アルバム未収録曲に関する研究

<尾崎亜美研究室のMENUに戻る>


Last Updated:2009/11/21

<アルバム未収録曲について>

 ここは、亜美さんのアルバム(オリジナルアルバム)未収録曲について研究するページです。なお、アルバム未収録曲は私が把握している限り以下の通りです。

 マイピュアレディ  (ベストアルバムに収録)
 サンライト  (ベストアルバムに収録されました)
 回転木馬 (ベストアルバムに収録されました)
 My Shiny Town (ベストアルバムに収録されました)
 海(女)〜空(男)へ
 恋するマリンパーク  (ベストアルバムに収録) 
 そっと“I Love You” (ベストアルバムに収録)
 悲しみはビートに変えて (ベストアルバムと、アニメサントラに収録)
 世界中の羊数えさせないで (アニメサントラに収録)
 風の Native Land 
 衝撃のベクトル
 I Wanna Do More (ベストアルバムに収録)
 Should I Do ?

 ウーパーダンシング(パピ名義)
 ポンキッキハテナたいそう 〜ハテナの国から〜 (パピ名義)
 桃源郷からコンニチハ(桃姫名義)
 神様お願い(桃姫バンド)

  「マイピュアレディ」は、デビュー当時在籍していた東芝EMIから発売されているベストアルバムにはもれなく収録されています。また、ニューミュージックのヒット曲を集めたオムニバスなどでもよく見かけますので、シングル盤が入手できなくても、聞くことはできます。困るのはポニーキャニオンの方で、ベスト盤ばかり数種類発売されており、それぞれちょっとずつ収録曲が違います。

 それと、シングルバージョンはアルバム収録の物と別バージョンの事が多いのですが、こういうのを集めたベストアルバムを作っても面白いのですが。


 
☆マイピュアレディ

 ご存じの通りの大ヒット曲。「資生堂」の春のキャンペーンテーマ曲になり、ヒットチャートのベスト3にも入ったらしいです。(ClubAmiiのBiographyによる) 最初、亜美さんにはシンガーとしての依頼が来たらしいですが、「私が作っちゃだめですか?」という亜美さんの一言から、作詞・作曲・歌の3役担当になったと、ラジオで伊藤強さんがしゃべってるのを聞きました。真偽は定かではないというか、どうやら「偽」らしいのですが、もしかして製作側ではいったんそういう企画もあったということかもしれません。なお、このCMに登場してたのは小林麻美さんだったのですが、それを亜美さんだと勘違いした人が、当時は多かったそうです。なので、当時のコンサートは、幕が上がると同時に「あれぇ〜?」という客席のざわめきが聞こえたというのは、亜美さん本人の話。かなりタイプが違いますものねぇ。

 曲に関しては、ボサノバ風です。正直なところ、「大ヒットした」というイメージしか持ってなかったので、後年じっくりと聴いてみたら、「こんなに静かなアレンジだったっけ?」と驚きました。ちなみに、アレンジは松任谷正隆氏です。これで、この大ヒットだったというのは、CMで使われた最後の部分のメロディが余程インパクトがあったのでしょう。

☆サンライト

 シングル「マイピュアレディ」のB面。実は2000年にこのシングルを中古でゲットしたのですが、初めて聴いて結構気に入りました。軽い曲で、歌詞も大した内容を歌ってるわけではないのですが(失礼!)、ちゃんと聴かせるのはボーカルの実力です。アレンジは松任谷氏ですが、A面とは対照的で結構ゴージャスなアレンジです。A面の曲の世界と、イメージ的には上手く繋がってます。どちらも爽やかな世界ですから。

 CDには収録されておりませんでしたが、2002年6月に発売されたGolden Bestというベストアルバムに収録されました。

☆回転木馬

 シングル「ジェシー」のB面。かなり重たい曲です。私ですら、さほど聞く機会はありません。イントロのピアノからして、既に物悲しい雰囲気で、さらに物悲しいストリングスで締めるという、「落ち込みなさい固め」の技に落ちます。タイトルを見た時は、楽しい曲かと思ったのですが。なお、サンライトと同じく、2002年6月に発売されたGolden Bestというベストアルバムに収録されました。

☆My Shiny Town

 シングル「Love Is Easy」のB面。「KBS京都創立30周年記念キャンペーン We Love Beautiful KYOTO イメージソング」だそうです。発売は1981年5月ですが、私が京都に在住してた当時(1985年頃)にもKBS京都では、番組の合間にかかってました。サビがそのまま。

 実は、「この街には、魔法使い」というフレーズは覚えてたのですが、これがレコードになってたとは知らず、2000年に偶然入手したシングルで聞いて、「あ〜この曲だったんだぁ〜!」と判明しました。曲は、「これぞ尾崎亜美!」という感じのコーラスが特徴で、アレンジもなかなかいけてます。私はA面より好きだったりします。(日本語で検索する事を考えると「マイシャイニイタウン」とも書いておきましょう。)

 今でも月曜の朝はKBS京都で放送されてるそうでファンが多かったのですが、2009年11月18日に発売されたベストアルバム「尾崎亜美ベストコレクション」に収録されました。めでたい!

