強度近視メガネで目を大きく見せる方法


Q. 強度近視でメガネをかけると、外から見て目が小さく見えてしまうのですが…

A. はい。たしかに、強度近視のメガネをかけると、
自分の顔を鏡で見たときなどに目が小さく見えてしまう傾向があります。
その小さくなる度合いを減らす方法について書いてみます。

目の大きさを確保するには

強度近視のメガネでは、
レンズと目の間隔
(専門的には「角膜頂点間距離」「頂間距離」「装用距離」などと言います)
が長くなればなるほど、同じ度数でも外見上の目の大きさは小さくなります。

ウスカルフレームを取り扱う、高度な技術力を持ったメガネ店でメガネを作った場合には、
メガネの技術者がフィッターとしてフィッティングをする段階で、
「ウスカルメガネはレンズの面積が狭いから」ということで、
フレーム視野を拡げるために装用距離(目とレンズとの距離)を短かめにする事が多く、
そうすると自然に外見上の目の大きさの縮小はましになります。

*重要
すぐれたメガネのフィッター(眼鏡のフィッティングをする人)
の調製したメガネは、お客さまの目が最も自然な大きさに見えるようになるメガネなのです。

たとえば、強度近視のメガネをかけている人がまわりにおられれば、
(あるいは、ご自分がそうであれば)
メガネと目との距離をいろいろに変えて実験をしてみられれば、
そうなることがすぐにおわかりになると思います。

 なお、この件については、
装用距離の他にも、レンズのカーブが浅めの方がましであるとか、
球面設計よりも非球面設計のレンズのほうがましであるとかいうこともないではありませんが、
その違いは大したことがなく、「装用距離が短いかどうか」がもっとも影響力が大きいのです。
ですから、強度近視のかたは、なるべく下記の順序でメガネをお作りになるとよいのです。


1.枠(フレーム)を決めて、装用距離ができるだけ短くなるようにフィッティングしてもらう。

2.その装用距離を前提として目の測定や処方をしてもらう。
(装用距離が違うと、レンズの矯正効果も変わるので、処方度数がかわることがあります。
それゆえ、視力測定はフレームを選んだ後にしてもらうほうが有利だといえるのです)


3.いくつかのレンズの中から、どれで作れば厚みはどのくらいになるとか、
ガラスとプラスチックのそれぞれの特長、用途の向き不向きなどを聞いて、
レンズの種類を決める。
(ガラスレンズの方がプラスチックレンズよりも値段は安めでも薄くできる場合が多いです)

 また、『メガネの装用距離は12ミリが理想的である』と、
メガネ業界ではよく言われるのですが、
「12mm」は一つの基準値に過ぎず、
そうでなければならないということは全くありません。

強度近視の場合においては、その標準の距離、12mmよりも短くすると、
次のようなメリットが出てきます。

1. フレームのレンズから見た視野が広くなり、より快適にかけられる。

2. 装用距離が近くなることで、度数が少しだけ強くなる効果がある。
つまり、レンズの度数を普通よりやや弱めに決めて作っても、
矯正効果が増す分だけレンズが薄くできる。
(たとえば、装用距離8ミリで少し弱めに合わせたメガネは、
装用距離12ミリで普通に合わせたメガネと実質の度数は同じになる、ということもありえるのです)

3. レンズ周辺の収差
(レンズの中心から外れると、強度であればあるほど像がゆがんで見えたり、
ぼけて見えたりすることが起こりやすいのです)
の大きい部分が視界に入りにくくなる。

4. 不同視の場合に、不等像視の程度が減り、上下プリズム誤差も減って、融像が楽になる。
(つまり、両目で共同作業をして物を見ることがしやすくなるという意味です)

5. 乱視矯正レンズにおける像の歪みを感じにくくなる。

この「目が小さく見える」という問題に対する答えとしましては、要するに、
「メガネの、レンズと目の距離をできるだけ近くする」
ということに尽きます。

まつげが並はずれて長い、という人でない限りは、
メガネを作るとき、最初から目とレンズを近づけてフィッティングすることで、
よいことづくめの視力矯正効果とともに、
外から見て目が小さく見えることを最小限に抑えるメガネを作ることができるのです。


*重要
目が最も大きく見え、鼻のラインが最も美しく見えるメガネとは、
きちんとしたフィッティングのされたメガネのことなのです。

顔の、輪郭線の入りこみは


強度近視のメガネをかけた顔を正面から見た場合の、
レンズ部分における顔の輪郭線の入り込みは、
レンズの度数が同じならば、レンズが大きければ大きいほど、
そして、装用距離が長くなればなるほど目立ちます。

レンズが大きくないのが特長であるウスカルフレームで、
しかも装用距離を短かめにしますと、
外見的な顔の輪郭線の入り込みは減ります。
これについても実験をしてみていただいたら、おわかりいただけると思います。

つまりこの、「輪郭線の入りこみ」の問題にしましても、
ウスカル枠でレンズと目を近づけてフィッティングすることで、
対処することができるのです。


*重要
正面や横から見て「顔のラインがズレて見えてヘンだな」と思われるようなケースでも、
きちんとしたフィッティングとレンズ選び、調製がされていれば、
それを最小限に抑えて自然に近いお顔に見せることができます。
およそメガネで作れる限界にまで自然なお顔のライン。

次のページに続きます
Q. 強度近視って、いったいどれくらいの視力から、強度近視と言えるのでしょうか。
強度近視の視力って…

コーナーの目次ページ
強度近視考(Q&A)
に戻る

総合案内ページ
大阪流・眼鏡店の選び方
に行く

メガネのアイトピア店長・岡本隆博は、
全国の眼鏡屋さん向けの技術教育を行っております
眼鏡学とは
(日本眼鏡教育研究所)