「少しだけ手作り」の世界 VOL1



タナゴは小さな魚です。
鈎はもちろん、浮子も小さなタナゴのアタリが分かる位のものが必要になります。

タナゴ用が一番良いのですが、近所の釣り具屋さんで手に入る材料で作ることもできます。
オリジナルは一つだけで、他はいろんな方から教えてもらいました。


【 浮子(ウキ) 】

舟溜りでは、中通し浮子の方が扱い易いのですが、ない場合は、次の方法で作ってみて下さい。

1.シモリ浮子(3号程度)を利用する。
ウレタンパイプを通せば、なお結構です。
ウキの止め方は、工夫してください。

2.小さなとうがらし浮子などを利用する。
浮子の先端近くに穴を開け、穂先糸などをU字型に取り付け、瞬間接着剤で固定します。
あとは、釣り糸をU字部分に通せば、斜め通し浮子の雰囲気になります。


浮力が大きいと、タナゴには不向き。
オレンジ色のウキは、大きな錘が必要。


【 浮子(ウキ)とシモリ 】

ウキと、シモリという目印がセットになっています。ウキだけでは分からないような小さなあたりもシモリには出ます。

右側の大粒のものは、自作。
視力の低下とともに、目印が大型化してしまいました。見やすいけれど、抵抗も大きいので感度が悪くなります。

※浮子はどちらも「たなご屋」製
簡単シモリ作り

a) 糸を張り(0.3〜0.4号程度)
b) 数カ所に少量のラッカーをつける
c) 固まりかけたら、上塗り繰り返す
d) 頃合いをみて、指で形を整える

制作中は部屋の換気を忘れずに!
シモリのサイズは、試行錯誤で調整してください。
当然、手は、ラッカーで汚れます。
鳥の羽の芯を核にするという本もありますが、繊細な作業を要求されます。左は、土浦の釣具屋さんで見つけたもの。


【 オモリとハリス止め 】

オモリは、微妙な調節のできる板オモリを使います。

ハリス止めは、その昔、一部の愛好家たちがホッチキスの針で作ったということですが、 これは売っているものを、そのまま使っています。
渓流釣りのような通しで作ることはありません。

【 鈎 】

「極小」は、関東地方では直ぐ入手できます。
流石に鈎まで作る人は、ほとんどいません。



左・シモリウキを上から見たところです。


右・タナゴ鈎各種


【 竿 】

150cmくらいの、できればグラスファイバー。
好みですが、フェノール樹脂は、ちょっと堅い感じ。
上がグラス竿。表示150cmが、実測160cmあるのはご愛嬌の made in 不明。
どちらもない場合は、竿の先端を2〜3本抜いて使います。船溜まりならば、100cmチョイ位が丁度良い長さです。
布袋竹の先などで作ることもできますが、タナゴ釣りにシッカリはまってからでも間に合います。
工芸品のようなタナゴ竿を目指す人もいますが、まずは初歩の竿作りを、どうぞ。

【 実践 】

4月後半から9月位まで、舟溜りの釣りはオフです。
タナゴたちは舟溜りから本湖に出てしまいます。
時期を選んで出かけて下さい。


トップへ