メニューWINゲーム(市販)へ戻る

マイトアンドマジック6
(Might and Magic VI
THE MANDATE OF HEAVEN):攻略ヒント

http://www.imagineer.co.jp/ イマジニアのサイト。ゲーム内容(攻略)に関する情報はありません。
攻略を扱っているサイトについては、相互リンクサイトであるBARE×2リンクに情報があります。

攻略本
 マイト&マジック6公式ガイド ソフトバンク2000円
 まあそれなりにネタバレ度大ですが、非常に分かりにくいNPC(教師やインストラクター)の所在など、書かれていないことも結構あります。又、攻略順序や戦闘時の戦略・戦法などについては、ほぼ情報はありません。持っていればメモ代わりに使える、程度に考えておいていいでしょう。実際何がどこに、てのは「書」にも記録されないことが多く、この本があると助かります。

基本中の基本
 とにかくオーソドックスなRPGです。このゲームに取り組もうかというような方には今更のことかとは思いますが、本当に基本中の基本である大原則がこれほどピッタリのゲームもありません。

  1. シリーズ中の古いものには、セーブについての制限があるものもありました。が、このゲームではほぼフリーに(イベント中など以外)セーブができるので、とにかくこまめにセーブしましょう。特に事前セーブを強く推奨したいのは、
  2. とにかく注意深く周囲を観察して、怪しげなものがあったらクリックしてみましょう(事前セーブ推奨)。特にダンジョン中では有効ですが、町中や屋外でも。アイテムなど落ちていることがかなり多いのです。視点も要注意です。原則的に見えない物は拾えない、操作できないようになっています。ダンジョン内の仕掛けなども、アイコンが変わったりはしないので、怪しげな部分を積極的にクリックしてみなくてはなりません(ダンジョン内については別項にもう少し詳しく書きます。)又、不具合に近いことかもしれませんが、クリックしてみても何も起こらない場合に、スペースキーを押すとリアクションがあることもありました。
  3. このシリーズを知っている人なら大丈夫かもしれませんが、倒した敵の死体は必ずクリックです。このシリーズを知らない人らしくこれをしないで、金が入らないと嘆くケースがありました。人タイプはたいてい金を持っていますし、アイテムを持っている場合があり、クリックすると入手できます。動物タイプなどでも、アイテムゲットの場合があるので、一応クリックしておく方が得策です。
  4. NPCの話は聞いて損はないですが、RPGの中では聞かなくてもいい方です。知っていればちょっと便利かも、くらいの情報しか得られません。だから、頼む、脅す、賄賂まで使って話をする必要はほぼありません。クェストをくれたり、技能(スキル)の向上、ギルド加入などに関わるNPCとは、確認できた限りでは、ですが必ず会話が成立します。
  5. クェストを受けたら必ずクェストの書で確認しましょう。会話よりもクェストの内容が理解しやすい場合が結構あります。
  6. このゲームのマニュアルは不親切とは言いませんが、「プレイしながら見る」タイプのものだと思います。例えば、特性値についても、武器攻撃や攻撃呪文がどれの影響を受けるとかの説明はありません。その代わり、キャラクタの情報画面で右クリックをすれば、ほとんどのものについて説明が出てきます。「カリスマ」など知らないとカン違いするかもしれません。技能のところでどれかの技能をクリックすると、熟練者や達人になるとどういうメリットがあるか、なども表示されます。とにかく一通りは右クリックして見ておくのがいいでしょう。
  7. 戦闘の有利・不利にも影響しますから、キーボードを使った操作はいろいろやってみて早い段階で慣れておくのがいいでしょう。飛んでいる敵などは視点を上に移さないと見えませんし、低いところに落ちているアイテムなどは視点を下げないと見えません(従って取れません)。又、シフトキーを伴った高速移動や、コントロールキーを伴った横スライド移動なども使いこなさないと不利です。水中・空中を移動するようになっても、(呪文を使えるようになってからですが)これらは有効です。

