さらに追求しよう

電気的なノイズまでとる!

 騒音の原因となる要因は、ビデオマシンからほとんど取り除くことができました。しかし! 最近になってHTPCにはまっている人々の掲示板などに顔を出すようになり、実は電気的なノイズというものが、PCが出す画や音を悪化させ、さらには全体を不安定にする要因だということがわかってきました。
 PC内部のノイズというと

 (1) 電磁波
 (2) 電流変動
 (3) 振動

となるようです。(1)はおなじみ。(2)はデジタル信号は電流の0-1変動ですから、大きく電流が下がったりすれば、ノイズになる、というものです。
 (2)は、マザーやパーツの適切な位置にコンデンサをつけるといった改造が必要になり、とても私の手の及ぶ範囲ではありません(いずれは、と思いますが)。
 (3)は、私も指摘されるまで気づきませんでしたが、電流が流れているものが振動すれば、とうぜん磁場が発生します。これがノイズになるわけです。

1.電磁波の発生源に対する対策

 これ、実は非常に簡単な方法があります。ノイズを出す大きな要因は、給電ケーブルです。なので、これを捻ります。向きは関係ありません。とにかく、ぐりぐりとよじっていきます。特に、ATXパワー・サプライのノイズは多いのだそうです。

 よじりまくると、こんな風になります。そのままだととぐろを巻いてしまうので、ビニルテープやシリコンテープでまとめます。ケーブルのとぐろは、つまりはコイルですから。
 あまりのケーブルは、マザーやVGA、サウンドから距離をとりましょう。電磁波は、距離の自乗に比例して減衰します。

 私がやっているのはこれだけですが、ファンはかなりの電気的ノイズを出すようです。ここに無極性のコンデンサを付けるなどすると、かなりノイズが減らせるようです。

2.振動の対策

 PCの中では、振動はすなわちノイズと言っても過言ではありません。特に、マザーボードの振動は、強烈にノイズを出すのだそうです。複雑な配線の固まりですから、指摘されれば確かにと思います。
 一般的には、制振は

重くする
振動吸収剤を使う

のどちらかで対応します。重くするのには、鉛シートが使われます。振動吸収は、ようするに振動のエネルギーを摩擦熱に変えるもので、ブチルゴムなどが代表的です。私は、両方使ってみることにしました。

 まず、マザーボード・ベースの表面に鉛シートをべったりと貼り付けました。これは、PC用として売られている東京防音のものよりも薄い、安価なものです。カーオーディオの「デッドニング」用途に売られているものをオークションにてロールで買いました。たっぷり余ってしまいましたが。細かく穴を開けるなどの加工が楽で、便利です。
 ごらんの通り、マザーボード固定用のスペーサー部分をのぞけば、ほぼ全面を覆っています。黄色く見えるのは、電源の振動をケースに伝えないためのスポンジですが、あまり効果はなかったようです。

 鉛は環境中に排出されると極めて毒性が強い金属ですので、余りを作らないようにします。私は、切れっ端を隅に押し込みました。効果も上がりますし、一石二鳥です。今回は、「鉄板に直接電磁波が当たらないようにシールド効果も期待できないか?」という素人考えで表には鉛です。裏には、ブチルゴムを貼りました。

 PC業界ではXETRO制振シートとして売られているものですが、ようはブチルゴムです。ハンズやホームセンターで手に入るなら、そちらの方が安いのではないでしょうか。
 CPU裏側にサポートを作りましたが、今は外しています。

 DVDドライブが回り出すと、かなりの振動があったのですが、この対策でずいぶん減りました。

 続いて、5インチベイの対策です。DVDやCD-ROMのドライブは、たぶん最大の震動源です。これ自体、揺れるとノイズを出し、リードエラーの原因となりますし、すぐに他のパーツに振動が伝わります。
 ここでの対策は、制振合板化とブチルゴムです。制振合板とは、振動に対する特性が異なる材質を重ね合わせた合板で、単に固い、重いという素材よりも有効なのだそうです。ケースの改造では、素材の上に別の素材をかぶせてねじ止めすればよいとのこと。摩擦でのエネルギー損失も見込めます。使うのはアルミがよいとのこと。

