§ asagi box §

言い訳

この物語はあの【電車男氏とエルメス嬢のエピソード】 を、エルメス嬢の視点から記述しようと試みた、実験的フィクションです。一種のパロディとも言えますし、つまるところ妄想です。

執筆にあたっては、電車男氏ご本人による報告と矛盾しないよう努めましたが、報告から推測不可能なことや、そもそも当時の電車男氏に知り得ない事象については、全て作者による創作です。特にエルメス嬢については、電車男氏から見た様子をそのまま書いても面白くないので、意図的にイメージを崩してあります。

作中に登場する氏名も、実在の人物とは一切関係がありません。ていうかおれは電車男氏やエルメス嬢の本名なんて知らないから、それらは当然架空のものですヨ。

最初は大真面目に書いていたのですが、いや今も真面目なことは真面目なんですが、恋愛小説しかも女性が主人公という未踏の設定に耐え切れず、地の文にいちいちツッコミを挿入しないと先に進まない状況に陥り、もともと当たり障りのなかった登場人物の名前を変更することで、ようやく自分を誤魔化すことに成功しました。

電車男→電車→国電パンチ→滝沢。どうなってるんだこいつの頭の中は。

けっ。だいたい素面で大真面目に恋愛小説が書ける男なんてろくなやつじゃねえよ。ヴェノア。

ちょっと尊敬します。

登場人物

  • 滝沢昇(電車男)
  • 高村友花里(エルメス)
  • 久美子(エルメスの友人)
  • イブキ(エルメスんちの犬)

本編

001. [2004.05.21] 3月14日
002. [2004.05.27] 3月17日
003. [2004.05.31] 3月27日
004. [2004.06.03] 4月03日
005. [2004.06.11] 4月17日
006. [2004.06.20] 4月18日
007. [2004.07.03] 5月04日
008. [2004.07.07] 5月08日

お読み頂いた上で

もし、なにかヒトコト言ってやらねば気がすまないという方は、メールでも構いませんが、とりあえず【Hermes ニツイテ感想セヨ】にでもどうぞ。ご要望の多かった掲示板の設置については色々と面倒なのでパスします。ちなみに、メールには滅多に返事を書きません。筆不精なのです。

元ネタ

電車男 電車男

中野 独人
新潮社 (2004/10/22)
売り上げランキング: 87565
通常24時間以内に発送
おすすめ度: 3.5

(at 2008/03/28 12:02)
§
Copyright © 1999-2005, Keiju Asagi all rights reserved.
Generated by persica 1.01b (for ruby 1.8.x)