ベトナム案内トップ
ニャチャン観光案内

ベトナム観光案内所

観光旅行基礎知識

初めての観光旅行準備

お土産購入法

ベトナム料理の勧め

ベトナム観光安全情報

ドンコイ通りの歩き方

ベトナム雑貨見て歩き

ホーチミンの市場

観光コース

子連れ観光旅行

国内観光交通便利帳

南部観光案内
ホーチミン市のプロフィール

ホーチミン観光スポット

ホーチミンのカフェにて

ホーチミン観光便利リンク

ホーチミン一日観光記

ミトー一日観光記

ニャチャン観光案内

ダラット観光案内

ダラット観光旅行記

ファンティエット、ムイネ観光

ブンタウ観光案内

フーコック島観光案内

メコンデルタ旅行記

中部観光案内
フエ・ダナン観光案内

フエ観光旅行記

チャム族の部落訪問

北部観光案内
ハノイ、ハロン湾観光案内

ハノイ観光便利リンク

サパ観光案内

各省の観光地
北部各省の観光地

中部各省の観光地

南部各省の観光地


ベトナム人の不思議

その2

その3

その4


コンテンツカテゴリー

ベトナム文化紀行

 生活と文化
 <主な項目>
 ◆市民の生活

 ◆テト正月

 ◆ベトナムコーヒー

 ◆工芸品デザイン

 ◆シルクの刺繍

 ◆漆工芸品

 ベトナム歴史概説
 <主な項目>
 ◆ベトナム歴史概説
 
 ◆ホーチミンと独立宣言
 
 ◆ベトナム戦争略史
 

フォトツアー&ギャラリー

ベトナム小事典

ベトナム案内4こまマンガ

ベトナム観光投票所










■ニャチャン(NhaTrang)

ニャチャンビーチ案内

 ニャチャンはサイゴンから400キロ北にあり、白い砂浜が7km続く人気のリゾートビーチ、飛行機で1時間、車なら一日の距離にあります。東西にのびる美しいビーチは何度行っても飽きることはありません。

 空港からホテルのある海岸までは車で約40分の道のりです。ホテルはニャチャンビーチ沿いに並びます。外国人観光客に人気のあるのはANA MANDARAなどのリゾートホテルですが、私自身は昔からハイイエンホテルをよく利用します。プール付きで、しかも海岸に行くのに都合がよくなんといってもビーチの中心部にあって便利だからです。

 ハイイエンホテルの裏にあるプールにはレストランがついていて、夜はベトナムの音楽を聴きながらプールサイドで食事や飲み物を楽しめるところも気に入っています。


 ここでの過ごし方のナンバーワンは、朝プールでひと泳ぎして、昼は旨い車エビを焼いてビールで楽しみ、午後はビーチで昼寝をして、夜は伊勢エビと蟹を飽きるほど食べて早めに寝てしまうのがベストな過ごし方でしょう。

 ビーチでベッドを借りて寝ていると、火鉢と海老や蟹をもった子供たちが売りに着ますから、適当に声をかけて焼いてもらいます。ビールは近くのレストランへ声をかけて持ってきてもらいます。天国と言う言葉あれば、このようなことを指すのかもしれません…(笑。

 とは言え、最近ではニャチャンビーチでパラセーリングやバナナボートなどのマリンスポーツをやる人が増えてきています。ノンビリだけではつまらない人はトライしてみたら面白いと思います。


 ニャチャンビーチから南に向かって走るとバオダイビラが小高い丘の上に建つのが見えます。もともとグェン王朝のバオダイ帝のために建てられたリゾート別荘なのですが、現在はホテルとして営業しています。
 ホテルからはニャチャンビーチ全体が眺められ、丘を海岸へ降りてゆくと美しいプライベートビーチに行くことも出来ます。

ニャチャンでスキューバダイビングを楽しむのも一つの手です。海岸に珊瑚がたくさん打ち上げられているので、おそらく良いダイビングスポットがあるに違いありません。勿論ダイビングショップもあります。初めてのひとにも丁寧に教えてくれるそうです。

また、チャンパ王国の遺跡ポー・ナガールタワー(Ponagar)がビーチから北へ車で5分ほどいった場所にあります。ヒンズー文化の遺跡で、中世ベトナム文化の名残をとどめています。好きな人にとっては、たまらない観光スポットと言えると思います。

  ポー・ナガールタワーでは毎年Thap Ba フェスティバルが開催されます。このフェスティバルは旧暦の3月20〜23日に毎年開催されるものです。チャム族の女神Thien Yana の祭りで、伝説で女神はチャム族の土地を作り、稲作をはじめたとされています。

 最近はリゾート開発が盛んに行われていて、ニャチャンの沖合いにあるHon Tre 島のビンパールリゾート&スパが最近のお勧めスポットです。島へはケーブルカー(日本で言うロープウェイ)で渡ることが出来ます。世界で一番長いケーブルカーといううたい文句通りの長い長いロープウェイです。ビンパールランドではホテルやレストラン、綺麗なビーチをはじめ、水中トンネルで魚を見学できる「アンダー・ウォーター・ワールド」などがあります。

