目次を開く 閉じる  [H0ME] 指笛の分類 指笛の吹き方 上級

指笛(2本指上級)    指を使わない吹き方  LINK  

人差し指2本 を使う指笛   

第一ステップ(2本指)→第二ステップ(1本指)へと段階的に進めています。しかし、「ピー」と音が出る人は、第二ステップを直接されてもいいです。

第一ステップの「人差し指2本 指笛(初級者向け) と 第二ステップの「人差し指1本 指笛(中、上級者向け)」では、吹き方に、根本的な違いがあります。

☆「人差し指2本 指笛(初級者向け)」→指を出来るだけ浅く入れる。

  指を深く入れると、曲が吹けません。

■■■ はじめに ■■■

音の出る原理と曲の吹ける仕組み

 指笛で音が出るのは、ビンで音が出るのと同じです。曲の吹ける仕組みはビンの水の深さで音が上下します。

これを口の中で実現し、舌の上下運動で2オクターブ〜3オクターブ弱の音域を出して曲を吹きます。

音の出る原理、曲の吹ける原理

息がビンの右側の口に正確に当たるとビンの中に入る息とビンの外に出る息に分かれます。このとき息の渦巻きが出来て、ビンの中の空気を振動させ音が発生します

☆水が多くて浅いとき →高い音

☆水少なくて深いとき→低い音

 

口の中では、息の流れを下の図に示します。ビンを舌と下前歯の間に作ります

人さし指を使うことにより上唇と人さし指で細められた息が、下唇にぶつかり、口の 外に行くのと下の穴に入る息に分かれ穴の中で、クルンと一 回転する。

◇第一ステップ(人さし指2本指笛) 手はおしゃぶりみたいに下げる(30)

 

解説

第一関節より先の人さし指の腹と、爪の付け根を上下の唇でホワっとはさむ。

第一関節は口に入れない。

舌から力を抜く

・舌の先をあげると→高い音

・舌の先を下げると→低い音

■■■第一ステップ 曲の吹ける「人さし指2本 指笛」■■■

◆◆口笛から入る方法◆◆

  1. 人さし指の準備
  2. 両手の手の平を自分の顔に向け、人さし指2本を60度の角度で先を合わせる。

    人さし指の腹を自分の顔に向ける。

  3. 舌の形の準備
舌の先は伸ばしたまま、舌の先を下げ、
先端をあごと舌の間のスジの部分に強く押しつけて、口笛で低音を吹く。
ドミソ(スジは舌とあごの間にあるもの)舌の先を下げるとこのスジにぶつかる。
英語で「L」を言うときのように舌の先をちょっと上に曲げる。
舌の先の形をスプーン状にくぼませて口笛を吹きます。
舌の先は力を抜いて、伸ばし長くして舌の先を横に広げ、薄い舌の状態にする。
口笛が出来ないとき、「フー」の無声で曲が吹ければよい。
※舌の先を上に曲げれない場合は後にある◇◇補足説明◇◇をご覧下さい
  1. 指を口に入れる。■指は浅く入れることがポイント■
(1)舌をそのまま動かさないで口をあける。
(2)下の前歯(あご)を出来るだけ前に出して下さい。
(3)指の腹が下になるようにして(爪が上になる)舌の上に人差し指先をつける。
人さし指2本と下唇で三角形の穴を作る。

(口を開け鏡で見たところ) →爪は、上になります。

 

 

上下の唇で、指の腹と爪の付け根をホワッと、ゆるくはさみます。深く入れては駄目
◇指を深く入れ過ぎて、曲の吹けない人がいるので、詳細説明。
(4)上下の唇で、人差し指の腹と爪の付け根部分をはさみます。
あくまでも、第一関節は口の外。直接歯では、指を噛みません。
手はおしゃぶりのように、少しさげる。(30)

 

  1. 口に指を入れて 音を出す練習 
指が入っていますが、まるで入っていないかのように口笛だと思って
「ドーミーソー」と吹いて下さい。音は出なくても「スースースー」となります。
音が出なくても、最初は、「スースー」で曲を吹ければ合格。
空気の音を聞いて、いろいろ調整してみて下さい。

