天気予報の恋人
深津絵里、稲森いづみ、佐藤浩市、矢部浩之、原田美枝子 他

バツイチの気象予報官と、FM局のパーソナリティと、シングルマザーの3人によるラブコメ・・・らしい。
前回の月9がチョット特異な感じだったので、今回はオーソドックスに〜かな?

第1話・・・人気パーソナリティでありながらそのHPには別人である友人の写真を掲載してることから、
この3人が複雑に出会うことになったみたい。
ん〜でも、パッと見、あの写真じゃ、何も友達に替え玉を頼まなくてもそのまんまでなんの不都合が・・・?
って感じだったんだけども。(^^;;;
仕事には没頭するが、見た目はどこかボサっとしてて冴えないバツイチぶりな佐藤浩市の髪型が笑える。
モテモテぶりな「アフリカの夜」あたりとは違うタイプの役ね。

第2話・・・バッタリ遭遇しても何とか矢野にごまかし通した祥子と早知。
懲りない田口にピシっと言って来ようと臨んだ祥子だったが、結局また矢野と会うことに。
矢野にひかれる早知も見学コースでまた再会。矢野は完全に早知にひかれてますねぇ。
同僚須藤役の米倉涼子、ほとんどセリフもない役で、田口をしっかりマークしてるのが笑える。
この二人ってけっこうハッピーエンドになったりしてね。(爆)
矢野の別れた奥さんも、急にラジオ合わせたりして、やっぱり気になる存在なのかな〜。

第3話・・・あちこちで遭遇してしまい正体がバレそうな早知。
プロデューサーと矢野が店に来た時の慌てぶりは爆笑。
それにしても渡辺いっけい、大河の時は家康の有能な側近ぶりでキビキビしてるけど、
このドラマではイイカゲンなプロデューサー、役の極端さが面白い。
矢野とバツイチ談議に勝手に盛り上ったり、勝手に酔いつぶれてるし(笑)
祥子が矢野に(*^_^*)、自慢の蕎麦を実家に頼むのがいじらしい。
早知は早知でついに自然にと言うか率直に気持ちを矢野に告白・・・。
矢野だってこれだけラジオの声も頻繁に聞くようになって現実の彼女の声と比べて気付きそうなもんよね。
既に恋は盲目状態に突入なのかも〜。

第4話・・・本番前のデートから渋滞で生収録の時間が迫ってしまった矢野や早知ら。
なんとか彼女を間に合わせようと必死に一緒に走ってくれる矢野に、早知の気持ちは複雑。
ギリギリ滑り込んで偽者だとバレずに本番がスタートしたけど、ラジオだっていきなり本番ってアリ?
打ち合わせとかだって時間前からやってるよねぇ。
今の今まで一緒に居た人の声と流れる声との違いって区別付くんじゃ?
好意があるんだったら矢野にだけでも本当のことを話してもイイんではないのかしら?
・・・と無理のある展開に思ったのでした。(^。^;)

第5話・・・またしても田口の攻勢に大ピンチ!いきなりスタジオ見学とは、絶体絶命!
早知の気持ちを知っているだけに、自分の矢野への気持ちを現すことも出来ない祥子も不憫だなぁ。
早知役が稲森さんじゃなきゃもっと憎まれ役化しそうなとこだけど、彼女は彼女で健気だから
思いきり天真爛漫ぶりでも嫌味ないし・・・問題は矢野の気持ち次第ってとこかしら。
一方、眼鏡で目立たない職場の同僚と化してる須藤役の米倉さんの大変身もあったりして?