全てはキャラメイクから始まる
 キャラメイクのあるゲームは概ねそうなんですが、これは非常に大切なことです。特に、他のゲームにあるようにパーティメンバーを入れ替えるとか、シリーズの過去の作品にあったようにハイアリングで戦力を補うという救済に期待をできないゲームなので、もしマズったと思ったらもう作り直しからやる方がいいと思います。ゲームスタート後の行動については、別ページの序盤ヒントに書きます。
 言うまでもないでしょうが、自由度は高いゲームでして、以下に書くような私の推奨方針がベストとは限りません。見落としやカン違いもあるでしょうし、全く異なる方針でクリアに至るケースも多々あるものと思います。あくまでも参考程度に受け取って下さい。

  1. このゲームでは、種族を選べませんし、性別・容姿・名前についても確認できた限りでは有利・不利が出るようなことはありません。従って、重要なのはクラス(パーティ編成)と、能力値(特性値)、そして技能ということになります。
  2. クラス選択とパーティ編成とについては、ほぼデフォルトのパーティ編成になりますが、パラディン、アーチャー、クレリック、ソーサラーの組み合わせがいいのではないかと思います。他の組み合わせでもそれなりにクリアまで行き着けるかとは思いますが、このゲームの場合、序盤、中盤、終盤でいろいろと攻撃方法その他の重要性が変わってくるので、全体を通して見た場合にはこの組み合わせがほぼベストになるんじゃないかと。
  3. 能力値(特性値)もそれなりに大事なのですが、むしろ技能の割り振りが序盤の難易度には影響が大きいです。というのも、AD&D系などのレベルアップしても特性値がほとんど変わらないゲームに近いのでは?とか思いますが、中盤ぐらいからは能力値をプラスしてくれるような装備品が結構豊富に入手できますし、技能の向上で補える面も多々あるので。それから、「運」はあまり気にしなくても開始早々になんとかなります。
  4. 技能(スキル)ですが、メイクの際には武器・防具を優先しておいていいと思います。キャラメイクで武器・防具スキルを与えておくと、ゲームスタート時にはその武器や防具を持って開始できるからです。評価ページでも書きましたが、序盤のゲームバランスはなかなかにシビアなものがありますので、とにかく戦闘で勝てる体勢にしておかないとどうにもなりません。他の技能にも重要なものはありますが、戦闘に勝って経験値と金が得られればいずれ学ぶことができます。ということで、上記のお奨め編成なら下記の防具を優先的に選択し、あとは弓を選択できるならして、その後お奨めスキルの中から適宜選択すればいいと思います。防具を優先すべきと思う理由は、、隊列のような概念はほぼなく、アーマーが悪いキャラを後ろにおいて攻撃されないように…てなことをできないと思っておいていいこと、そしてアイテムを使っても呪文によってもあまりHP回復ははかばかしくないことによります。

