セルジオ・メンデス と ブラジル’66ディスコグラフィー Part−1

--第1集-LP 「ハーブ・アルパートプレゼンツ セルジオ・メンデスとブラジル’66」 


ロール・オーバーでLPのBack Cover(AML-15)が見れます


 -- HERB ALPERT PRESENTS--   SERGIO MENDES & BRASIL'66 --1966--

「マシュケナダ」が入ったブラジル’66のデビューアルバム。世界中でこれを聞いて初めてボサノバを知った!と言う方も多いのではないでしょうか。
正に定番中の定番であり現在まで約50年に及ぶ第一線の活躍を予感させる超ベストアルバムです。このアルバムでは、ブラジルの曲だけに限ら
ず、ポピュラーヒット曲である「ザ・ジョーカー」や「君に夢中」更にビートルズの「デイトリッパー」まで取り上げ、ポップスをボサノバテイストで、さらに
原曲よりビートを利かせ歯切れよく、そして二人の女性ボーカルがクールに歌うというセルジオ・メンデス独特のスタイルがここから始まりました。

セルジオ・メンデスはブラジル’66結成以前はワンダ・ジ・サーをボーカルにしたブラジル’65というグループを率いていました。このブラジル’65では
従来から有った素朴なボサノバを演奏していました。更にそれ以前のセルジオ・メンデス(デビュー当時)はジャズピアニストとして演奏物のアルバム
を数枚出していました。この様な経歴の持ち主であるセルジオが1966年、ブラジル’66と言う名前のグループを結成し発表されたこのアルバムでの
突如の大変身にはとても驚いてしまいます。まさに天才的ヒラメキで世界中にその名を知らしめたわけです。また多くの新進気鋭のブラジル人アーテ
ィスト達の曲を、彼がおそらく意図的に選曲し、仲間であるブラジル人アーティストやブラジル音楽を世界中に紹介した功績はとても大きなものが有り
ます。「デイトリッパー」「君に夢中」「おいしい水」「ワンノートサンバ」その他必ずどこかで聞いたことの有る曲ばかり収録されています。一曲たりとも
気の抜けない名演奏ばかり収録されているこのアルバムを音楽ファンの方は必ず一枚お持ち下さい。決して後悔しないブラジル物の基本盤です。

レコード[発売元:キングレコード] SLH−84(ロンドン盤)発売年月1967.3   AML−15(A&M盤)発売年月1968.3
CD[発売元: キャニオン]D32Y3084 1986年発売  [発売元: ポリドール]POCM−1879 1993年発売
[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY−3701 24bitデジタルマスター 2002年8月21日発売

[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY −90154 2006年5月17日発売  限定盤・リイシュー 
[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY−93145 2006年9月13日発売 紙ジャケ・リイシュー
[発売元:ユニバーサル・ミュージック] UICY-90382-3 2007年3月21日 分岐点とのダブルパック限定盤2枚組み 
[発売元:ユニバーサル・ミュージック]UCCM-3077 2008年2月27日発売
[発売元:ユニバーサルミュージック] UCCU-9714 2010年5月12日 限定再発1500円 

最新CD:[発売元:ユニバーサルミュージック] UCCU-9714 2012年5月30日 限定再発 1500円
(ブラジル’66結成前のブラジル’65・ボサリオセクステッド・ソロ時代のセルジオ・メンデスの作品もほとんどCD化されています。)
ジャズピアニストの時代Part−1をご覧下さい。


 
CDの購入は下記リンクからお進み下さい。
 輸入盤 Herb Alpert Presents Sergio Mendes & Brasil '66

国内最新盤 マシュ・ケ・ナーダ


 ★ ボサロックの王者!SERGIO MENDES !その名を決定付けた世界的 大定番アルバム ! まずはこの一枚 ★     
収 録 曲 TrackTitle   Time   Composer
マシュケナダ MAIS QUE NADA  2:37 (Jorge Ben)
ワンノートサンバ/スパニッシュフリー ONE NOTE SAMBA  1:46 (Jobim-Mendonca/J.Wechter)
ザ・ジョーカー THE JOKER  2:37 (Newley-Bricusse)
君に夢中 GOING OUT OF MY HEAD  3:00 (Randazzo-Weinstein)
ティン・ドン・ドン TIM DON DON  1:51 (JoaoMello-Coda)
デイ・トリッパー DAYTRIPPER  3:09 (Lennon-McCartney)
おいしい水 AGUA DE BEBER  2:28 (Jobim-de Moraes-Gimbel)
スロー・ホットウインド SLOW HOT WIND  2:32 (Mancini-Gimbel)
がちょうのサンバ O PATO  1:58 (Silva-Teixeira)
10 ビリンバウ BERIMBAU  3:15 (Powell-Gilbert-de Moraes)
    PRODUCED BY HERB ALPERT  / ARRANGED BY SERGIO MENDES
Personnel セルジオ・メンデス(ピアノ) / ホセ・ソアレス(パーカッション)
ボブ・マシューズ(ベース)  / 当初ビビ・フォーゲル(女性ボーカル)後にジャニス・ハンセン
ジョアン・パルマ(ドラムス) / ラニ・ホール(女性ボーカル)
■カッコイイのは「ザ・ジョーカー」・「デイ・トリッパー」 ■何度も聞きたい「君に夢中」 ■ボサノバな「おいしい水」 「ビリンバウ」 
■ミステリアスな「スローホットウインド」 ■ご存知 大定番アルバム!まずこれを聞きあなたはどう進みます?