☆海(女)〜空(男)へ

 シングル「Deep」のB面。すごく不思議な曲です。聞き終わった後、「今の曲は、なんだったんだろう?」と、ポ〜っとする感じですから、シングル盤のB面には、およそそぐわないというか、もったいない曲。聞いたことのない人は、アルバム「プラスティックガーデン」の「Male,Female」とかを想像するとわかりやすいかな? こういう曲の解説を書こうとすると、自分の表現力のなさを痛感させられてしまいます。

☆恋するマリンパーク

 甘いラブソングです。亜美さんの曲は、単に甘いラブソングだと思わせて、案外深いドラマがあったりするのですが、これは本当に甘い甘い恋の曲。ジャケットはなんだかわからないイラストになってますが、これに塗り絵をするという企画もありました。私が持ってる「ベストセレクション」というCDには1曲目で収録されてます。25周年記念のベストアルバム(ポニーキャニオンの方)にも収録されました。時期的にはプラスティックガーデンを発売するちょっと前のシングルでした。

 なお、B面は「月の浜辺」で、Club Amiiのディスコグラフィーで、「Points収録のものとちょっとだけアレンジが違う」と書いてあるとおり、本当にちょっとだけ違います。私は初めて聞いて分かりました。(エッヘン!) が、アレンジが違うというよりは、ミックスが違うと言ったほうが正しいかも…。ストップモーションのアルバムバージョンとシングルバージョンの違いほどは違わないので、上級者向け?

☆そっと“I Love You”

 日立のエアコン(しろくまくん)のCM曲。イントロの出だしのシンバルの音とか、曲の構成を聞くと「ああ、こういうアレンジはいいなぁ」と思ってしまいます。曲のバックの演奏は結構シンプルなのですが、こういう深い味わいを作り出せるのだからさすが。実は、Club Amiiの「好きな曲」の人気投票で、私はこの曲に投票しました。好きな曲はそれこそいっぱいありますが…。当時のラジオ番組で、この曲をライブでやった模様が放送されたのですが、当日仕事で聞けませんでした。いまだに悔しい思いをしております。

 なお、ベストアルバムでは「CMネットワーク」というアルバムに収録されております。これはまだ入手可能なようです。ただ、シングル盤のジャケットが良いので(亜美さんの写真)、欲しい人はシングルもそろえると吉。

☆悲しみはBEATに変えて 〜Rise and Shine〜

 フジテレビ系アニメ「陽あたり良好!」の主題歌。私はアニメにはまったく興味がないうえに、当時寮生活だったので、まったく見てません。が、毎週ゴールデンタイムのテレビで亜美さんの歌声が流れてると思うと快感でした。この曲で尾崎亜美というアーティストを知った人も多いのでは? 名曲です。

 武道館公演のライブビデオ「合縁奇演」では、リハーサルの映像でこの曲を歌ってたのですが、本番のステージの演奏は収録されておりません。アニメの主題歌を意識したのでしょうが、こういうストレートでハードな曲を歌う姿は是非収録して欲しかったですが。(でも、別のTV番組でこれを歌ってるビデオ持ってるからいいけど) ジャケットに亜美さんの姿は無し。

 なお、一部のベストアルバムに収録されてますが、「陽あたり良好!」のサントラにもカップリングとともに収録されてます。

☆ウーパーダンシング(パピ)

 これは、日清焼きそばUFOのCMソングでした。当時流行ったウーパールーパーをキャラクターにした曲が、なぜ亜美さんのところに依頼がきたのでしょう? CMで使われたのはサビの部分ですが、出だしだけだと普通のPOPSに聞こえます。なお、パピというのは「あみ」という名前をパピプペポ語で発音したもの。(ってそんな言葉あるか?) ちなみに、シングルのB面は、バックの演奏は同じで、歌詞だけが「パピ語」のウーパーダンシングです。こちらの方は、一度聞いたら疲れてしまうような感じ。A面の日本語バージョンでのウーパーダンシングは、ベストアルバム「CMネットワーク」に収録されています。


☆ポンキッキハテナたいそう 〜ハテナの国から〜

 これについてはまったく情報なし。ポンキッキとついてるので、テレビでも放映されてたのでしょうが、当時は子供もいないのにポンキッキを見る習慣はなし、私はレコードでしか聞いたことがありません。ちょっとかわいい曲調ですが、これをメジャーコードにしてもっと派手にすると「お待たせキッズニュース」になります。ちなみに、シングル盤のB面は亜美さんの曲ではありません。ジャケットにも姿はなし。一応これも「パピ」名義です。普段のキャラクターから考えると、別にこれが「尾崎亜美名義」でもかまわないと、私は思いますが。 

<尾崎亜美研究室のMENUに戻る>



「太陽別館・午前零時の旋律」へ


ご意見/ご感想はこちらまで