バィンディングの取り付け
バィンディングの取り付けについて お答えいたします。
    これは、絶対のこのようにしなければ滑れないというものでは無く、 しかも、わたしの経験上、このように考えるといったものなので、その点をご了承ください。



    ?スタンスの幅について

     これは、絶対に何センチというものはありません。
     大体は、ボードの長さと、乗る人の体系で決まります。
     自分の身長が175センチで体重が68キロといったところで、
     155のボードで45センチにしてます。
     これは、元々ついているバィンディングの取り付け穴が、
     計8コずつあるうちの2、4列目ずつを使って取り付けています。

     その理由は、
     前、後ろ足共に後方にすることによって、 滑走中に後ろから前に力を加えて、
     より加速しやすいようにセットしているのです。 (これをセットバックといっています。)

     しかし、その弊害もあります。
     前足が後方に寄っている為、切り返し時にボードの
     コントロールがしにくくなるということです。
     要するに、ボードの滑走方向を決めるのは、
     前足ですから、前足加重がしにくくなるということです。
     ですから、始めは、前足は前よりに付けておくのが宜しいでしょう。

     そして、幅ですが、
     まずフリースタイルで、極端に広くセットしている人がいますが、
     その弊害と利点について考えて見ましょう。
     幅が広いと、エアーの着地の時に安定すると考えられます。
     それも一理あります。
     しかし、広すぎると、前足や後ろ足に体が寄りすぎて、
     バランスを崩しやすいのも事実です。
     着地の際は、ボードのセンターに乗って、次の滑走に直ぐに入れるのが、
     基本ですから、広すぎるのは頂けません。

     では、滑走中や、エアーのし易さについては、どうでしょうか。
     スタンスの幅が広すぎると、
     飛び上がる際に沈み込むとき、旨く屈伸力が使えなくなって、
     より高いエアーがしにくくなるでしょう。
     滑走中も雪面をしっかりとグリップするには、幅が広すぎても、
     しにくいのは当然のことです。

     結論としては、無理のないスタンス幅にすればよいということです。



    ?スタンスの角度について

     これも色々な意見があります。
     板の性能によってもかなり異なると思います。
     基本的には、ボードから靴がはみ出さない程度に横向きに乗るのが、
     板を踏みやすい訳ですが、ボードには、滑走方向というものと、
     フロント、バックサイドターンというものがあります。

     <視点1>boardを如何に強く踏みつけるか。

     椅子に座った状態で、
     爪先や踵に思いっきり体重をかけるには、適度に爪先側を開き、
     膝をしっかり曲げて体重を預けるようにします。
     この状態では、足の向きは、軽く開いたハの字の逆さまの状態になっています。
     しかし、これでは滑走方向が無視されています。

     <視点2>滑走方向に顔を向ける。

     滑走方向に体を向けると、
     一緒に腰が滑走方向を向いてしまい、 さらには、前足の膝が伸びて、
     後ろ足の膝が、曲がってしまいます。

     すると、体の重心は、後ろ足によってしまい、
     前足でのコントロールがしにくくなってしまします。
     ですから、顔だけを滑走方向に向けて、
     腰位置を前足の方向にずらすことを考えます。

     すると、両足に膝を曲げた状態にできて、 よりよく板が踏めるわけです。
     しかし、このとき、進行方向に多少、体が向いています。

     これを考慮すると、
     前足には、約20度から25度程度の角度がつき、
     後ろ足には、約5度程度の角度がつく筈です。
     これが、フリースタイルでのカービングのし易い角度という ことになって
     くると思います。
     しかし、人間は、個々に体系が違うので、これが正しいといったことでは
     ありません。

     <視点3>アルペンボードの特性

     アルペンボードで、ここまで横向きにセッティングしてしまうと、
     ブーツがはみ出してしまいますし、
     さらには、スピードに乗っているときに、バックサイド側の対応が 遅れます。
     そこでさらに、角度を前寄りにして、スピードに対応できるようにします。

     現在の日本人の平均体系からすると、
     前足55度、後ろ50度(私はこれ)。または、
     前50度後ろ45度、人によっては45度の40度。
     などのように、余り角度に差をつけずに、取り付けるのが主流の用です。

     要するに、自然体で乗って、如何にボードに力を加え安くするかという
     問題になって来るでしょう。

     <視点4>前足の角度の重要性

     前足の役割は、ターン時での方向の舵取りの役目があります。
     フロントサイドで、ターン弧が直ぐに作れないとか、
     バックで、ターン弧が作れず、踏みにくいなどの支障がある場合は、
     前足の角度を調整しましょう。
     前足にしっかりと加重をして、
     膝を外に開くとバックサイド、内側に入れるとフロントサイド側に、
     簡単に回って行くはずです。
     しっかりと前足の裏を板につけて加重して、直滑降で試してみて下さい。

     <視点5>カントやトゥーアップ、ヒールアップ。

     かつては、カントを入れて、後ろ足の膝を前足の膝に近づけることが
     流行りました。
     これは、膝を支点にすることで板を回しやすくするという発想です。
     確かに、一点中心になって、回転性はあがります。
     しかし、強く踏みつけるという理想が失われるばかりか、
     腰位置が、後方に下がってしまって、
     後乗りの状態になってしまいます。
     したがって、最近は、これは改善されてきました。

     カントは、がに股の人の矯正でしかなかったのです。
     もう一つ、爪先側だけに水平にプレートを挟み込むトゥーアップという
     セッティング方法があります。

     私は、前足側にこれをして、フロントで踏みつける時に、
     よりつよく踏みつけられるように10ミリアップをしています。
     後ろあしは、踵(ヒール)側に10ミリアップをいれています。
     これも、個々の体系によるといおもいますが、
     始めは、ベタでいいと思います。

    というわけで、とにかく結論がでるわけではありませんので、
    いろいろと考えて、ご自分にあったセッティングを見つけて下さい。

    では、また。


    ======== VET06135@nifty.ne.jp ==========
    ====== GECKO SNOWBOARD SCHOOL 布施修三 ======
    ==== TELFAX:O44-951-2243,TEL030-406-4422 ====
 
to SCHOOL  to HOME INDEX