社会福祉士とは?

 

ころで社会福祉士とは、一体なんなのでしょう?
社会福祉士についてご説明します。

会福祉士とは、昭和62年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」で位置付けられた、社会福祉業務に携わる人の国家資格(名称独占)です。この資格を取得していなくても福祉業務に携わる事はできますが、「社会福祉士」という名称を名乗る事はできません。ただ資格を持っているということ=福祉業務の専門的知識を持っているということも言え、福祉社会においては必要とされる資格であると思います。同様に、介護福祉士も社会福祉には必要な人材と言えるでしょう。

会福祉士になるためには、国家試験を受け合格し、社会福祉士として登録されて、初めて「社会福祉士」を名乗ることができます。社会福祉士の国家試験を受験するためには、以下の条件を一つ以上満たしてなければなりません。

1.4年制福祉系大学を卒業し、
   A:在学中に所定の指定科目(12科目)を履修した者、
   B:または指定科目中6科目の基礎科目を履修し、かつ短期養成施設・通信課程を修了した者。

2.3年制福祉系短期大学・3年制専修学校など卒業し、1年間の実務経験があり、かつ1のA又はBの条件を満たす者。

3.2年制福祉系短期大学を卒業し、2年間の実務経験があり、かつ1のA又はBの条件を満たす者。

4.5年以上、次の法的職種を経験している者。
   児童福祉司、身体障害者福祉司、知的障害者福祉司、老人福祉指導主事、査察指導員

5.4年制一般大学を卒業し、一般養成施設・通信課程(1年以上)を修了した者。

6.一般系短期大学(3年制専修学校など)を卒業し、1年間の実務経験があり、かつ一般養成施設・通信課程(1年以上)を修了した者。

7.一般系短期大学(2年制)を卒業し、2年間の実務経験があり、かつ一般養成施設・通信課程(1年以上)を修了した者。

8.上記に当てはまらない場合、4年間の実務経験があり、かつ一般養成施設・通信課程(1年以上)を修了した者。

社会福祉士の受験資格

受験資格 

この条件を満たしていないと、受験することができません。詳しくは、日本社会福祉士会のホームページへどうぞ。 

ただ、あくまでも上記の条件は「受験資格が得られる」ということであって、即社会福祉士になれる、という訳ではありません。社会福祉士になるには、必ず国家試験を受け、合格し、社会福祉士として登録しなければ社会福祉士を名乗ることができません。

★合格点は?合格率は?
この部分に関して気にされている方は大変多いと思いますが、過去15回の延べ合格者数は6万0232人、平均合格率は26.4%です。

開催回数

受験者数(人)

合格者数(人) 合格率(%)
第1回 1033 180 17.4
第2回 1617 378 23.4
第3回 2565 528 20.6
第4回 3309 874 26.4
第5回 3886 924 23.8
第6回 4698 1049 22.3
第7回 5887 1560 26.5
第8回 7633 2291 30.0
第9回 9649 2832 29.4
第10回 12535 3460 27.6
第11回 16206 4774 29.5
第12回 19812 5749 29.0
第13回 22962 6074 26.5
第14回 28329 8343 29.5
第15回 33452 10501 31.4
第16回 37657 10733 28.5
合計 211230 60232 26.4

★私の場合は? 
では私の場合はどれに該当するか?私の場合は一般大学を卒業していることになるので、1年間社会福祉士の養成施設で勉強し、卒業をしないと受験資格が与えられません。(全国の養成施設はこちら。)養成施設は昼間・夜間・通信の3種類があり、どれを卒業しても同様に扱われます。私の場合は通信になるのですが、それと同時に昼間の専門学校に行っているので、同時併修をしています。

なお、私の行っている昼間の授業では、社会福祉士の受験資格がえられません。私の住んでいる場所で昼間の授業で資格が取れる場所は、日本社会事業学校(日本社会事業大学が母体)のみで、あとは夜間もしくは通信制です。また全国的には昼間の養成施設は少なく、多くの人が仕事と両立しながら夜間、通信で勉強をしているのが実態です。また受験資格を得るには講義やレポートの他、
現場実習を必要としているため、仕事をしながら勉強している人には、職場の理解と協力が不可欠であります。幸いにも私は学生であるため、何の障害もなく実習を受けれますが、こういった障害を抱えている人もいます。わがままな願いかも知れませんが、ぜひ職場の人には理解して頂きたいと思います。

て再び私のことですが、私は2年間で受験資格を得ようとしています。具体的には、専門学校での授業が2年間、通信教育が1年7ヶ月なので、「2年間」となります。正直な話、全く福祉に触れたことのない人にとって見れば、養成施設の授業はかなり難しく、ハードなものではないかと思います。
また大学において福祉の勉強をした人(つまり私・・・笑)でも、ちゃんと知識が入っていなければ、これも難しいと思います。そう言う人は、福祉関係の勉強をしながら資格取得をすることをお勧めします。こういう私も、福祉関係の知識に自信がないため、こういう手段を選んだのですが・・・(笑)

 

その2(どんなことを勉強するの?)へ

「社会福祉士になるぞ!」へ戻る。

Return Top