町での行動

  1. 原則的に周辺部に行く場合には要注意です。マニュアルにもありますが、町のすぐ近くにまでモンスターが迫っている世界です。遠隔攻撃可能なモンスターだと、周辺部にパーティが行くと攻撃されることは多々あります。使えるようになったなら、町の中でもウィザード・アイをかけておくといいでしょう。周辺部で攻撃を受ける時は、体勢を整えてから一気に外に出て一掃してしまうのがグッド。町の中に入ってこられると、パンピーがうろついているので面倒です。
  2. ショップや施設はやたらと時間制限があります。深夜になると神殿の治療も受けられず、宿屋にすら入れなくなったりします。これで近くにモンスターがいたりすると結構大変です。夜は早めに宿屋に入るのが正解でしょう。(どうせ見づらくて戦闘に不向き。)又、売買をしたいなどの場合、小休止で時間調整すればいいのですが、これも休憩の内なので近くに敵がいるとできません。こういう場合はちょっと離れたところに行くと休憩できる場合もあります。マニュアルには路上で休めなんて書いてありますが、宿を推奨します。周囲の敵を完璧に掃討していればいいかもしれませんが、結構町中でも寝込みを襲われることがあり、この場合面倒なので。
  3. とにかく、話は聞いておいてよく、クェストは受けておいていいと思います。道路をうろついているNPCからはシャカリキになって話を聞く必要もさほどないのですが、家などは一通り訪れておいていいでしょう。
  4. 売買ですが、特に売る場合、雑貨屋で売ると安くなります。武器は武器屋、防具は防具屋、巻物、護符や指輪、ワンドなどは錬金術の店で売るようにしておかないと損をします。(多分ゲーム中でNPCとの会話でも得られた情報だったと思います。)
  5. 馬小屋は要チェックです。スキルポイント(向上ポイント)が増える蹄鉄がよく落ちています。又、馬小屋の中に家があって人がいる場合も結構ありますが、格別重要な所はなかったような。なお、馬小屋のものに限らず落ちている蹄鉄は(薬草なども同様)、大体敵の復活と同じようなタイミングで復活するので、取りこぼさないようにしましょう。
  6. 2階がある建物はギルドだったり、導師(教師やインストラクター)がいたりする場合が多く、要チェックです。あからさまに階段がない場合は裏手に回ると細く入り口が開いていたりします。しかし、そういうものもなくフライの呪文を使わないと訪れられない場合もあります。家の中と建物の1階の中とでもがつながっているんですかねえ。
  7. 一つの建物だと思っていると、二つの入り口がある場合も結構あります。もっとも、扉に見えても「ここには何もない」に成る場合、つまり入れない場合もあります。
  8. 訓練場で訓練を受ける場合は、何日間かの時間経過があることを気にとめておかないと、今月中に○○したいという時とか、月の満ち欠けのタイミングを図っている時だと「しまった」になります。
  9. 市庁舎があるところでは、特定の敵を倒すと賞金をくれるクェストを貰えます。中には近辺にボロボロいる弱ザコが対象となっているケースもあるので、なるべく訪れておくといいでしょう。なお、その月のうちに市庁舎を訪れないと報酬が貰えません。

