製品のご紹介 ダウンロード ご登録方法 製品のサポートArkSystems  
ダウンロード

ZELDAは、どなたでも無料で試用することができます。試用時でも、特に機能制限はありませんので、ZELDAの性能を実感していただけると思います。 ダウンロードには下記の契約書に同意していただく必要がございます。

[v3.07→v3.08 変更点]
選択解凍画面の右ポップアップメニューに「選択ファイルを解凍」を追加しました。
選択解凍画面で直接右クリック時にプレビューメニューが有効にならない不具合の修正。
「末尾の数字を省く」オプションがうまく機能しない場合がある不具合の修正。
アルバム圧縮のソートと圧縮率の設定が保存されない不具合の修正。
コンテキストメニューをサブメニューにした場合でも、「圧縮してメール送信」がサブメニュー化されない場合がある不具合の修正。
[v3.06→v3.07 変更点]
DGCA形式の解凍/圧縮/閲覧/正当性診断に対応しました(要:dgcac.exe)。設定方法はこちら
選択解凍画面から書庫内ファイルをプレビュー実行する場合、exeやpifファイルなど危険性の高いファイルは安全のため実行前に警告を表示するようにしました。警告を表示するのは拡張子が以下のファイルの場合です。
ade,adp,app,bas,bat,chm,cmd,com,cpl,crt,csh,dll,exe,fxp,hlp,hta,inf,ins,
isp,js,jse,ksh,lnk,mda,mdb,mde,mdt,mdw,mdz,msc,msi,msp,mst,ocx,ops,pcd,
pif,prf,prg,reg,scf,scr,sct,shb,shs,url,vb,vbe,vbs,vbx,wsc,wsf,wsh,xsl
選択解凍画面に[全解凍]を追加しました。
選択解凍画面のツールボタンを大きく見やすくしました。
7z形式の圧縮プリセット値を見直しました。
アルバム圧縮でも圧縮率の設定やソートの切り替えが可能になりました。
暗号化されたgca書庫の一覧表示ができなかった不具合の修正。
選択解凍画面の縦幅が保存されない不具合の修正。
その他、細かい修正など。
※これ以前の変更点はこちら

ZELDA(試用版) v3.08 使用権許諾契約書

(1) ArkSystemsは、お客様に対し、機能限定が施された本ソフトウェア製品を、インストールから30回の起動に限り、無償で使用する権利を許諾します。
(2) お客様が、本ソフトウェア製品の機能限定を解除し、または30回の制限を超えて本ソフトウェア製品を使用する場合には、所定の方法でライセンスを購入しなくてはなりません。
(3) ArkSystemsは、本ソフトウェア製品の使用または使用不能から生じた直接的または間接的損害に対し、一切の責任を負いません。
(4) お客様は、本ソフトウェア製品について、変更、改作または翻訳を行うことはできません。
(5) お客様は、本ソフトウェア製品について、リバースエンジニアリング、逆コンパイルまたは逆アセンブルを行い、またはその他の方法でソースコードを解明することはできません。
(6) お客様は、ArkSystemsが本ソフトウェア製品に施した機能限定または期間限定を解除するための情報を第三者に提供することはできません。
同意する場合のみ、下記のサイトからダウンロードしてください
@nifty

v3.0からライセンスキーが変更になりました。ご登録ユーザー様にはメールにて新ライセンスキーを発行させていただきました。メールアドレスの変更、または何らかの理由により、新ライセンスキーがお手元に届いていない場合は、お手数ですがメールでmain@kk.iij4u.or.jpまでご登録時のお名前とメールアドレスをご連絡ください。


[ 製品のご紹介 | ダウンロード | ご登録方法 | 製品のサポート ]

Copyright (C) 1996-2004 ArkSystems