 とはいえ、無垢のアルミ材の加工は大変です。私は、こんなものを見つけたので使ってみました。

 DIYショップに売っていたもので、用途はわからないのですが・・・・25*150*2です。これを4本で、5インチ・ベイを補強します。開いている穴はドライブを固定する3ミリのネジには大きかったので、ワッシャ(とスプリング・ワッシャ)を噛ませました。

 もっときちんと対策しているのですが、写真はこれしかありませんでした。本当は、きちんと上下を止めなければダメです。ブチルも併用しました。

 CPUファンの振動も大問題ですね。CPU付近は、マザーでももっとも大きな電流が流れる場所ですので。Zelmanの扇形ヒートシンクにしようかと思いましたが、手元にはないので、ファンの止め方を工夫してみました。

 といっても、まあこれだけのことなんですが。ファンとヒートシンクの間にスポンジを挟み、さらにネジにはゴムワッシャを挟みました。ちなみに、ファンは風向きを調整して、ちょうど背面の開口部からの排気ができるようになっています。これで、背面のファンは外すことができました。

3.おまけ

 その1。アルミ板が余ったので、SCSIカードの裏側に、少し大きめの板を貼り付けてみました。SCSIが強烈なノイズを吐くことはわかっているので、その対策です。
 その2。鉛や吸音シートも余ったので、これを空になっているベイの蓋に貼り付けました。

 まず鉛。

 できあがりです。

 これはノイズ対策と言うより、隙間から電磁波が漏れるのが恐かった、という対策です。が、騒音対策としては効果ありでした。

4.もっと簡単なこと

 ケーブルというものは、要するにアンテナのようなものですからノイズを拾います。ケース内には少なければ少ないほど良いわけです。そこで、

 普段使わないFDDを撤去し
 IDE-HDDを1Chにまとめました

 FDDの撤去は、かなり効果が大きかったようです。

5.結果

 我が家ではSSH-HDTVを使って、HDTVに画像表示、SB Augidyから光出力でAVアンプへ、というスタイルでDVDやCDを楽しんでいます。そこでの画質と音質の向上は、正直とんでもないものがありました。ベンチマークなどしようのない領域ですが、WinDVDの設定上、もともとはガンマを最大まで上げなければろくに観れなかったのが、5レベルは落とすことが可能になりました。コントラストもどんどん上がっていき、Spectraのドライバ設定をやり直す羽目になっています。
 音質も、たいした変化です。
 CDは、細かな息づかいや、なっているのも気づかなかった楽器の音が聞こえるようになります。もっと効果が大きいのはDVDで、演技の迫力、サラウンド感、聞こえる音の数がまるで違ってしまいました。次元が違うという奴です。

 SBは「音が悪い」とよく言われますが、どれだけの対策をした上で、そしてどれだけのスピーカーで聞いた上で、なのか、ちょっと疑うようになりました。このくらいはやらないと、差などわかりそうもないです。

 さて、効果の大きかった対策ですが、

  1位 ケーブルひねり
  2位 マザーの制振と5インチベイ
  3位 FDD取り外し、IDEケーブルの一本化

でしょうか。お手軽なケーブルひねりとFDDの撤去は、試すだけの価値はあると思いますよ!

 本当は、鉄ケースでは十分な対策にはならないのだそうです。鉄は磁性体なので、振動したときのノイズが大きいのだとか。そして、Pentium4もダメなのだそうです。クロックが高いためにノイズが多く、しかも消費電力が大きすぎて、電流を不安定にし、その意味でもノイジーなのだとか。それでもここまで来れる!というのは、特筆すべきだと思いますけどね。あまりこだわりすぎずにできるところからやる。これだけで、ずいぶん変わってくるのだから、よいのではないでしょうか。

 あっ、改造ではないですがJapan Valueのノイズ吸収シートをVGAに貼ってみました。これも、かなりの効果があるようです。

6.今後

 電源の周囲をアルミでシールドしたり、CPUとAGPの間の、CPUに近いところをアルミで遮蔽する、といった対策がとれるようです。まあ、じっくりと楽しみながらやっていきたいと思います。