戦闘のヒント

  1. 前述のように、あまり有効な回復手段がないことも考え、できるだけ魔法や弓矢による遠隔攻撃を主体として敵を倒すか、せめてダメージを与えておくことを優先的に考えるのが得策でしょう。屋外ではもちろんですが、ダンジョン内でも長い通路や大部屋などではこの作戦が有効です。このため、なるべく早くに全員が弓を使えるようにスキルを持たせることが望ましいのですが、序盤での手順は序盤の攻略ヒントに書きます。弓についてはその後も適宜ポイントを割り振って向上させておくと良いでしょう。又、攻撃呪文としては炎系と風(電気)系が中心になると思います。スターバーストやメテオシャワーはかなりの敵を一掃することも可能です。
  2. 遠隔攻撃戦ならリアルタイム性で戦う方が楽です。前進しながら一斉に射撃、敵が接近してきたら後退しつつ射撃で、できるだけダメージを受けずに攻撃するように図ります。(気分は3Dシューティング!)もちろん呪文攻撃も有効なのですが、こっちはMP消費するので(M&Mは弓矢攻撃なら矢の消費という概念がありません。)まずは弓で攻撃して射程距離から呪文が有効かどうかの判断をすれば、無駄な呪文を使わなくて済むので吉だと思います。
  3. 接近攻撃になったり、ダンジョンの部屋などで否応なしに敵と対面してしまう場合には、すかさずエンターキーを押してターンモードに切り替える方が大体戦いやすいでしょう。Aキー(攻撃)やSキー(呪文=あらかじめ指定しておくもの)だと適宜相手を選んでしまいますから、面倒でもいちいち敵を指定してやって、なるべく集中攻撃で敵の数を減らすのが良いでしょう。もっとも、ダンジョンであっても部屋の外に長い通路がある場合などだと、ターンモードに切り替えず、通路に逃げながら攻撃する、などの戦法が有効なこともあります。
  4. 敵が強く、適宜回復呪文などを使いたい場合にはターンモードにしておくと良いでしょう。また、武器・防具を破壊される場合もターンモードにして、キャラの顔グラフィックをダブルクリックして装備を確認し、破壊されていたら修理しておけば、有利に戦闘を展開できます。急に攻撃が効きにくくなったとか、受けるダメージが大きくなったという場合、何かが破壊されていることが多いです。なお、装備確認の際面倒でもモードを切り替えて、護符や指輪も破壊されていないか確認しておくのが良いでしょう。また、案外盲点なのが大きな盾を装備したキャラのベルト、それから赤い色の盾やマントです(壊れた物は赤く表示されるので)。右クリックしてやれば、確実に確かめることができます。
  5. できるだけ避けたい事態なのですが、一般ピープルがいる所での戦闘を避けられない場合があります。こういう場合はターンモードにして、いちいち敵を指定して攻撃しないとしばしばパンピーをやってしまいます。もちろん、複数・全体攻撃魔法などもってのほかです。もっとも、評判を下げたい場合ならこの限りではないでしょうがあ。
  6. 先に隊列の概念はないと思っていいように書きましたが、前後の概念はないのですけど左右は場合により問題になります。ダンジョンと屋外とを問わず、特に敵が呪文や弓矢で攻撃してくる場合、遮蔽物の近傍から攻撃すると敵の攻撃も結構防げますが、遮蔽物に近いメンバーの攻撃が遮蔽物に当たってしまうこともあります。例えば右側に遮蔽物があると、右端のメンバーの攻撃がそうなります。特に注意すべきは、呪文のうち味方にもダメージを与えるもので、こういう場合(敵に全く効かない場合)は使うべきではありません。上下の遮蔽物も位置関係や呪文の種類によっては邪魔になるので要注意です。
  7. 回復が必要になったら、始めのうちは最寄りの町の神殿か宿屋しかないでしょう。敵を一掃した後なら比較的安全に休息できるようになるのですが。また、ダンジョンの中では、敵を一掃した、しかも敵がいそうな場所から離れたあたりだと休息による回復が可能なことが多いようです。しかし、安全そうに見えても寝込みを襲われる場合があるので、セーブ後にするのがいいでしょう。何度ロードしても襲われる、てこともあるんですけど。
  8. タウンポータルとロイズビーコンが使えるようになったら、物価の安いニューソーピガルで回復後、探索中の地点に戻る、なんてことができて、すごく楽になります。ただし、ロイズビーコンの「設置」と「戻る」を間違えやすいのでご注意を。特にゲーム開始直後は「設置」がデフォルトになっているようなので。(その後は前回の状態を記憶してくれるようになるのですが。)
  9. このゲームの敵については、そのほとんどが同種の中に3ランクある、ということになっています。例えば、序盤で出会うゴブリンですと、平の(?)ゴブリンと、上位のゴブリンシャーマン、最上位のゴブリンキングといます。上位のヤツはHPが大きくて倒しにくいほか、特殊攻撃をしてくるなど手強い敵になりますが、もちろんその分経験値も大きくなっています。特に最上位のヤツはかけはなれて厄介な場合が多いので、平のに楽勝してもあなどらないことです。
  10. 海辺など水があるところの戦闘で、空を飛ぶタイプの敵と戦うときはなるべく陸に来させてから倒す方が得です。海や、川の深いところに落ちた死体は、調べられなくなるので金やアイテムの入手ができなくなるからです。

