終了する...
って、続編を作るってことですよね?>日本テレビさん!

数日前、TBSのバトルフードクラブIIのリアルフードファイトを
見たばかりなので、今回のフードファイトは普通に見えてしまいました(^^;
7ラウンドは多すぎじゃないかな〜
今回はちょっと対戦相手にもパワーを感じませんでした。
まー。ガツガツ食える役者ってのはなかなかいないんでしょうが...

スペシャルドラマのページへ


2001/4 「フードファイトスペシャル」

2000年7−9月連ドラ「フードファイト」のページへ

最終回では、満(草なぎ剛)は死んだのか?なんて思われたが、最後まで
平らげた牛丼がすべてを語っていた。満は生きていたのだ。だが...

宮園総合食品の会長となった冴香(宮沢りえ)は、自社株が買い占められて
いることに気がつく。買い占めている相手は、中国マフィアのウォン(筒井康隆)
なのですね。冴香は自社の危機を感じ取り、ウォンに電話をする。すると、ウォンは
自分の会社で行っているフードファイト香港版において、お客さんがNo1は日本だと
言い始めたというのですね。そして、過去のフードファイターのひとりでもある
カルロス岡村(羽賀研二)も日本には勝てないと。

ウォンは香港のフードファイトの権威を高めるために、冴香に挑戦状を
叩きつけてきたのだ。冴香はさっそく満、父であり酒を飲むほどオオぐらいの
菅原(さだまさし)、アイスドール・雪子(桜井幸子)を呼び寄せるのですね。
フードファイター専属ドクター(筧利夫)が探し出すのだが、どうしても満だけは
みつからないのですね。そこで、九太郎(九官鳥)に満の捜査を頼みこむ。

そして、九太郎が満を見つけ出したのだが...満は記憶を失っていた。
そして、少年に助けられ、生活していたのだ。少年は病気の母親をひとりで
面倒を見ていた。

記憶を失った満は、フードファイトにはでないという。そりゃあ〜そうだよね。
しかし、冴香はチャンプの力が必要なのですね。記憶がなくても彼の宇宙の
胃袋があれば...冴香は満に少年の母親の手術の費用をみるかわりに、
フードファイトに参加するように言うのですね。

満は考え込むが、少年の母親が...特別な存在であることに気がつき、
フードファイトに参加することにするのですね。そして、香港で麻奈美(深田恭子)と
うりうたつの美鈴(深田恭子)と出会うのですね。ん〜彼女は誰かに追いかけ
られているようです。

そして、対戦のときがきた。3vs3で合計何枚食べたか?が勝負になるのだ。
まず最初は、チャウレイ(安達祐美)なのですね。同情するなら金をくれ。
はい。家なき子の鈴ちゃんです。そして、愛犬のリュウ...ではなく、トラと
一緒に登場です。って、いぬが食べた分も加算されるなんてずるいぞ!
でも、菅原ならば...と思ったら、彼は酒で肝臓がやられていたのですね。
ん〜。菅原の健闘も空しく、僅差で負けてしまいました。でも、これは団体戦です。
あとの2人で抜けばいいのです。

第2戦。アイスドール雪子の出番ですね。もう、彼女の冷気に包まれながら
冷たいデザートをバカバカ食べれる人なんていません。
ところが、チャンワールン(河村隆一)もまた恋愛で人を信じれなくなり、
冷たい心を持つ男だった。その気持ちに共感した雪子は涙を浮かべて
食べれなくなってしまう。そう、胸いっぱいなのですね。そのとたんに、
チャンがバクバク食べ始める。すでに、雪子の冷気が利かなくなり、
チャンの圧勝。

第3戦。いよいよチャンプの出番だが、実は彼には宇宙の胃袋が元に
戻ってはいなかった。ん〜。大丈夫なのか...

そのころ、満を助けた少年の母親の手術が始まろうとしていた。
執刀医は家なき子でおなじみの片腕の名医・黒崎(京本政樹)が
執刀しているのだ。しかし...少年の母親はマネキンだった。少年は
いなくなった母親の変わりにマネキンを世話することで平静を保っていたのだ。
しかし、彼も新しいスタートを切らねばならないことを知っていたのですね。
そして、それは満もわかっていた。だから...先生に頼みわざと手術を
失敗してもらうのですね。そして、少年はマネキンを卒業できた。

じゃあ〜。満はどうなのか?依然として記憶がもどらないままでいた。
だが、麻奈美に似た美鈴が「食べて!」そのひとことに動かされる。
香港チャンプのリョン(小川直也)も善戦するが、満にはかなわない。
リョンも満に会うまでは、オレの胃袋は宇宙だ。といっていたが、
満は第1戦第2戦のハンデを挽回して大逆転勝利。
そして...宇宙は2つ必要ない。見事勝利しました!

スペシャルドラマのページへ