トランジションの種類

先生「吉里吉里/KAGでサポートされているトランジションをざっと紹介しよう。KAGシナリオファイル中で使っているタグは後のトピックでも説明するけど、気になるなら『KAG Systemリファレンス』を調べてみると良いよ」

生徒「判った」

 

クロスフェードトランジション

先生「クロスフェードトランジションは、裏画面の画像データ全体をじわじわと表画面に移していくタイプのトランジションだ」

; 邪魔なのでメッセージレイヤを非表示にする

[layopt layer=message0 page=fore visible=false]

[layopt layer=message0 page=back visible=false]

; 背景レイヤの表・裏画面に画像を読み込む

[image storage="cafe_teria00.jpg" layer=base page=fore]

[image storage="jyuutakugai00.jpg" layer=base page=back]

; クロスフェードトランジション

[trans layer=base time=3000 method=crossfade]

[wt]

生徒「これって、一番よく見かけるトランジションだね」

先生「そうだね。シンプルだけど、それだけに多用するトランジションだと思うよ」

 

スクロールトランジション

先生「スクロールトランジションは、裏画面の画像データをスクロールさせ、表画面に切り替えていくタイプのトランジションだ」

; 邪魔なのでメッセージレイヤを非表示にする

[layopt layer=message0 page=fore visible=false]

[layopt layer=message0 page=back visible=false]

; 背景レイヤの表・裏画面に画像を読み込む

[image storage="cafe_teria00.jpg" layer=base page=fore]

[image storage="jyuutakugai00.jpg" layer=base page=back]

; スクロールトランジション

[trans layer=base time=3000 method=scroll from=left]

[wt]

生徒「スクロールする方向は…上下左右のいずれも選択できるんだね」

先生「うん。更にstay属性を使えば、表画面だけをスクロールさせたり、裏画面だけをスクロールさせたり…なんてことができるよ」

 

ユニバーサルトランジション

先生「ユニバーサルトランジションは、その名の通り汎用的なトランジションだ。このトランジションは、レイヤの表画面・裏画面の他に、以下のようなルール画像ファイルを必要とするよ」

■このルール画像は、後述のトランジションライブラリに含まれているものを使用しています。□

生徒「ルール画像?」

先生「ルール画像とは移り変わりのパターンを指定するものだ。まぁ、説明するより、実際にやってみた方が手っ取り早く理解できるだろう」

; 邪魔なのでメッセージレイヤを非表示にする

[layopt layer=message0 page=fore visible=false]

[layopt layer=message0 page=back visible=false]

; 背景レイヤの表・裏画面に画像を読み込む

[image storage="cafe_teria00.jpg" layer=base page=fore]

[image storage="jyuutakugai00.jpg" layer=base page=back]

; ユニバーサルトランジション

[trans layer=base time=3000 method=universal rule="左回り.png"]

[wt]

生徒「なるほど…ルール画像の黒い部分から優先的に移り変わっていくんだね」

先生「その通り。ルール画像にはもっぱらグレースケールのPNG-8形式ファイル(.png)を使うよ。ルール画像はレイヤの画像サイズと一致してなくても構わない。サイズが足りなければタイル状に敷き詰めた形で補完される」

生徒「先生、このルール画像って、いちいち作らないとダメなの?」

先生「吉里吉里ダウンロードページにトランジションライブラリ(ルール画像集)が公開されているので、まずはそれを使うと良いだろう。凝ったことをしたいなら、自分でルール画像を作る必要があるけどね」

 

拡張トランジション

先生「吉里吉里自体がサポートしているのは、クロスフェードトランジション、スクロールトランジション、ユニバーサルトランジションの3つだが、プラグインによって更に増やすことができるよ」

生徒「ええと、吉里吉里/KAGにはextrans.dllという拡張トランジションプラグインが同梱されているんだね」

先生「うん。extrans.dllはwave、mosaic、turn、rotatezoom、rotatevanish、rotateswap、rippleというトランジションを追加するプラグインだ。中には計算負荷の大きいものもあるので注意してくれ(以下はrotatezoomトランジションの例)」

; プラグインを読み込み

[loadplugin module="extrans.dll"]

; 邪魔なのでメッセージレイヤを非表示にする

[layopt layer=message0 page=fore visible=false]

[layopt layer=message0 page=back visible=false]

; 背景レイヤの表・裏画面に画像を読み込む

[image storage="cafe_teria00.jpg" layer=base page=fore]

[image storage="jyuutakugai00.jpg" layer=base page=back]

; rotatezoomトランジション

[trans layer=base time=3000 method=rotatezoom factor=0]

[wt]

生徒「ずいぶんと凝ったトランジションだね」

先生「拡張トランジションについては、『吉里吉里2 リファレンス』の『概要と各機能‐トランジションについて』を参照して欲しい」