ダンジョン探索のヒント

  1. なるべく、ですが依頼されたクェストと関連のあるダンジョンを探索するようにした方がいいでしょう。どこへ行ったらいいか分からないままクェスト対象アイテムを持っていたり、同行者がいたりするのは嬉しいものではありません。
  2. 髑髏の山がある場合は知覚のスキルを有するキャラに調べさせるとグッドです。
  3. バグっぽいというか、裏技っぽいというか…ですが、扉のような所の隙間から攻撃できたり、壁から敵の体の一部が見えていたり、リングオブファイアを使えば扉や壁の向こうの敵を攻撃できたり、特定の敵はある場所から先に進んでこなかったりということがあります。小ダメージかノーダメージで倒せてしまったりします。また、これは表業ですが、窓や格子などから敵を攻撃できる場合や、下の方にいる敵を攻撃できる場合などもありますが、これらは攻撃を受けることもあるので、ノリ過ぎない方がいいでしょう。
  4. 箱や戸棚は開けてみる人が多いだろうと思いますが、ベッドとか机も一応クリックしてみたいところです。又、床に落ちている物というのも結構あるので、よく物陰を見るとか、視点を下に向けるとかしておかないと損をします。
  5. 段差のようなところは、小さな段差でも戻れない場合があります。ジャンプの呪文が使えないなら回り道を探しましょう。
  6. 行き詰まったという場合、次のようなことが考えられます。

不可欠なスキル、役立つスキル 

  1. ソーサラーは炎や風などの攻撃呪文に目が行きがちなのですが、移動系の呪文が多い水の魔法をできるだけ早くに高くし、熟練者から達人にしておきたいところです。タウンポータルとロイズビーコンが使えるようになれば、強敵が沢山いるダンジョンなどでも結構力押しで攻略ができてしまいます。
  2. ソーサラーとアーチャーは、火、風、水、地を一通り身につけておくのがいいでしょう。敵の属性によって有効なものが異なったりしますし、それぞれの分野に防御系・治療系の魔法があることからです。又、かなり進行してからになるかもしれませんが、ソーサラーとクレリックは機会ができたら光と闇(特に闇)の魔法を使えるようにしておきたいところです。
  3. 攻撃・防御のうち、前述のように弓矢のスキルについては全員が備えて、しかもなるべく高くしておくのがいいでしょう。鎧についてはできるだけ防御を高められるスキルをなるべく早くに身につけるのがいいと思います(ナイトやパラディンならプレートアーマー、クレリックはチェインメイルを)。案外敵や宝箱からいいのを入手できるので、後はそのスキルだけ伸ばせば、重いアーマーによる行動の遅れを改善することができます。盾は防御が良くなるのでこれも向上させたいスキルです。直接攻撃系の武器は好みで選択してもいいと思います。比較的いろんな時点でいろんな武器が入手できますから。又、敵に対する有効性が異なったりするので、1人に2種くらいは持たせるのもありかと思いますが、3種以上はちょっと無駄が多いような…
  4. その他のスキルで是非とも身につけ、達人にまで高めておきたいものは習得(獲得経験値が増加)、ボディービル(HP増加)、瞑想(MP増加)です。全体的にキャラの強化につながります。
  5. 取引は身につけておけば、序盤から中盤までの金の欲しい段階でかなり楽になります。もっとも終盤は金があまりがちになるので、達人になった段階から向上させなくてもいいように思います。一人だけ使えるようにしておいて、そいつに売買をさせるというのでやれないことはないです(最初はそうしていました)が面倒なので中盤で全員使えるようにしました。
  6. 修復は、序盤から一人は欲しく、またできるだけ早く熟練者から達人にしたい技能です。金の問題のみならず、戦闘の有利不利に大きく影響します。そして、中盤の後の方になったら、全員に身につけさせてかつ、達人にしておきたいところです。実は最後まで一人達人がいれば、アイテム受け渡しで何とかなることはなりますが、終盤の強敵に壊されまくる状態になると、実に面倒なので(特に装備品は脱着が必要だし)。もっとも達人にさえなれば、確認できる限りでは全てのものを修復可能だったので、それ以上向上させなくてもいいと思います。
  7. 鑑定はなくても何とかはなります。(BGと異なり、未鑑定のものでも売却できるので、安ければ売る、高ければ鑑定して貰う。金が惜しければロードして装備する…てなことで)が、何かと不便なので一人はできるようにして、熟練者から達人にしておくのがいいと思います。取引や修復と異なり、入手の際の受け渡しだけなので私は最後まで一人で通しました。なお、他のキャラは魔法など向上ポイントを割り振りたい所が多いので、修復や鑑定などその他の技能はナイトやパラディンにやってもらうのがいいでしょう。
  8. 解除は一人でいいですから、達人にしてなおかつちょっとは向上させておくといいでしょう。何度も書きますが回復ははかばかしくないゲームなので不要なダメージを貰わずに済むんならそれにこしたことはないです。テレキネシスの呪文で何とかなるところもありますが、狭い部屋とかだとMP使う割には…ということになってしまうし。なお、知覚を全員に与えて高めておくという方針もありかもしれません。…が、あんまり恩恵が感じられなかったので。もっとも知覚は一人は使えるようにしておかないと、進行が困難又は不可能と思われる所があります。また、ある物を調べるときダメージを受けずにアイテムゲットできることもあります。
  9. 交渉は使わずじまいでした。前述のように、ワンダリングのNPCの話は無理にでも聞かねばならぬほどでもなく、クェストをくれる人はほぼ間違いなくくれるようだし、そういうことなら他の技能の方に…てなことで。もっとも、ある時点はは別として、なるべく評判を低くしないようにしていたので、評判が低くなった場合問題になるクェストとか達人条件とかがないかどうか分かりません。もしかしたらそういう場合にこの技能が救いになるかもしれません。