第6話・・・今度こそ告白か〜ってとこまできて、またそのまんまの早知と祥子。
矢野の早知へ対する気持ちを感じとって思わず下を向く祥子がなんかかわいそうだった。
言い出す前に、矢野と会うことを終わりにしようと決意する早知。
・・・って、それはまた違うんじゃないかなぁ。
互いに子連れの時に、バッタリ遭遇する矢野と早知。次回はどうなるか?どうごまかすか?(笑)

第7話・・・子連れでの遭遇も、祥子の機転でごまかされ、結局祥子が未婚の母状態。
別に矢野だってバツイチなんだし、そこまで隠す必要があるんだろうか・・・って素朴な疑問。(爆)
田口のいきなりイイ人ぶりで、再会した矢野と早知、矢野の早知を見つめる想いからすれば、
そこまで嘘を続けるのは、やっぱりあんまりよねぇ〜。次回はやっと暴露か・・・?

第8話・・・矢野に交際を申し込まれても即答できない早知。
祥子の矢野に対する気持ちも気になり・・・。
田口のひとことで祥子もそのことを知るが、珍しく口論になってしまう早知と祥子。
いったいいつまで誤魔化し通すんだろう〜ってのが、早知の息子が保育園から居なくなった事件で、
バッタリ全員集合。やっとホントの繋がりが公表。長かったねぇ、ここまでくるのが・・・(爆)

第9話・・・今回はシーンが切り替わるところをフェイドアウトする今までとチョット違う雰囲気
だったような〜(ウーン、いつになくシリアスちっく。(^^;)
早知が子持ちのことはバレたものの、唯川幸が誰かは田口の勝手な思いこみでバレないまま・・・。
祥子の母が矢野に会いに来たり、唯川幸と思いこんで矢野の元妻潤子が早知と再会したり〜っと、
周囲もグシャグシャに巻き込み始めた模様。
本当のことを矢野に告げようとの祥子の提案にまた早知と祥子は大喧嘩。
ラジオの時間中に早知を見かけた矢野がようやく気付いた。・・・・しかし、遅過ぎ。(爆)

第10話・・・ついに矢野は、”唯川幸”の真相に気付く。(ホント長い道のりだったなぁ(爆))
早知の過去が明かになり、元恋人・・・っと言うか息子の父親、登場。でも既に彼には新しい生活が。
しかも早知が子供を産んで育てていることすら知らない。
謝る祥子に、「ホントのことをもっと早く言って欲しかった」って言う矢野の気持ちは確かにもっとも。
弁明途中で、ポロっと自分の気持ちまで告げてしまった祥子にまた矢野は複雑。
矢野に手紙を出し、仕事も辞め、去って行く早知。うーーーん、でも何かコレって・・・(-.-)
矢野の気持ちは早知以外へは向かないと思うけどなぁ〜。

第11話・・・早知は実家へ身を寄せ、矢野にはジュネーブ派遣の話が〜。
祥子は、きっちり矢野へ告白のやり直し〜結果はどうでも、これって性格なんだろうねぇ。
最後、矢野は早知へジュネーブ同行の話を申し込むが、断わられてる〜〜あらら・・・。
今回の爆笑シーンは、”郁ちゃんさん”を田口が気付き、
奇声とともに須藤にo(・_・)○☆パンチ!されるシーン。(爆)

最終話・・・矢野からの申し込みを断わる理由に、元彼との復縁云々〜っと言い出した早知には、
あ〜また嘘かよぉ・・・っと少々ゲンナリしてしまったし、これだけタラタラとジラされた展開なのに、
不覚にもチラッと(;_;)ウルウルきた最終話デシタ。(^^;
早知に断わられ落ち込んでフラフラと元妻潤子に同行を頼んだりして、
彼女から”昔とチットも変わってない”とピシャリと言われる矢野。
早知の嘘にも気付き、祥子のラジオからのメッセージにも助けられてやっと自分の気持ちに正直に、
早知のところに向かう矢野がなかなかでした。
何も抱きかかえて出ていかなくてもイイとは思ったけどねぇ〜(爆)

出演者も揃ってるし、そこそこ爽やかなわけだし、こう長々やらず2時間ドラマあたりだったら、
途中ダレることなく、メデタシメデタシ〜の感想だったかもね。中盤がチョット残念かな。