--1966-- LONDON  LABEL盤 --1967-- A&M LABEL盤
A面「マシュケナダ」 B面「ザ・ジョーカー」 MAIS QUE NADA/THE JOKER
ビルボード誌赤丸急上昇中と書いてあります。発売当初、その後の大ブレイクをだれが予測できたでしょうか。
Sergio Mendesはこのグループ結成以前、ソロのジャズピアニストでした。当初A&Mはロンドンレーベルを通じて
発売されていましたがその後A&Mレコード単独で発売される様になりました。国内盤においてはシングル、LP、
コンパクト盤で一度ロンドンレーベル盤で発売された後に、再度A&M盤が発売されましたた。
左:[発売元:キングレコード] TOP−1095(ロンドン盤) 右:TOP−1095(A&M盤)
写真:上部右側のレコード写真におけるミッドセンチュリー風の背景デザインは当時の時代を感じさせ、特にいい
ですね。カッコいいと思いませんか?


--1968--A&M LABEL --1967--LONDON LABEL
左:A面「デイ・トリッパー」 B面「波」 DAYTRIPPER/WAVE
ナイトクラブ風の写真がたまりません。ビートルズの曲を初めて取り上げました。
この後第3集「ウイズア・リトルヘルプ」第4集「フールオンザヒル」第5集「ノルウェイの森」とビートルズナンバーが
続きます。完成された原曲をジャズっぽいアレンジでここまでセルメン風にしてしまった!いい曲はジャンルを問わ
ず何でも取り上げ自分なりのアレンジで演奏してみせるセルジオ・メンデスはなんてヨクバリなんだ!ボサノバの
枠にとらわれずロックのリズムを取り入れポップスと融合さた先見性のあるアイデアがあったからこそ絶大な支持
を得、現在までも名を残す大スターに成ったのですね。
[発売元:キングレコード] TOP−1220
写真:Part−3のシングル「ヒキガエル」と同時期の写真だが、右端ラニ・ホールの向きが変っている。

右:A面「マシュケナダ」 「ティン・ドン・ドン」 B面「おいしい水」 「がちょうのサンバ」
MAIS QUE NADA/TIM DOM DOM/AGUA DBEBER/OPATO
[発売元:キングレコード] ステレオエリートシリーズ:LS93
写真:最上部ブラジル’66のデビューアルバムと同時期撮影と思われる写真ですが、こちらの方はLPに使われな
かったということですね。つまり第一線の写真になり損ねたということか・・・





















トップページ Top Page

セルジオ・メンデスとブラジル’66ディスコグラフィー
Part-1 ハーブ・アルパートプレゼンツ BRASIL’66
Part-2 分岐点 EQUINOX
Part-3 ルック・アラウンド LOOK AROUND
Part-4 フール・オン・ザ・ヒル FOOL ON THE HILL
Part-5 クリスタル・イリュージョンズ CRYSTAL ILLUSIONS
Part-6 イエ・メ・レ YE-ME-LE
Part-7 ライブアットEXPO’70
Part-8 スティルネス STILLNESS

セルジオ・メンデスとブラジル’77から現在まで    
Part-1 パイス・トロピカル / プライマル・ルーツ
Part-2 ライブアットグリークシアター/ ライブインジャパン
Part-3 ラブミュージック / ヴィンテージ’74
Part-4 セルジオメンデス/ ホームクッキング
Part-5 ニューブラジル’77 / ペレ / ブラジル’88
Part-6 マジックレディー/ アレグリア / セルジオ・メンデス
Part-7 コンフェティ / ブラジル’86 / アララ
Part-8 ブラジレイロ / オセアーノ
Part-9 タイムレス

Part-10 エンカント
Part-11 ボン・テンポ
セルジオ・メンデスジャズピアニストの時代
Part-1
Part-2

セルジオ・メンデス関連アーティス
Part-1 ボサリオ Hello ! Bossario
Part-2 ラニ・ホール / エドゥ・ロボ / 他

セルジオメンデス企画コーナー
GO!  カルトな話 / DVD / 写真館・ギャラリー

セルジオメンデス コンピレーション
LP編
CD編
A&Mレコード編
再発盤コーナー
GO!

リンク
GO!


来日公演パンフレットコーナー
GO!

Sergio Mendes海外盤コーナー
GO!

セルジオメンデス紹介本コーナー
GO!