その他

  1. 新たな地域に行くときは、可能な限り馬車や船で行きましょう。この場合には、ショップや宿や神殿などのあるあたりからその地域の探索を始められます。また、クェストをくれる人は大体町などにいますから、先に受けておく方がわかりが良くていいです。探索済みの境界から入った場合、結構大量の敵に出会うことがしばしばありますし、町などがどこにあるか分からず苦労します。もっとも、これらの移動手段で行けない地域や、移動手段で行っても沢山の敵がいる場合などいろいろありますが…
    2003.01.06 追記
    この頃に掲示板で馬車を利用できないというご質問があり、いろいろ調べてみたところ海外の掲示板で、6ではいったん徒歩で行った所か、タウンポータル(NPCゲートマスターを雇っても可)で行った所でないと馬車・船を利用できないという情報を見つけました。全ての町などについて該当するかどうか定かではないのですが、少なくともフリーヘブンとシルバーコーブについてはいったん徒歩かタウンポータルで行っておく必要があるようです。地域別ヒントのところでは、最終的に可能となる通路全てを記載していますので、冒険初期では利用できないルートが存在することと思いますから、ヒントのご利用にあたってはご注意下さい。
  2. オベリスクは当分の間気にしなくてかまいません。全部を見るのは大変なことですし、全部を見て謎を解くのはクリアが近い頃になるでしょう。ただし、自分(プレイヤー)が全てを見ていても、パーティが全てを見ていないと最終目的は果たせません。パーティが見たオベリスクは「書」に記録されます。ロードしてやり直した結果、見ていないオベリスクができたりしないように、あればこまめに見ておく方がいいでしょう。
  3. 評判だの知名度だのは気になりますが、実際のところあんまり気にしてどうこうしてもしょうがないように思われます。特に評判はジワジワ悪化するという嫌な設定もあることですし。ただ、こういうのが達人条件になっている場合もあるので、全面無視というわけにもいきませんが、地道にクェストを受けて達成していれば上がりますから、上がった時点で行ってみれば大丈夫です。
  4. 達人条件や岩に刺さった剣(あちこちにありますが、どれもがエクスカリバーってわけじゃないです。序盤で入手できるものなんて…)など、能力値が一定以上の値であることを要求される場合があります。確かに能力値は上げにくいのですが、確認できた限りどの場合にも、その時点での能力値、つまり装備アイテムで上昇していようが、補助魔法で上昇していようが、泉などの効果で上昇していようが、その上昇した値が問題になります。ですからこれらを利用すれば真の値が低くても大丈夫です。
  5. 達人条件などで、クラスチェンジをしたクラスであることが条件になる場合があります。例えばキャバリエが条件であれば、アーチャー(あるいはその上級クラス)はその条件を満たすことができないのか、とか、そもそも最初にナイトがいないパーティであればキャバリエはいないではないか、とか思いますが、でも大丈夫です。クラスチェンジのクェストは、そのクラスのキャラがパーティにいなくても受けることはでき、達成さえすればパーティ全員が名誉キャバリエとなります。この名誉○○は本当の○○と同格に扱われます。
  6. あんまり役に立たないとホザいているポーション類ですが、序盤あたりではこれもなかなか有り難い存在です。大元はそこらに落ちている薬草を拾うこと、または雑貨屋か錬金術の店で、薬草、空き瓶、または瓶入りポーションを購入することです。(大量に入手できるダンジョンなどもあります。)困ったことに瓶入りポーションを服用すると瓶も消えてしまいますが(飲んだの?アンプルみたいに割らないといけないとか?)、2種のポーションを混合すると一つは空き瓶になります。結構な率で爆発する組み合わせがありますからセーブ後にするのがいいでしょう。
    混合ポーションについては、全てを尽くしてはいませんが、お奨めの組み合わせはネタバレヒントのページに。なお、黒のポーションは能力値アップ(恒久的)などいい効果もあるのですが、皆、弊害があるので私は全く使いませんでした。いくつか製法も発見しましたが記録に残していないので、別ページにも書いてありません。
        おすすめポーションのネタバレヒントを見たい→Go
    操作方法が分かりにくいかもしれませんが、