 ニャチャンにきたら、出来る限りゆっくりと歩いて、時間を気にせずのんびりとすごすのが、楽しむコツだと思います。ここにあるのはのんびりとしたビーチでの時間の流れだけ。それを楽しむためにここにきたわけですから。あちこち歩き回ったり海岸沿いのカフェで日本のようにアイスコーヒーばかり飲んでいないで、ビーチで体を伸ばして半日横になって過ごしましょう。きっと漁師の子供たちがいろいろな魚介類を売りに来て楽しませてくれるはずですよ。

ニャチャンの食事について。

 ニャチャンはビーチリゾートなのでもちろんシーフードがお勧めです。ロブスターや渡りカニを使った料理が新鮮でとても美味しく食べられます。
 地元のお勧め料理は、例えばダム市場にほど近い所にあるNam Beo (住所:B2 Chung Cu, 28B Phan Boi Chau,) と言う店で人気の、Bun Ca(ブン・カー) と呼ばれる料理があります。これは、鰆のチャーカー(ベトナム式さつま揚げ)を麺と一緒に食べる料理で、ベトナムを良く知る人ならばニャチャン観光で一度は食べたことがあると思います。
 Nam Beoからほんの少し北へ行ったところにあるLac Canh (住所:44 Nguyen Binh Khiem,)も地元で人気のシーフードと炭火焼のレストランです。小さな七輪ので炭を燃やして焼き網で肉や海老などを焼く料理は、ベトナム南部や中部のダラットなどでよく見られる料理です。
 ホーチミン市で食べる料理よりも、より新鮮な味がするのは、やはり取れたての魚介類のせいでしょうか。是非、ニャチャン料理を楽しんで見てください。


■ニャチャンの見所

1)メインビーチ:白い砂浜が7kmも続く美しい海岸です。海岸でデッキチェアを借りてのんびりすごしましょう。
2)ダム市場(Cho Dam):ニャチャンの中心にある市場です。市民の食料や生活用品がたっぷりあります。
3)バオダイビラ(Bao Dai's Villa):バオダイ帝の別荘を改装してホテルにしてあります。岬全部が敷地になっていて、見学だけでもOKです。岬の先端に立ってビーチを見下ろすと、美しい景色が堪能できます。ニャチャン空港から南へ車で5分の場所です。
4)ホンチョン岬(Nui Hon Chong):ニャチャンの北に広がるビーチ。こちらは岩場が広がっていて、メインビーチとは違う景色が楽しめます。また、このあたりでは、ニャチャンの田舎の村も見ることができますよ。
5)ポナガー遺跡(Po Nagar Cham):7〜12世紀に建造されたチャンパの寺院の遺跡。ビーチから北に車で5分の近さに有ります。興味の有る方は是非ごらんになってください。
6)モンキーアイランド:ニャチャンの北にある島。餌付けされたサルたちがすんでいます。


ベトナム航空の便(便はよく変更されますので必ずベトナム航空に確認してください。)
サイゴン〜ニャチャン:毎日3便 (片道1時間10分)
<ベトナム航空ニャチャン事務所:TEL(58)-826768>


<ニャチャンミニポータル>

ホテル
サンライズ・ニャチャン・ビーチ・ホテル
ニャチャンロッジ
QUOC TEホテル
YASAKA SAIGONニャチャン
アナマンダラリゾート
NewSkyホテル
スポーツ施設
COCOダイブセンター
ブルーダイブクラブ
レインボーダイブクラブ
観光地
Thap Ba温泉



■おまけコラム
ニャチャンにはじめて足を踏み入れたのは1995年3月の暑い時期でした。仕事で泊まったハイエンホテルは、部屋でテニスができるくらいに大きくて驚いたものでした。このハイエンホテルは、そのころでは一番上等なホテルで、ベトナムの高級なお役人さんなどが利用するだけのホテルでした。
それがあっという間に、現在のように上等なホテルが立ち並び、観光客が集まるリゾート地になったわけですが、その間の移り変わりを少しでも覗くことができたことは、ちょっとした人生の喜びと言っても過言ではないかもしれません(笑。

リゾート地ニャチャンの変遷は
もともとは、チャンパ王国の港、また良質の漁港でした。
1)フランス植民地時代に、フランス官僚のリゾートして開発される。
2)ベトナム戦争後は開発が停滞。一部ベトナム市民の金持ちや高級役人のリゾートとなる。
このころが一番のんびりとした、居心地の良いリゾートだったと思います。(観光客用のサービスなんてほんの少ししか無かったけれども…)
3)共産党の国際化と経済改革によって、外国資本がニャチャンにやってくると、開発が加速し始める。
このころ、のんきでやさしい気質のベトナム中部の人に代わって、観光客ずれして、お金儲けばかりを考えてる人がニャチャンでは増えてきた。
4)ベトナム市民の間でもお金持ちが増えて、ニャチャンに来るベトナム人が増えてくると、さらに観光開発が加速。のんびりしたリゾートから、アジアの他のどこにでもあるビーチにどんどん近づいてくる。
リゾートとしてのサービスが充実して、外国人でも充分満足できるリゾートになりつつあると思います。

 開発がどう進もうとも、ニャチャンの白い砂浜はとても良いビーチであることは変わりまりませんし、ビーチを楽しみに来るお客様にとっては、それが最高のもてなしなんですよね。








文章&写真撮影 by Cafe Saigon web master.
Copyright (C) Cafe Sagon, all right reserved. since1999
リンクフリー:どのページへのリンクでもOK