 息の強さの目安

音が出ているので指笛だと思ったら実は口笛だったと言うケースがあります。

弱く吹くと指笛ではなくて口笛になってしまう可能性があります。力一杯強く吹く必要はありませんが、多少強めに吹いたほうが、本当の「指笛」になります。

息の強さの目安としては、机の上の紙に息を吹きつけて紙がフワーと浮いて、向こうに行ってしまうくらい。オロナミンCのビンを強く吹いて音が出るくらい。

指笛と口笛の判定は、強く吹いて大きな音が出れば指笛。

(指笛なら強く吹けば、2キロ先まで音が届きます。)

お元気な方には、多少強めに吹く事をお勧めします。音が安定したら徐々に

楽に吹いても音が出るようにします。そうなれば曲も吹けます。

 

 ★音の出る舌の場所の探し方 空気の音を良く感じてね。

  舌の先端の裏側を歯ぐき→歯の根元→あごのスジの歯の根元側

  →あごのスジの奥側のようにずらしたりして、あくまでも、口笛のつもりで、「スースースー」と音を出し、音程をとります。「スースースー」でも「ドーミーソー」のように吹いて、「スースースー」ながらも「ドーミーソー」と音程がとれれば、口の中にビンの状態が出来ているのでOK

まずは、「シーシー」でも口笛のように曲を吹く練習をします。

 

★「シー」が「ホー」と音になるのはどうするか★

舌の先端を下前歯につけては初心者では音が出ません。舌の先端を「L」を言うときにようにちょっと上に曲げ、口笛のように舌を動かして音程をとり曲を吹きます。舌先をあごの方に下げて、動かしながら軽く吹きながら音の出る場所を探して下さい。

 

◆◆声「スー」から入る方法】◆◆ 「スー」 口笛が出来ないとき。

指笛の音が出始める直前は、声に例えると、「スー」という時の舌の形・音に極めて近いです。口笛の出来ない方、口笛方式でうまくいかない方は「スー」から入る方法でやってみましょう。

  1. 「スー」と言います。風の音で「スー」と出します。(ささやきのスー)

  2. 下の前歯に下唇をかぶせつつ「スー」と息を出しながら、舌の先は伸ばし横に広げ、薄い舌の状態にさせて、舌から力を抜き、舌の先に力を入れつつ歯の根元の方に下げていきます。舌とあごの間にあるスジに舌の先端を押しつけます。下前歯(あご)を出来るだけ前に出して行きます。同時に上唇も上の歯にかぶせつつ、上下の歯は少し開けます。息が下唇に正確に当たるのを感じるまで「スースー」しながら、唇の位置を調整します。下前歯への唇のかぶせ具合を調整してみてください。

  3. 「スー」と出して、息が下唇に正確に当たるとき、また、音が出そうになってきます舌の下げ具合を上下に変化させると「スー」の音も多少音程が上下します。舌と下前歯のあいだには飴が入るくらいのすきまをあけてください。上唇を上の歯にかぶせるようにして吹けば、指を口に入れなくても音が出ます。

  4. 音が出なくても、下唇に息が当たり一番音が出そうになったところで口を開けて、舌はそのままの状態で全く動かさずに、人さし指を「水平に」口に入れて舌に押しつけます。下あごが出来るだけ前に出ていることか秘訣です

  5. 指が入りましたが、前と同じに「スー」と息を出して下さい。ホー」となります。出ないときは息が正確に下唇に息が当たっていません。もっとあごを前に出します。舌の先が歯の根元の方に下がっていません。舌の先端を「L」を言うときのようにちょっと上に曲げて、「スー」と息を出します。舌を人さし指につけて下さい。 下前歯と舌の間のすきまを広くします。これらが音の出る秘訣です。舌先を上下したとき「スー」の音程が上下すれば、口の中に「ビン」の形が出来ていますから、音が出ます。このとき、舌の先は出来るだけ歯の根元の方に下げることが音が出るコツです。

「ホー」と出たら、舌先を上下したり、舌と下前、歯の間の空間の容積を変化させることで音程の変化を出して曲を吹いて下さい。

【H0MEに戻る】