進行順・地域別ヒント
 それなりにネタバレ要素を含んでいます。(本当にひどいネタバレは別ページにしていますが。)困ったときのみご利用下さい。
(1) ゲームは否応なしにニューソーピガルからスタートします。当面はすぐにできるクェストをこなし、このあたりの敵を叩き、クェストを貰い、ファーストダンジョンを探索し、次第に足を伸ばしていくことになるでしょう。
地域:ニューソーピガル、アイアンフィスト城、ミスト(ミスティ・アイランド)、フリーヘブン、ブートレッグベイ
    序盤の攻略ヒントを見たい→Go
(2) ゲームも佳境に入り、いろんなクェストをこなしながら探索地域やダンジョンを広げていきます。
地域:シルバーコーブ、フローズン・ハイランド、呪われた者達の沼、クリーグスパイア、ブラックシャー
    中盤の攻略ヒントを見たい→Go
(3) 進行の面では中盤とオーバーラップしますが、パーティ強化のために必要なクラスチェンジクェストについてのヒントです。
    クラスチェンジクェストの攻略ヒントを見たい→Go
(4) 進行の面では中盤とオーバーラップしますが、ゲームのクリアのために不可欠な本筋クェストの前半部分(エンロスの巫女に謁見するための条件)についてのヒントです。
    本筋クェスト前半の攻略ヒントを見たい→Go
(5) 強敵続出の終盤です。
地域:大海蛇の海域、ドラゴンサンド、隠者の島、パラダイスバレー、スィートウォーター
    終盤の攻略ヒントを見たい→Go
(6) 進行の面では終盤とオーバーラップしますが、ゲームのクリアに至る本筋クェストの後半部分(エンロスの巫女に謁見後)についてのヒントです。
    本筋クェスト後半の攻略ヒントを見たい→Go

メニュー
WINゲーム
(市販)へ
トップ
トップへ